【必見】ミノキシジルとは?効果や副作用についても解説!

薄毛を解決したいと思った時、まず考えるのが育毛でしょう。
今ある髪の毛を大切にし、現状打破を目指します。しかし、そもそも育てる髪の毛が少なければ育毛の効果は得られません。そこで根本から問題解決をするためにたどり着くのが発毛ではないでしょうか。

「リアップ」など発毛剤の認知度は上がっていますが、どれが有効成分であるのかご存知ですか。
現代ではたくさんの情報が溢れていますから、調べればすぐに「ミノキシジル」という発毛剤が見つかるはずです。発毛剤の中ではメジャーですので、一度は目にしたことのある方も多いのかもしれません。

実際に使うのはよく中身を知ってから、というスタンスの方のために、ミノキシジルが本当に効果があるのか・どんな特徴があるのかを説明していきます。迷っている方は参考にしてみてください。

 

ミノキシジルとは?


ミノキシジルは発毛剤の一種です。しかし、そもそも発毛を目的として作られたわけではありませんでした。
1970年代にアメリカで開発された当時は、高血圧対策のための血圧降下薬でした。しかし、副作用の一種で全身に多毛症を引き起こすことが確認されたため、薄毛の治療薬として使えないかと考えられたのです。そこから臨床試験を経て有効性が確認され、現在のように頭皮の薄毛の治療薬として使われるようになったのです。

日本では歴史のあるおなじみの発毛剤・リアップにも、ミノキシジルが有効成分として配合されています。厚生労働省からも発毛医薬品に認可され、薄毛の治療薬として広く用いられています。

 

ミノキシジルの効果

そもそもミノキシジルにはどんな効果があり、それがどのように作用して発毛につながるのでしょうか。
そのメカニズムを知らずして、実際に使おうとはなかなか思えないものです。また、メカニズムを知ることで、最適な使用方法や環境を把握しやすくもなります。ここからは、その効果を見ていきましょう。

 

①血行を促進する

ミノキシジルがもともと血圧降下薬を目的に開発されたことは前述の通りです。それは血管を拡張することで血行を促進し、血流がスムーズになることで血圧が下がる効果があるからでした。
これが頭皮でも起こることで、髪を生えさせる細胞に十分な栄養を届けることにもなり、発毛効果アップが期待できるのです。

必要な場所に適切な栄養を行き渡らせる、いわば新しい髪の毛を生やすための土壌作りで、体の内側から発毛のためにアプローチする方法だといえます。ただ、これらの効果から、他の血圧降下薬との組み合わせで低血圧になる可能性があるなど、注意しなければいけないことも発生します。

 

②毛母細胞を活性化し発毛させる

ミノキシジルのもうひとつの代表的な働きが、毛母細胞を活性化させることです。
毛母細胞は髪の毛を生やすために重要な働きをする細胞で、髪の毛の根本にあります。毛母細胞の働きが弱ければ強い髪の毛は育ちません。

ミノキシジルはこの毛母細胞に働きかけ、毛母の細胞分裂を活性化させます。これが新しい髪の毛を生み出しやすくするのです。それまで髪の毛を生やす力を失っていた毛根にも働きかけることで、新たな髪の毛が生えたり、今ある髪の毛を太くするとも言われています。ミノキシジルはこれら二つの効果で、より髪の毛の生えやすい頭皮環境を実現することが期待されます。

 

ミノキシジル内服薬と外用薬


ミノキシジルには、内服薬外用薬の二種類があります。
それぞれ効果や使用方法が異なるばかりでなく、副作用やそもそも認可されているかどうかも違います。内服薬の方が得られる効果は大きい傾向にありますが、だからといって内服薬だけが正解ではありません。それぞれの効果・効能をしっかりと知っておき、自己責任の部分も強くなりますが、どれを用いるのかを検討してみましょう。

 

ミノキシジル内服薬

体の内側で吸収することで血流の効果により全身に行き渡り、より広範囲に、強く作用させることが期待されます。
錠剤で摂取しますが、最初は少量から摂取していくことが望ましいので、ピルカッター等で分割してから飲む方法もあるようです。効果や副作用のレベルは個人差や摂取量によって異なりますが、外用薬よりも相対的に強い傾向があります。

日本では医薬品として認可されておらず、ドラッグストア等で個人で購入することは基本的には出来ません。自己責任で個人輸入で購入する方法もあります。ただ、安全面を考えれば病院で医師による指導のもと、個人の状態に合わせて処方してもらうのが最適な方法です。

 

ミノキシジル外用薬

国内で市販されているミノキシジル配合の製品は、全て体の外側から塗布するタイプの外用薬です。
頭皮に塗布することで奥まで浸透、毛根や細胞に働きかけます。しかし、頭皮を含めて人間の肌は外部の刺激やウイルス等から体を守るためのバリア機能が存在します。この機能のおかげで、様々なリスクが体の中へ侵入することを防いでいるのです。しかし、それが外用薬にも働きかけてしまいます。どれだけしっかり塗り込んでも、浸透していき吸収される「経皮吸収」の割合は低いのが実情です。

内服薬と比べると副作用のリスクも低いので、今までミノキシジルを使ったことのない人が最初に使うのには適しているとも言えます。

 

ミノキシジルの副作用


薬を服用する上で、人によっては一番気になるのがその作用の反動となる副作用ではないでしょうか。
服用するかどうかの大きな分かれ目でもあります。特殊な経緯から生まれたミノキシジルも、服用する上で知っておきたい副作用があります。ここからはどんな副作用の可能性があるのか、説明していきます。

 

ミノキシジルの内服薬の副作用

より強くミノキシジルの効果を得られる内服薬ですが、それだけに副作用も強くなる傾向があります。
もともとが血圧降下薬として作られた薬ですので、服用後は血圧の低下による副作用が起こる可能性があります。例えば頭痛めまい動悸などが挙げられます。

また、血圧が低めの人が服用することで、さらに血圧を下げてしまうことになり、危険な状況になりかねません。発毛剤として使われるきっかけとなった全身の多毛症は、男性はもちろん、特に女性の方には辛い副作用のひとつとなります。
全身の血流が良くなることで、赤ら顔の傾向が出ることもあります。厳密には副作用とは少し性質が異なるのですが、発毛に必要なプロセスともいわれる初期脱毛も副作用と考える人も存在します。

 

ミノキシジルの外用薬の副作用

内服薬よりは副作用のリスクが低い外用薬ですが、全く無いというわけではありません。
症状で最も多いのが、塗布した箇所の違和感です。軽度であればかゆみや赤みが見られる程度ですが、体質に合わない場合はかぶれや炎症、湿疹などが発症することもあります。

また、皮膚が外的要因から体を守るためのバリア機能が低下していたり、塗布箇所に傷がある場合は、通常とは違う症状が現れる可能性があるので、それまで普通に使えていた人にも何らかの異変が起こるかもしれません。それに気づいた段階で一時的に使用をやめるべきです。市販薬の説明書にはさらに頭痛や胸の傷み等の副作用が記されていることがありますが、基本的にはそこまで症状が重くなることはないと考えられます。

 

ミノキシジルの初期脱毛について


人によっては副作用にも挙げられる初期脱毛ですが、これはマイナスな側面ではありません。
人の髪の毛は成長期・退行期・休止期といったサイクルのもとで生え変わっています。薄毛の人はこのサイクルがうまく機能しなくなり、健康な髪の毛を失っていってしまいます。

ミノキシジル服用後に現れる初期脱毛は新しい髪の毛のために、成長の止まった古い髪の毛が抜け落ちることですので、むしろミノキシジルがしっかり効いている証拠ともいえます。抜け毛に敏感になっている時に大量の初期脱毛に遭遇するとショックのあまり薬の服用を止めてしまう人もいるかもしれません。しかし、薬の服用を止めれば薬の効果も得られませんので、冷静に受け止めることが大切です。

そもそも髪の毛は毎日一定数が抜け落ちるものなので、よほど大量でない限り、心配する必要は無いのです。初期脱毛は服用後、2週間から1ヶ月程度を目安に起こります。

 

ミノキシジルが含まれている発毛剤

ここからはミノキシジルが含まれている発毛剤を紹介していきます。
日本国内ではあまりレパートリーが多くなかったのですが、最近は新規の発毛剤が発売され、複数の選択肢の中から選べるようになりました。
これまで述べてきたように、内服薬・外用薬の二種類がある他、それぞれの製品によってどれくらいのミノキシジルが配合されているのか・それ以外の髪に有効な成分は何が含まれているのか、細かく違います。

もしかしたら、そうした副次的な要素にこそ選ぶ理由があるかもしれませんから、なんとなくで選ぶのではなく、しっかり情報を確認してから購入するようにすると、「思っていたのと違った」という事態を避けることができるます。合わせて口コミもチェックするとより確実です。個人差があることですが、参考になる部分もあります。

 

①スカルプDメディカルミノキ5

メディカルミノキ5の画像
メーカー アンファー
価格/内容量 7,800円/60ml
商品特徴 ミノキシジルを5%配合した男性の壮年性脱毛症における発毛剤

スカルプDシリーズでおなじみのアンファーが2018年の8月に発売した発毛剤で、ミノキシジルが5%含まれています。
それまで発毛剤といえば、薄毛が目立つ男性が使うものというイメージがありました。アンファーはそこに着目し、それよりも若い30代もターゲットと考えているのがうかがえます。一見すると発毛剤だとわかりにくいデザインで、他のコスメの容器と並んでいても違和感がなく、常用しやすさに配慮したフォルムやカラーリングを意識しているのが伝わります。独自のクッションラバーヘッドにより、液だれしにくく、頭皮にも優しい塗布ができるよう工夫されています。酸化防止剤フリーなのも安心感があります。

公式ページはこちら

 

②リアップリジェンヌ

メーカー 大正製薬
価格/内容量 5,239円/60ml
商品特徴 髪と頭皮のことを考えた女性のための発毛剤

壮年性脱毛症に悩む女性のために、リアップシリーズで実績のある大正製薬が作った女性のためのリアップ、それがリアップリジェンヌです。ミノキシジルの配合は1%に抑えられ、高い配合割合では心配だという女性でも効果を得られるように配慮されています。
大きな特徴は、頭皮環境を整えるための成分がプラスされてことが挙げられます。頭皮のかゆみを抑えるメントール・皮脂の参加を抑えて頭皮を保護するトコフェロール酢酸エステル・細胞に栄養を供給し、頭皮の健全さを向上させるパントテニールエチルエーテルの3つがその成分です。これらがミノキシジルと相互に働きかけて、頭皮環境を整えながら発毛を促進します。

公式ページはこちら

 

ミノキシジル配合の発毛剤の口コミ

発毛剤を含めた全ての薬にいえることですが、作用・副作用ともに個人によって効果の度合いは異なります。
人間一人ひとり違う体質を持っているわけですから当然の話です。とはいえ、だからこそ自分以外の使用者がどんな使用感を持っているのかは気になるところではあります。そこで、ミノキシジル配合の発毛剤の口コミを紹介し、分析していきます。多くの人に該当する口コミならば、それだけ自分にも当てはまる可能性が高いということです。

また、費用などより客観的な数字で現れるものもあるので、様々な口コミを吟味し、どの薬を使うかの参考にしてみましょう。ただし過信は禁物です。使うのは自分ですから、最後に判断するのも自分自身であることは念頭に置いていてください。

 

①リアップ

「6ヶ月塗り続けてようやく効果が実感できた」という、効果が出るまでに時間がかかるという意見が多くありました。短い人は3ヶ月で何らかの実感を得られるようですが、中には1年必要だったという人もいました。ヘアサイクルに働きかけるので、長期的に塗布する必要があるので仕方ないことではあります。「うっすらと産毛が生えてきた」と、徐々にではありますが、時間をかければ次第に発毛の効果が現れてくるようです。

一方で、「効果はあったがかゆみや腫れに耐えられず続けられなかった・薄毛は進行しているが、効かなかったのか進行を抑えた結果なのか判断が難しい」と、副作用の影響や効果には個人差があることも口コミからはうかがえます。

 

②ミノキシジルタブレット

「体内への吸収効率を考えれば、外用薬に比べれば安価」という評価がありました。
薄毛の治療薬としては認可されておらず、クリニックに通って処方してもらう必要はありますが、やはり内服薬のメリットは大きいのでしょう。個人輸入すればもっと安価になりますが、偽薬等のリスクがあるため利用しないほうが無難です。「効果があった・薄毛の進行が遅くなった」という意見も多くあります。

長期的な服用が必要なのは内服薬でも同じで、3ヶ月・半年・一年と、どのタイミングで効果の有無を判断するのかが難しそうです。「効果はあまりなく、副作用だけ出た」という意見もありました。多毛症や赤ら顔の症状だけで、発毛には影響が見られない場合もあるようです。

 

副作用になりにくい育毛剤のおすすめ

ミノキシジルで大きなネックになるのが副作用のリスクです。
配合量が多ければ多いほど、発毛の期待値に比例するように副作用の影響も心配になります。そこで、ミノキシジル配合の発毛剤の代わりになるかもしれない育毛剤を紹介します。ミノキシジルほど大きな発毛効果は得られないかもしれませんが、頭皮環境の改善の為に是非検討してみてはいかがでしょうか。

【2018年最新】美容師が選ぶメンズの育毛剤おすすめ人気ランキング10選!

2018.04.05

【必見】女性用育毛剤おすすめランキング20選!育毛剤完全ガイド!

2018.06.01

 

ミノキシジルが向いている人

発毛に効果が期待できるミノキシジルですが、どんな人に向いているのでしょうか。
まず、使ってみて副作用の影響が少ない人が挙げられます。あまりに副作用の影響が大きければ、それ自体が不調やストレスの原因となり、薄毛を悪化させかねません。

また、食生活や睡眠、運動等の規則正しい生活を送れているかも関係します。これらが乱れている人は、そもそも薄毛の原因が壮年性脱毛症ではない可能性もあるからです。そして根気よく向き合える人でなくてはいけません。効果が出るのは3ヶ月先か1年先かもわかりませんので、途中であきらめずに服用や塗布を続ける必要があるからです。

 

ミノキシジルと他の発毛剤との併用について

せっかく生えてきた髪の毛を大切にしたいと、ミノキシジルと他の発毛剤を組合せて使いたいと考える人もいるでしょう。

まず、ミノキシジル内服薬と塗布型の発毛剤や育毛剤との組み合わせですが、これは体の内側と外側でアプローチする場所が異なるので、可能な場合が多いです。
一方で、ミノキシジル外用薬と同じく外用薬である塗布型の発毛剤や育毛剤とは組み合わせて使わない方がベターです。リアップなどは取扱説明書で明確に併用を禁じています。

併用時に何らかの副作用があった場合に原因を探ることも難しくなるので、基本的には取扱説明書や医師の説明を受けて、それでも判断が難しい場合は避けておくほうが無難です。

 

まとめ

本来の目的とは異なる経緯で発毛剤となったミノキシジル。
毛根にアプローチすることで発毛効果が期待できる一方で、副作用の影響も懸念されます。また、効果そのものも誰しもが必ず得られるわけではなく、実感できるタイミング様々ですが、長期的なビジョンが求められることは確かです。しかし、多くの人の悩みの種であった薄毛を根本から解決できる可能性は大きな魅力です。

ミノキシジル配合製品のレパートリーも増え、医師の処方が必要ですが内服することも可能です。自分に合う処方を見つけ、継続していけば健康な髪の毛を取り戻せるかもしれません。一喜一憂していては身が持ちませんので、気持ちに余裕を持って、根気よく続けていきましょう。