【注目商品】エフぺシアについて!効果・副作用も解説!

男性の画像

多くの男性が悩みを抱えている薄毛や抜け毛の悩みも良い治療方法が登場したこともあり、今ではその悩みを解消できる人も増えています。初期の薄毛の場合はプロペシアなどの飲み薬で対応することができます。

薄毛治療の中でも特に手軽に行える方法ですが保険適用はされませんし、治療は長期に及びますので長く続けていくのは困難と感じている人も少なくありません。より治療費を安く抑えて無理なく治療を続けるのであればジェネリック医薬品の利用も考えてみましょう。

エフペシアとは?

エフぺシア
価格/内容量 2,946円〜/100錠
商品特徴 安心して使用できる商品

プロペシアと同じ成分のジェネリックは安く購入することができますが、安くても効果が劣るということはなく同等の効果効能を期待することができます。プロペシアのジェネリックにも様々な種類がありますが、エフペシアも人気の高い薬のひとつです。有効成分もプロペシアと同じくフィナステリドです。
もともとAGA治療薬として人気のフィンペシアでしたが、コーティング剤の成分キノリンイエローに発がん性があるという噂が広がったためです。
AGA治療薬の需要の高かったフィンペシアはキノリンイエローにの発がん性があるということで人気が下がり、日本での販売が厳しくなりました。
そこで、キノリンイエローを含んでいないエフペシアを開発されました!
日本では、すぐにこの薬「エフペシア」のニーズが高まり、より安心して選べると人気が高まりました。

開発しているのはインドの製薬会社であるシプラ社です。インドでも第二位の大手となっており、世界170か国以上に輸出を行うなど世界でも有数の製薬会社となっており、安心して選ぶことができます。

エフペシアの特徴や効果は?

医師の画像

薄毛の治療薬には頭皮に直接つけるタイプと飲むことで効果を発揮するタイプがあります。フィナステリドを主成分としてエフペシアは服用することで男性型脱毛症の進行を抑えてくれる薬です。どのように薄毛に効くのか、その特徴や効果も知っておきたいですが、フィナステリドには薄毛を引き起こすDHTの発生を抑える働きがあります。

DHTはジヒドロテストステロンの略で活性型男性ホルモンです。毛乳頭などに結合すると抜け毛を促進させると言われています。DHTを生み出す要素としては5αリダクターゼと呼ばれる還元酵素がありますが、その酵素の働きを弱めることでDHTの発生を抑えることができます。飲み方としては一日一錠を毎日続けていくこととなります。

公式ページはこちら

エフペシアの副作用は?

エフペシアは薄毛や抜け毛の進行を抑えるのに役立つ薬ですが、薬は長期に続けていくこととなりますので、その副作用が気になるという人もあるのではないでしょうか。副作用としては男性機能が低下するということがあげられますが、実際にそうなる可能性は低いとされています。副作用には個人差もあり、ほとんど感じないという人もありますが、服用して何等かの体の変化を感じた場合は早めに医師に相談することがおすすめです。
個人差はありますが、初期脱毛が現れる場合もありますが、3週間〜1ヶ月程度で終息し、有効成分の効果の現れと考えられています。

フィナステリド(エフペシアの有効成分)の副作用発症率は、全体の2〜5%との報告もありますので、エフペシア(=改良版フィンペシア)を服用している人のほとんどに副作用は現れないという意見もあるそうです。

安全性に優れた薬ですが、やはり注意しなくてはいけないことがあります。妊娠中の女性が服用すると胎児の生殖器官の発育に影響が出る可能性があるとされています。それゆえ、女性や子供と同居しているという人は薬に触れ得ることのないようにしっかりと管理をしておくことが大事です。

エフペシアの服用の際の注意点


意点として先ほども説明した通りエフペシアは個人輸入で手に入れることができますが医薬品なので勝手な判断で服用することは、とても危険です。
自己責任で購入した際も必ず用法、容量を守り、最低限の薬品知識、副作用に関する知識を持っていることを前提に利用するようにしましょう。

個人輸入した薬は国の救済制度の対象外であることから厚生労働省のホームページにもこのよう二記されています。

エフペシアでの日本国内で医薬品医療機器等法を遵守して販売等されている医薬品については、それを適正に使用したにもかかわらず重大な健康被害が生じた場合に、その救済を図る公的制度(医薬品副作用被害救済制度)があります。 しかし、個人輸入された医薬品による健康被害については救済対象となりません。

出典:医薬品等を海外から購入しようとされる方へ |厚生労働省

日本国内で承認された薬には、使用して健康被害が生じた時、救済が受けられる医薬品副作用被害救済制度があります。

しかし個人輸入で購入した未承認医薬品は、健康被害が起きたとしても、救済措置を取ることができないのです。

エフペシアのご購入を検討するときは、お近くの皮膚科、もしくは薄毛治療も扱っているクリニックで しっかりとご相談の上、お求めください。

個人輸入でエフペシアを使用していて副作用が出てしまった時は必ず専門医に診てもらってください!

他にも

  • エフペジアの容量は1日の上限の1mgを超えないこと
  • 妊娠中の女性やその可能性のある女性、子供の服用は禁止
  • 妊娠中の女性は割れた錠剤に触れることも避けること

上記のことを注意しながら服用していきましょう。
特に妊娠中の女性が服用したり触れてしまうことで、胎児の生殖器に以上をもたらす可能性があるので注意が必要です。

エフペシアが効果的に使えるのは12ヶ月後

女性の画像

エフペシアを飲めば薄毛の悩みがすぐに解消できるというイメージを持つ人もあるかもしれません。薄毛治療はできるだけ早く実感を得られるほうが良いですが、髪の成長にはそれなりに時間も必要です。そして、人によっては副作用にも書いたように、初期脱毛と呼ばれる症状が出ることもあり、一時的とはいえ治療前よりも抜け毛が増えてしまうこともあります。こうした初期脱毛はあくまで一時的なもので、自然に解消されていくので安心して治療を続けていきましょう。

そして乱れた毛周期を整えていくにもそれなりの期間が必要ですので、初期の頃に実感が得られないからとすぐに止めてしまわず、ある程度の期間は根気よく治療を続けることが大事です。12ヵ月もすれば良い変化を感じられる人も多いので、結果を焦らず治療を続けていきたいところです。

公式ページはこちら

エフぺシアは継続して服用しましょう

最近は薄毛治療もかなり一般的となりましたが、治療費の高さで続けるのが難しいという人も少なくありません。そこで注目されているのがより安く購入することができるジェネリックの存在です。

プロペシアは飲むタイプの薄毛治療薬として人気ですが、エフペシアは同じ有効成分で同等の効果を期待できる薬です。

用法、容量を守ることで安全性は高く効果も期待することができます。
エフペシアの主成分であるフィナステリドの働きで抜け毛の原因となる酵素の働きを邪魔することで、AGA治療に効果があります。

この効果はとても強く抜け毛防止という所だけで注目すれば服用者の90%以上お人がその効果を実感したというデータが出ているくらい強いようです。
さらに髪の毛が生えてきたという報告もあり、AGA治療薬として大きな効果が期待できます。

また、効果が現れるのは服用から数ヶ月経ってからです。
実感を得るにはそれなりの期間も必要ですので、根気よく治療を続けていきましょう。
1年を経過してから効果を感じる人の声も上がっているので半年以上しっかりと続けることを忘れないようにしましょう!