美味しく焼けるフライパンの選び方とおすすめ10選

フライパンは炒めたり焼いたりするためだけではなく、煮物や揚げ物にも活用することができる非常に便利な調理器具です。
様々な種類のものがあるので、どのようなフライパンを利用するべきか迷ってしまう人が多いアイテムだと言えます。
フライパンは素材が異なる種類のものがたくさんあるので、自分にピッタリの製品を選ぶためには様々な製品を比較するべきです。
おすすめのフライパンを紹介するので、フライパン選びで失敗したくない人は参考にしてみてください。
 
 

フライパンの素材

様々な種類のフライパンがありますが、主に5種類の素材のものが販売されています。
テフロンは焦げつきにくいことで定評がある素材であり、フッ素加工フライパンと呼ばれるものもテフロンフライパンと同じです。
それだけではなく、安価に手に入れることができますが、高温に弱く傷がつきがちであるという問題があります。
鉄製のものはとても頑丈であり熱伝導性が高く、使えば使うほど馴染んでいくという特徴があり、一生ものとして使用できるフライパンです。
初めに油慣らしが必要、空焚きをしないと錆びるなどの問題があるので、お手入れが大変だと知っておく必要があります。
ステンレス製のフライパンは耐久性が高く表面が傷つきにくさが特徴的です。
他の素材よりも重いのでフライパンを振る料理を多く作る、移動させることが多い場合は調理が大変だと感じる可能性が高いです。
アルミ製のものは軽くて安いですが、食材がくっつきがちな点がデメリットだと言えます。パスタを炒めたりソースをサッと作ったりするときには便利ですが、じっくり焼く場合などはくっつく恐れがあるので注意が必要です。
セラミック製のものは耐久性があり、高温でも長時間使うことができます。
火加減が難しいので、焦げつかせてしまう人が多い素材であることを理解して使用しなければなりません。
フライパンには主に5種類の素材のものがありますが、それぞれにメリットとデメリットがあることを知っておくことが大切だと言えます。
 
 

フライパンを選ぶ基準


長く使用できるフライパンを選ぶためには、いくつかの基準を知っておくべきです。
まずは、自分に適した素材を選ぶことが大切だと言えます。
先述したようにフライパンは素材によって様々な特徴があるので、それぞれのメリットとデメリットを踏まえて自分に適したものを選ぶことで長期的に使用していくことができるはずです。
コーティング加工されたものを選ぶこともおすすめであり、テフロン加工やダイヤモンド加工、チタンコート加工などが施されていると長持ちしやすい傾向があります。
加工の種類によってこげつきにくさや耐久性、価格などが違っているので、いくつかの種類を比較することがおすすめです。
フライパンを選ぶ際には人数や作りたい料理を考慮することも大切だと言えます。
素材やコーディング選びが完璧でも、用途に合ったものを選ぶことができていなければ不便さを感じることになるはずです。
フライパンは素材やコーディングに関係なく、一般家庭で使用するものは20cm・24cm・26cm・28cmの4サイズであることがほとんどであり、20cmはひとり暮らしやお弁当のおかず用、24cmはふたり暮らし用などと使い分ける必要があります。
28cmは300gのパスタも炒めることができ、3~4人家族で使用することができるでしょう。
フライパンを選ぶ際には、IHとガスコンロのどちらに対応しているかという点も見ておく必要があります。
対応していないフライパンを選んでしまうと使用することができません。
両方に対応している製品もあるので、引っ越しが多い場合はIHとガスのどちらでも使用できるものを選んでおくと便利です。
注目する人が少ないですが、取っ手の掴みやすさやお手入れのしやすさも重要なポイントであることを知っておく必要があります。
柄の部分まで鉄製でできているフライパンは、調理中に素手で掴むことができません。
取っ手が取れるタイプなど様々なものがあるので、取っ手についても注目しておくことが大切です。
フライパンを購入する前には選ぶときの基準を理解し、適切なものを選択できるようにしておきましょう。
 
 

フライパンのおすすめ10選

ここからはおすすめのフライパン10選を紹介します。フライパン選びは大変ですが、様々な種類のおすすめフライパンを特徴とともに紹介していくので、この情報をもとに自分に適したアイテムを購入するときの参考にしてください。

T-fal(ティファール) / IHルビー・エクセレンス フライパン

メーカー T-fal

T-falから販売されているIHルビー・エクセレンスというフライパンは、6層のチタンコーティングが施されたIH用のフライパンです。
内側のコーティングはもちろんだと言えますが、外側にフッ素樹脂加工が施されているので、調理後に洗いやすいという利点もあります。
こびりつきづらいことや傷つきにくさ、摩擦や熱に対する強度、取っ手の強度が優れている製品です。
このフライパンにはT-fal特有の技術である、お知らせマークが備わっています。
フライパンにあるマークの模様が変化したら、予熱が完了していることが分かるのでとても便利です。
性能が優れているだけではなく、取っ手や外側が美しいルビー色であり、見た目も優れたフライパンがほしい人におすすめだと言えます。
商品はこちらから

 

T-falのフライパンではグランブルー・プレミア

メーカー T-fal

T-falのフライパンではグランブルー・プレミアという製品もおすすめです。
ルビー・エクセレンスはIH用ですが、グランブルー・プレミアはガス調理に使用することができます。
チタン粒子を配合した5層のコーティングが施されているので、耐久性とこびりつきにくさに定評があるフライパンです。
こちらもお知らせマークがついているので、一目で予熱完了を知ることができます。
外面には熱や着ずに強いエナメル加工が施されており、長年使っていても美しい光沢を保ちやすいという点が特徴的です。
ルビー・エクセレンスと同様にこびりつきにくさや傷つきにくさ、摩擦や熱変形に対する強度、取っ手の強度が高い製品だと言えます。
ガスに使用できる高性能のフライパンを探している人におすすめです。
商品はこちらから

 

ドウシシャのevercook


メーカー ドウシシャ

ドウシシャのevercookは、こびりつきづらいことで人気があるフライパンだと言えます。
アルミニウム素材の製品ですが、独自のアンカー構造が採用されており、フッ素樹脂加工が落ちにくい点が特徴的です。
フッ素樹脂加工が落ちにくいので、長期間ストレスを感じることなく調理することができます。
使用していくうちにフッ素樹脂加工が剥がれてしまった場合でも、アルミニウムに酸化被膜のアルマイトコーティングを行っているので、本体が腐食することが防止されています。
IHに対応しているものとガスに対応しているものがあるので、家庭の調理環境に合った最適なフライパンを選ぶことが可能です。
お手頃な値段で、長期的に使うことができるアイテムを求めている人におすすめだと言えます。
商品はこちらから

 

タフコのIH対応軽量ダイヤモンドマーブル

メーカー タフコ

タフコのIH対応軽量ダイヤモンドマーブルフライパンは内側に5層、外側に4層のダイヤモンド加工が施されており、耐摩耗性に優れたフライパンです。
素材はアルミダイキャストとダイヤモンド粒子なので熱伝導性が高く、調理中に火の通りにムラができにくいという利点があります。
傷つきにくいので金属ヘラやお玉を用いた調理が可能です。
取っ手と本体の接続部分には鋲があることが多く、鋲の周りには汚れが溜まりがちな傾向があります。
このフライパンには鋲がないので、汚れを完全に落とすことができ、清潔な状態を保つことが可能です。
ガスとIHの両方で使用することができるので、引っ越すことが多い人でも買い替えることなく使い続けられる点が便利だと言えます。
商品はこちらから

 

ダイレクトテレショップのフレーバーストンソテーパン

メーカー ダイレクトテレショップ

ダイレクトテレショップのフレーバーストンソテーパンは、油を使用しなくても焦げつきにくいことで評判が高いです。
特殊なコーティングが底面には6層、側面には5層施されていることが焦げにくさに繋がっています。
遠赤外線効果があるフライパンなので、こんがりとジューシーにお肉などを焼くことができる点も大きな魅力です。
ムラなく高い熱伝導率で熱を伝えられるので、弱火から中火でも調理ができます。
汚れを簡単に落とせることも大きな魅力であり、調理後には簡単に洗うことが可能です。
ガスだけではなくIHにも対応しているので、調理環境に関係なく使用することができて便利だと言えます。
350万回の耐摩耗性テストをクリアしているので、長期にわたって使い続けることができるアイテムです。
商品はこちらから

 

アサヒ軽金属工業のオールライト

メーカー アサヒ軽金属工業

アサヒ軽金属工業のオールライトは、グラビティー鋳造という製法が用いられており、多孔質アルミを採用することで熱を均一に伝えることができるという特徴があります。
本体側面の下側がデコボコしており、側面への熱の流れを緩やかにすることで食材を入れても温度が下がりづらいという点が特徴的です。
温度が下がりづらいので、焼く調理に最適化されたフライパンだと言えます。
オールライトのフライパンには蓋が付属しており、持ちやすさを実現したつまみによって調理中でも安全に蓋の開閉を行うことが可能です。
外面にはセラミックホーローが施されているので、傷に強いという特徴もあります。
シャンパンピンクやダイヤモンドグレーの可愛らしいカラーが揃っているので、性能だけではなくオシャレさを求める人にもおすすめです。
商品はこちらから

 

フォアのフッ素加工IH対応フライパン


メーカー パール金属(PEARL METAL)

フォアのフッ素加工IH対応フライパンは、リーズナブルな製品を探している人におすすめだと言えます。
素材にはアルミニウム合金とステンレスが採用されており、フッ素樹脂加工が施されているので焦げつきづらいです。
油が少なくても焦げつきを抑えることができるので、ヘルシーな料理を作ることができます。
26cmという大きめのサイズでありながら重量は約590gなので、とても軽いという利点があり、調理中や料理をお皿にうつす際にフライパンを持ちあげることがありますが、軽量なのでストレスを感じることがありません。
ガスはもちろんのことIHやハロゲンヒーター、シーズーヒーターにまで対応しているので、どのような調理環境でも使い勝手が良いフライパンだと言えます。
商品はこちらから

 

京セラのセラフォート

メーカー 京セラ

京セラのセラフォートは、セラミック加工とフッ素樹脂加工のメリットを取り入れた、熱が入りやすくて焦げつきづらいことでおすすめのフライパンです。
セラミックを使用することにより熱伝導性を高め、遠赤外線効果を得ることができますし、フッ素樹脂を使用することで熱が入りやすいのに焦げつくいため使い勝手が良いと言えます。
表面にしっかり焼き色をつけたい料理はフライパンが焦げついてしまうことがありますが、ダブル効果があるセラフォートであればフライパンを焦げつかせることなく焼き色を付けることが可能です。
金属製のフライ返しを使用しても傷がつきにくく、長期にわたって使用しやすい製品だと言えます。
外面はメラミンスポンジでお手入れすることができるので、美しさを維持しやすい点が特徴的です。
商品はこちらから

 

ル・クルーゼのTNS

メーカー ル・クルーゼ

ルクルーゼのTNSはアルミニウム合金にフッ素加工を施したフライパンなので、熱伝導率が良く焦げつきにくさがおすすめの製品だと言えます。
アルミニウムには層を厚くする特殊加工が施されているので、一般的なアルミニウムフライパンよりも耐久性と硬度が高いです。
ガスコンロとIHや260度までのオーブンに対応しているので、様々な熱源に用いることができます。
TNSは人間工学に基づいた使いやすさのあるデザインが採用されており、調理中にストレスなく使用することができるだけではなく、見た目も洗練されているのでとてもオシャレです。
小さなものから大きなものまで幅広いサイズが取り揃えられているので、家族の人数や用途に応じて最適なものを選ぶことができます。
商品はこちらから

 

北欧アルミニウムのセンレンキャスト

メーカー 北欧アルミニウム

北欧アルミニウムのセンレンキャストは、軽くて耐久性が高い点がおすすめのフライパンです。
素材にはアルミニウムとマグネシウムの合金が採用されており、底面から側面にかけて薄くなっているので大きいサイズでもとても軽いという特徴があります。
内側にはテフロンプラチナプラス加工を施しているので、一般的なテフロン加工よりも耐久性が高く傷つきにくいです。
こびりつきにくさにも定評があるので、油をたくさん使用しなくても焦げつかせることなく調理することができます。
サイズバリエーションが豊富なので、家族の人数などに合わせて家庭に合ったものを選べる点もポイントが高いです。
IH調理には対応していないので、ガスを使用する場合に使用してください。
商品はこちらから

 
 

まとめ


フライパンの種類は多種多様なので、素材やコーティング、サイズなどを参考に家庭に合ったものを選ぶことが大切です。
主な素材は数種類ですが、最近は複数の素材を組み合わせたフライパンも多く販売されています。
フライパンの使用できる熱源を確認しておくことも大切です。
複数の調理環境に対応している製品もありますが、ガスコンロ用のものやIH用のものもあるので、調理環境に合ったものを選択することも大事だと言えます。
紹介したフライパンは焦げつきにくさや傷つきにくさが特徴的で耐久性が高いもの、熱伝導率が良いもの、軽くて調理に負担がかからないものが多いです。
フライパンを選ぶときには長期的に使用することができるように、これらの性能もチェックしておくことが大切だと言えます。
近頃は高性能でありながら洗練されたデザインのものやオシャレなもの、可愛いカラーのものが多く販売されているので、機能だけではなくデザイン性を重視することもできるでしょう。
フライパンの選び方を間違えてしまうとすぐにダメにしてしまったり、使用目的に合っておらず使用しにくかったりする可能性が高いです。
購入する前には選び方とおすすめの製品を確認し、家庭に合った最適なフライパンを選ぶことができるようにしておくべきだと言えます。