自分に合ったモバイルバッテリーの選び方とおすすめ5選

皆様は、モバイルバッテリーをご利用していますでしょうか?
外出時にスマートフォンなどを利用している際に充電できる便利なモバイルバッテリーの選び方や、おすすめのモバイルバッテリーについて紹介していきます。
移動中や、旅行の際などに大活躍するモバイルバッテリーを利用して、素敵なスマホライフを送りましょう!
 
 

モバイルバッテリーの選び方とは?

モバイルバッテリーには様々なタイプのものがあります。
小型のものであればスマホを2回程度充電することが出来ますので、持ち歩きに便利です。
どのようなモバイルバッテリーがあるかをご紹介しますので、参考にして下さい。
スマホやタブレット、ノートパソコンの充電を行う便利なモバイルバッテリーですが、様々なタイプのものがありますので、用途に応じて選ばれるとよいでしょう。
スマホを充電するだけであれば、小型のタイプのものが便利ですし、スマホやタブレットなど複数を一度に充電出来るタイプのモバイルバッテリーもありますので、使い分けて使用すると大変便利です。
 
 

モバイルバッテリーとは?


モバイルバッテリーは、携帯充電器のことでスマホやiPadなどのタブレットやノートパソコンなどの充電に使用することが出来る予備電源のことです。
スマホやタブレットなどはバッテリーの残量が残り少なくなると、コンセントに挿して行なければなりません。しかしモバイルバッテリーなら、小型ですので、どこでも充電することが出来ます。
繰り返し使用できるバッテリーなので大変便利ですし、外出先や外で使うことが可能ですので使い捨ての乾電池と比べると経済的です。
製品によっては複数充電出来るタイプのものもありますので、スマホとタブレットを同時に充電させることも可能です。
 
 

モバイルバッテリーの選び方

モバイルバッテリーは安いものから高いものまで、価格は様々です。
コンビニでも入手可能ですが、安すぎるものを選ぶと、モバイルバッテリーから発火してしまったり、爆発するといった事故も増えているため、粗悪品を掴まないためにも安価なものは選ばないようにしましょう。
モバイルバッテリーは急速充電が可能な高出力モデル、防水仕様、お洒落なデザインのものなどがありますので、お好みのものを選ぶことが出来ます。
 

サイズ

モバイルバッテリーを仕事先や旅行などのプライベートで持って歩くという方におすすめなのが、持ち運べる大きさ、重さのモバイルバッテリーです。
容量が大きいものだと重くなってしまい、持ち運ぶのが大変です。
僅か70グラムから80グラム程度のモバイルバッテリーがありますので、とても軽いので女性の方にもおすすめでしょう。
スマホを充電するだけであれば、こうした軽くて軽量のモバイルバッテリーがおすすめです。
反対にパソコンやタブレットなど複数のもの一度に行いたいという方は容量の大きいモバイルバッテリーがおすすめです。
自分がどのくらいの頻度で使用するかを考えてモバイルバッテリーを選ばれるとよいでしょう。
 

機能、USBの種類

モバイルバッテリーのおすすめの機能はコンセント付で外出先のカフェで使うことが出来る軽量タイプです。
外出先でタブレットやノートパソコンを使用して仕事をしている時に電池切れになってしまった時にも便利ですので、おすすめです。
中にはミニ冷蔵庫にも給電出来るやモバイルバッテリーや、災害時に使用可能なポータブル電源型がありますので、いざという時のために使いたいという方におすすめでしょう。
外で使いたいという方には、無接点機能が利用できるワイヤレス機能搭載型の新機能が搭載されたモバイルバッテリーもありますので、カフェなどを利用してノートパソコンやタブレットで仕事をしたいという方には特におすすめです。
モバイルバッテリーには、次世代のUSB企画として制定された新しいコネクタ規格であるUSB-Cというものがあります。これまでのUSBと比較すると大きなデーターを高速で送ることが出来ます。
最近ではUSB-Cを搭載したデバイスが多くあるため、これから購入するのであればUSB-C搭載モバイルバッテリーがおすすめです。
最新のアップル社のMacBookを持っている方は、外出先で仕事をするときに役立ちますので、持っていて損はありません。
 

使用用途に応じて容量を選びましょう

モバイルバッテリーの容量はmAhという単位で表されます。この数値が大きければ大きいほどバッテリーの容量が高くなります。
ただバッテリーの容量が大きいものだと、モバイルバッテリーも重たくなりますので、普段使いのものと旅行に出掛けるものと使い分けるとよいかもしれません。
普段、持ち歩くだけであれば、2回程度出来る5,000mAhの容量がおすすめです。
スマホやパソコンなどの機種によって量が異なりますので、バッテリー容量もそれに合わせて選びましょう。
容量の大きいものであれば、iPhoneを5回充電することが可能なものもあります。
バッテリーのパフォーマンスは使用するうちにだんだん落ちていくので、注意しましょう。
 

出力が多いほど充電も早くなる

モバイルバッテリーの出力とは、接続したモバイルにどれくらいの電流を送ることが出来るかという機器です。
電流の大きさはAという単位で表しますが、この数値が大きいほど出力が大きく充電速度も速くなります。
スマホやタブレットなどはすぐに使用したいという方も多いので、出力はあまり小さいものだと、すぐに行うのが難しいため、すぐに充電して使いたいという方は出力の大きなタイプのものを選ばれるとよいかもしれません。
タブレット端末などを充電する際はiPhoneよりも大きな出力が必要になりますので、おすすめは出力の大きいタイプのモバイルバッテリーを選ばれるとよいです。
購入する際は2A以上の出力に対応したモバイルバッテリーを選ぶと失敗はありません。
 

小型なら2口まで、大型なら3口以上、ポート数の選び方

モバイルバッテリーのポート数はサイズによって違いがあります。小型のものだと1から2ポート、大型のものであれば2から4ポートありますので、スマホであれば小型のもので十分です。スマホとタブレットを充電する場合は2ポート以上あるものを選ばれるとよいでしょう。
USBのポート数が複数ついているものであれば、タブレットとスマホを同時に充電することが可能になりますので、同時に複数充電をしたいという方は、ポート数が2口以上あるものを選ばれるとよいです。
また複数人で利用することも可能ですので、旅行先や出張先の宿でスマホをみんなで充電したいという方に、ポート数の多いモバイルバッテリーはおすすめです。
 

急いでいる時は急速充電が便利

モバイルバッテリーの中には急速充電が出来るタイプのものもあります。すぐに充電出来れば、出かける直前に充電することが出来ますので、外出先に残量の電池を気にせずにスマホなどを使用することが可能です。
一般的なスマホの場合、充電器は5V/1A(max)で充電されます。急速充電には明確な数値はありません。スマホの機種によって最大電力が決まっているので、騎手の最大入力電流に近い状態でモバイルバッテリー側で充電を行います。
スマホなどのモバイルを充電するときに注意したいのが、急速充電の時に負荷をかけすぎてしまうと故障してしまうことです。
コントロールをしっかり守りながら行わないと過充電となり、故障してしまうからです。
モバイルバッテリー側で供給方法を統一することが必要ですので、使用説明書をよく読んで正しく使用することが重要です。
 

おすすめのモバイルバッテリー5選

モバイルバッテリーは色々な商品が出回っているため、どのようなものを使っていいのかわからないという方もいらっしゃることでしょう。
薄くてサイズも小さく、ポーチの中に入れることが出来るものから、充電量も多く何回もスマホを充電できるタイプのものまであります。
そこでおすすめのモバイルバッテリーを5選紹介します。
 

Anker PowerCore Slim 10000 PD

メーカー Anker

Anker独自の多重保護システムがあるため、安心して使用できるモバイルバッテリーでお勧めです。1.4ミリの薄さでポケットに入る大きさで、外出先の持ち運びにも適しています。iPhone ならわずか30分で最大50%という速さで充電が出来ます。
充電オプションが幅広く、低電流モードを選択すると小型電子機器やウェアラブル機器も充電することが出来るので、一つで色々と使うことが出来るので多様性のあるモバイルバッテリーです。タブレットやノートパソコンには使用出来ないので注意しましょう。
商品はこちらから

 

Anker PowerCore II 10000 PowerIQ 2.0

メーカー Anker

全米でシェア数ナンバー1を誇るAnkerのモバイルバッテリーです。
軽量で195グラムですので、持ち運びも便利です。
同じシリーズの前回のモデルよりも互換性が向上したため、さらに使いやすくなっています。
高速で安全な充電を行うことが出来、18Wまでの入出力に対応しています。
出力だけではなく、入力も高速に行うことが出来ます。
対応充電器使用であれば4時間でフル充電が可能になります。
Anker社の出力サポートに接続するかLEDボタンを押すと、8段階でバッテリー本体の残量を見ることが出来るのでおすすめです。モバイルバッテリーには、18ヶ月保証と品質の高いカスタマーサポートがついているので、万が一トラブルや故障することがあっても安心でしょう。
商品はこちらから

ソニーCP-V5BA

メーカー ソニー

スマホ4回分の充電が可能なバッテリーです。充電時間は8時間で1.5Aです。
重量も233gと軽量でスタンダードAボードが搭載荒れています。
ソニーのモバイルバッテリーは、夏発生を抑制する発熱抑制システムがついており、使用中の温度上昇を防ぐことが出来ます。
液漏れ防止ゲルポリマーの電池で、発火しにくく膨れにくい構造になっているので、安心して使用することが可能です。
SafeCharge搭載なので、灸電気も充電器も安全に使用することが出来、さらにスマホの充電が連続して出来るので便利に活用することが出来ます。
USBを使っている時に、無負荷になると自動的に停止する機能がついているので、充電完了時にコンセントを抜き忘れてしまった時も安心です。
商品はこちらから

Apollo Traveller モバイルバッテリー 5000mAh

メーカー Apollo

2010年にノーベル物理学賞に選ばれたグラフェン配合のシートが使われています。内部抵抗が小さく、一般的なセルよりも高い導電性を持っていますので、超速で安全な充電が可能です。
これまでのバッテリーは充電に3、4時間かかることもあります。充電が最速18分で行うことが出来るモバイルバッテリーなので、すぐに充電をしたいという方におすすめです。
200gと軽量で、スマホと同じぐらいの大きさ、重さなので外出先で使用するのも便利です。
USBの端子はUSB-CとUSB-Aの2種類があり、高速充電が、本体充電も可能ですので便利に使うことが出来るでしょう。繰り返し充電が1000回可能ですので、長く使い続けることが出来ます。
商品はこちらから

 

RAVPower製ソーラーチャージャー付きモバイルバッテリー RP-PB082

メーカー RAVPower

ソーラパネルを搭載されているモバイルバッテリーです。太陽光で水から充電できる便利なモバイルバッテリーで、地震や台風などで電気が使用出来ないときに大変役立ちます。搭載USBポートはUSBType-Aの出力が2、Type-Cの入力が1の入力ポートがあります。
iPhoneなら8回分充電できる能力がありますので、家族や友人と一緒に充電可能です。
アウトドアに持って行くのも便利なモバイルバッテリーで、LEDライト機能がついているので、災害時のライトとして使うことも出来るでしょう。
キャンプや山登りなどのアウトドアレジャーにも持っているとよいかもしれません。
サイズも一般的なスマホよりも一回り大きいので、ポーチの何に入れておいても良いです。
商品はこちらから

まとめ

モバイルバッテリーには色々な種類のものがあります。
iPhoneを2回程度できるタイプのものから、パソコンなど出力の大きいものも出来るモバイルバッテリーもありますので、使用用途に応じて選ばれるとよいでしょう。
色々な製品が出ていますので、製品の品質やサイズ、重量や機能などを比較しながら選ばれるとよいです。
普段持ち歩くのであれば、スマホと同じ大きさで軽量のものが向いていますし、災害時にも使用したいという方やアウトドアに持って行きたいという方であれば、ソーラーチャージャー付きモバイルバッテリーがおすすめです。
デザインやカラーバリエーションも豊富にありますので、自分の好みに合うものを選びましょう。