【なぜなる?】無毛症の原因や対策方法について!注意点も解説!

医師の画像

無毛症は、本来は生えるべき場所の体毛や髪がほとんど生まれつきない状態を指しています。例えば、髪などが生えなくなったり体毛が生えなくなることなどが主な症状です。特に髪など日ごろから目につきやすい部分が全く生えてこない場合においては、外から見てとても目立ちます。

また、人によってはそうした無毛症の部分があることで精神的なショックを受けてしまったり悩みを抱えてしまう可能性が考えられますので対策を行わなければなりません。この病気の認知度に関しては、まだまだ低いのが現状となっています。では、無毛症と医師から診断される状態になる原因や対策・注意点などについてはどのようなものがあるのかについてこれから説明していきます。

無毛症とは?

男性の画像

無毛症とはどのような病気なのかというと、先天的な原因により発症する病気です。同じように先天的な原因により毛が少ない状態を乏毛症ともいい、これは無毛症に似ている概念を含んだ病気です。また、だんだんと髪が少なくなっていく症状を脱毛症と呼び、こちらは後天的な原因が絡みます。

この病気にかかると生まれてすぐにおいては毛が生えているのですが、そこから数か月から2年が経過した後に毛髪のほとんどが抜け落ち全く体毛や髪が生えなくなります。局所的なものと、全身の毛髪が生えなくなるタイプの2種類に症状が分かれることが特徴です。主な無毛症の種類は脂腺母斑と呼ばれるあざによるものや、先天性皮膚形成不全症・外陰無毛症などがあります。

無毛症になってしまう原因とは?

無毛症になってしまう原因には遺伝的な問題が大きく関係するとされており、頭髪の場合には発毛や成長に関係する遺伝子に何らかの変異が起こることで発症しやすくなります。特に、この病気は母親からの遺伝の影響が大きくなることが言われています。さらに、先天性皮膚形成不全症や脂腺母斑のように先天的な皮膚疾患を抱えている場合にも無毛症を引き起こすことがあります。

そのほか、ウェルナー症候群やなどといった遺伝性症候群にかかっている場合には、その症状の一環として毛髪が生えなくなることもあります。ウェルナー症候群は早老症の原因とされており、老化のスピードが速いことによって頭髪を失いやすくなるなど色々な症状を引き起こす難病です。

無毛症になってしまった時の対策

説明画像

もしも無毛症になってしまった場合にはどのような対策方法があるのかに関してですが、自分自身やあるいは子供などに無毛症の疑いがある場合には専門医に相談しておくことが重要です。インターネットで検索することが出来、最寄りのクリニックでこの病気に対応している所を調べられます。皮膚科の医師に相談してみることも対策法の一つです。

対策そのものは先天性のこの病気は比較的難しいです。特に全頭に無毛の状態が広がってしまった場合においては見た目のケアが中心となります。かつらをかぶることなどで、コンプレックスを隠すことは可能です。脱毛症と違い、発毛によって毛髪をはやす治療法は困難であるため残念ながら受けられないケースが多くあります。これは、毛根が機能していない事があるためです。

無毛症になってしまった時の注意点

この病気になってしまった場合には、注意点があります。それは、自分自身や子供が無毛症だった時において、決して責めるようなことをしてはならないということです。これは無毛症に限りません。ダウン症の子供を持つ人など、我が子が他人とは異なる容姿で生まれてきた時に経験しがちな心理でもあります。

しっかりと病気に向き合っていく必要があることを、覚えておくようにしましょう。子供がかかった場合においては、親の役目は家族で支え合いながら子供の人生を導いてあげなければならないことを意識しておきます。少しでも、葛藤などで悩んでいたら温かい言葉をかけるなどをすると良いです。もしも周囲の目線が気になるのであれば、医療用のかつらなどを利用する方法もあります。

無毛症について正しい知識をつけましょう

無毛症は、先天性の疾患であることが多いのですが病気そのものを改善することが出来れば部分的な無毛状態であれば治ることもあります。ただ、全頭に症状が広がってしまった場合には治療方法が確立されているわけではないため悲観してしまう人もいます。しかし、この病気にかかっても身体そのものには異常がないケースも多いですので諦めたり、悲観してしまうことはありません。

周囲の助けを借りながらしっかりと病気と向き合っておくことが重要といえるでしょう。病気によってそうなっていることを、思い切って相談してみるのも一つの方法です。友達をつくったり理解してくれる人が多くいれば、コンプレックスがあっても乗り越えていける可能性が高くなります。