【必見】髪にいいとされている栄養素の亜鉛とは?

健康な髪を育てるためにはトリートメントなどの外側からのケアも大切ですが、髪の成長には栄養素も欠かすことができません。
髪に良いとされている栄養素にも色々な種類がありますが、特に亜鉛は注目されている成分です。
本当に良い効果が得られるのか、どのような摂取方法が効果的なのかも知っておきたいところです。
さらに摂り過ぎた場合はどのような症状が出るのかも知っておきましょう。

 
 

亜鉛で髪が早く伸びる?


ロングヘアに憧れる人はできるだけ早く伸ばせるほうが良いですが、亜鉛は髪を早く伸ばすのにも役立つとされています。
その理由も知っておきたいですが、亜鉛は細胞分裂を活発化させ、ケラチンの合成を助ける働きがあるということがあげられます。毛母細胞の分裂が活性化されることは成長を促進することが期待できますし、ケラチンの再合成にも欠かすことができない成分です。

それゆえ、積極的に摂取することはより早く伸ばすことにつながるとも言えますが、成長には限度がありますので、亜鉛を多く摂ったからといって極端に早く伸びるのではないということは理解しておきましょう。

 
 

亜鉛の特徴や効果は?

亜鉛にはどのような効果があるのかも知っておきたいですが、体内に2000㎎ほどあると言われており骨格筋や骨や皮膚、脳や腎臓などに存在しタンパク質の合成に関わる酵素の材料として使われています。体にはなくてはならない大事な成分ですが、体で作ることができないので食事で補っていく必要があります。

新陳代謝やエネルギー代謝など体の働きを正常に保つのに役立つ成分で、味覚を正常に保つのにも役立っています。
このほかには免疫力の向上、ビタミンAの代謝を促進し抗酸化作用の活性化にも役立つのでアンチエイジングにも良い成分です。
さらに生殖機能の改善や皮膚や髪の健康維持、精神安定やうつの緩和など様々な役割を果たしています。

 
 

亜鉛の摂取のし過ぎにも注意


体には欠かすことのできない亜鉛ですので、不足は避けたいですが、ただ大量に摂れば良いというわけではありません。もともと毒性の低い成分ですし、食品からの摂取であれば過剰摂取などになる心配はないと言えますが、サプリメントや健康食品から摂る場合は注意も必要です。

過剰に摂りすぎると鉄や銅などの吸収を悪くし、貧血免疫力の低下を招いてしまう可能性もあります。
さらに過剰に摂ることは泌尿器系や生殖器にも悪い影響が出るとも言われています。
多く摂りすぎた場合は吐き気や食欲不振、下痢や頭痛などの不快な症状が出ることもありますので、過剰に摂ることは避けたいところです。

 
 

おすすめの亜鉛の摂取方法

髪の健康維持にも役立つ亜鉛を安全に摂取する方法としては、まずは食品から摂ることがあげられます。
特に牡蠣には多く含まれていることで知られていますが、牛肉や乾燥わかめ、チーズなどからも摂取することができます。クエン酸やビタミンCも亜鉛の吸収を良くするのに役立ちますので料理にレモンを添えるなどの工夫もおすすめです。

毎日効率よく摂るのであればサプリメントは便利ですが、一日の摂取量の上限を超えないよう、正しい量を守りましょう。さらに髪の成長には亜鉛だけではなく、他の栄養素も大事ですので、偏った食事にせずバランスの良い食事を心掛けることも大事です。

 
 

まとめ

髪の成長に良い成分としては亜鉛は良く知られた存在です。細胞分裂の活性化やケラチンの再合成にも役立ち、健康やアンチエイジングにも欠かすことのできない大事な成分です。

不足すると味覚障害や髪の衰えなどの症状も出ると言われていますので、不足しないよう食事内容にも工夫していきましょう。
食事から摂る場合は過剰摂取の心配はありませんが、サプリメントなどで摂るときは過剰摂取にならないよう注意も必要です。
取り過ぎは貧血などの不調を招く可能性もありますので、一日の上限を超えないよう正しい量を摂取していきましょう。