【印象が変わる】前髪が割れる原因は?解決策もご紹介!

朝の時間がない時に前髪が割れていると、

  • ヘアスタイルが上手くまとまらない
  • 直すのに時間がかかってしまう
  • 朝から気分が下がってしまう

 

などのように色々と大変ですよね。直そうと思っても手やクシですいたぐらいでは簡単にはまとまらないし、前髪が割れているとかなり不便ですよね。そんな前髪がぱっくり割れてしまうのには理由があります。今回は前髪が割れる原因や対策方法まで美容師がわかりやすく解説していきます。
 
 

前髪が割れてしまう原因


 

(1)髪をすぐに乾かさない

濡れた髪を乾かさないで寝ることで前髪が割れてしまう原因となります。あなたは毎日お風呂上がりには髪を乾かしていますか?中には面倒くさいからと半乾きの状態で寝てしまったり、タオルドライだけして寝てしまう人もいます。

髪を乾かさずに寝ると前髪が割れるだけでなく、嫌な臭いや雑菌が繁殖する原因にもなるため注意しましょう。
 

(2)クセの通りに乾かしている

髪質は人それぞれ違い、それぞれに髪の「クセ」があります。クセの通りに髪を乾かしていると、前髪が割れてしまう原因になります。例えば自分の髪の毛流れが右の場合は、反対方向に流れるように髪を乾かしていきましょう。

逆に左方向に流れている場合はその反対方向に流れができるように乾かしていくなど、クセと反対方向に乾かすことが大事です。
 

(3)髪を濡らさずブローをしている

ブローで前髪を整える場合に、髪を濡らさずにやっていませんか?ブローで整える場合には必ず濡らしてから行いましょう。髪が乾いた状態でブローしても、思ったように動きをつけることはできません。ポイントは髪の根元からしっかり濡らしてブローをして、整えることです。

 

(4)タオルターバン

前髪が気になりタオルターバンなどで上げている人も少なくないでしょう。しかし実はこれが前髪が割れる原因になるのです。ターバンをとると髪にクセがついてしまい、手やクシで直そうと思ってもなかなか直らないのです。

そのためターバンはあまりしないようにするか、しても時間を決めてクセがつかない程度にしましょう。
 

(5)寝癖

寝癖によって前髪が割れてしまうこともあります。ロングヘアで寝癖に悩んでいる人は少ないでしょうが、ショートへアの人は寝癖がついてしまうこともしばしば・・・。

寝癖は思ったよりも直りにくく、朝のケアで落ち着いても夕方にはクセが戻ってくることもあります。寝癖を予防するためにも髪をしっかり乾かして寝ることを意識しましょう。

 

(6)前髪の量が少ない

前髪の量が少ないことで、髪に重みがなくぱっくり割れてしまうこともあります。おしゃれを楽しむためにヘアスタイルにこだわっても、「結果的にまとまらなくて困る」なんてことも多くあります。

日頃からパーマやカラーを繰り返していると、髪が細くなってしまいさらに重みがなくなってしまうので注意しましょう。
 
 

割れない前髪をつくる基本的な乾かし方

多くの人はつむじから右側に毛流れがつきやすくなっています。逆方向に毛流れがある人は説明と反対にやってみてください!
 

(1)右側からブロー

乾かす際はまず毛流れのクセを整えるために右側からブローしていきます。頭のてっぺんから下方向に向けて風を当てていきましょう。
 

(2)左側からブロー

ある程度髪が乾かせたら、次は左側からブローをしていきます。そして先ほどと同じように頭のてっぺんから下に向けて乾かしていきます。分け目がつかないように注意しましょう。

 

髪が両サイドに分かれている人

髪が中央から両サイドに分かれている人は、右・左交互に同じ時間でブローをしていきましょう。この際、左右の時間に差がないように気をつけましょう。
 
 

さらに割れにくい前髪を作る方法

 

(1)アイロンで伸ばす

アイロンで髪を整えることで、割れにくい綺麗なシルエットを作れます。やり方は簡単で、前髪をアイロンで挟み、髪の毛を流したい方向と逆方向に引っ張ります。先まで滑らせることができたら、真ん中に巻くように流すことで完成です。

 

(2)前髪の長さを整える

毎朝と言っていいほど前髪がぱっくり割れてしまう人は、髪の長さに問題があるのかもしれません。先ほど触れたように髪に重みがなかったり、長すぎる前髪はクセがつきやすいのです。

そんな時は眉毛より少し下のあたりで整えることで割れにくい状態となります。どうしても気になるという人は担当の美容師さんに相談して前髪を整えましょう。

 

(3)スプレーを使う

「どうしても時間がない!」、「髪型が夕方になるといつも崩れる。。」などの悩みを持っている人はいませんか?そんな人にはヘアスプレーで前髪を固定する方法をおすすめします。ヘアスプレーを上手に使いこなせれば、一日中まとまりのあるヘアスタイルを維持できます。

スプレーを吹きかけるポイントは、内側から根元に向けて吹きかけることです。毛先の方は手にスプレーを少し出して整える程度で十分です。カチカチに固めるのではなく、自然な状態を意識しましょう。
 
 

夕方になると前髪が割れてしまう原因は?

夕方になると前髪が割れてしまうのは、汗や皮脂によるベタつきが原因であることが大半です。人は必ず汗をかきますので、朝と全く同じ状態をキープするということは難しいのです。

しかし、毎朝前髪の根元にスプレーを吹きかけ、固定することで夕方までヘアスタイルを良い状態で保つことができます。また、こまめにひたいの汗を拭いたり、ベビーパウダーなどでケアをすることも効果的です。
 
 

外出先で前髪が割れた時に役立つ便利グッズ

 

(1)帽子

時間がなくて前髪を直せない人には帽子がぴったり。前髪が割れていても帽子を被ってしまえば問題なし!前髪が割れてしまうことで悩んでいる人は緊急時に備えて帽子のコーディネートを考えておくことをおすすめします。

 

(2)ヘアピン

朝はヘアスタイルがまとまっていても、夕方になってぱっくり割れてきた。なんてことはよくあることです。そんな時におすすめなのがヘアピンを使うことです。ヘアピン一本で前髪をまとめることができますし、おしゃれになります。緊急時のために一本は備えておきましょう。

 

(3)髪のお直しシート

前髪を直す便利グッズでは髪のお直しシートもおすすめ。サイズが小さくてカバンの中にも入れやすいですし、1つ入れておくだけで安心です。香り付きの商品も多くありますので、髪に嫌な臭いが付いた時でもさらっと拭き取れます。
 
 

パックリ割れる前髪で悩んだら思い切って髪型を変えてみることも考えてみよう!

前髪が割れることがかなり気になるという人には、思い切って髪型を変えることもおすすめします。最近では前髪のない髪型でもおしゃれなヘアスタイルは多くありますし、自分に合うタイプもきっと見つかるはずです。

さらに髪型を変えることで印象がガラッと変わって自分に自身が持てる場合も!前髪が割れることに悩んでいる人は印象をガラッと変えることも考えてみてください。
 
 

前髪が割れる原因を知り正しい対策をしましょう

前髪がぱっくり割れてしまう原因から対策方法まで紹介していきましたがいかがでしたか?前髪が割れてしまうと思うようなヘアスタイルが決まらずに困ってしまうものです。

そのためまずは原因を知り、正しい対策をすることが大事です。前髪がしっかり整っているだけで、その人の印象は良くなりますのでここで紹介した方法を試して悩みを解決してください!