【厳選】美容師が選ぶ白髪染めトリートメント10選!白髪の原因も!

白髪染めtopの画像

「最近白髪が気になってきた、、どうしよう?」

白髪は次から次へと生えてきますし、根本から白くなってきますから気になります。だからといって短期間に何度もヘアカラーを使うと髪や頭皮へダメージを与えることになるのでよくありません。白髪と同じくらい髪のダメージは気になりますので、ダメージを与えることなく白髪染めをしたいと思っている人は多いのではないでしょうか。そこで美容師がおすすめするのが白髪染めトリートメントです。白髪染めトリートメントは髪や頭皮にやさしいという特徴がありますので、安心して使用できるでしょう。

A さん
白髪染めトリートメントを使うとダメージが少ないの?
B さん
白髪染めトリートメントを使うといちいち髪を染めずに、週に何度かのトリートメントで染めることができます!まずは白髪の原因から紹介していきますね!

 

白髪の原因

悩む女性の画像

①食生活

髪を黒くしているのはメラニン色素です。栄養が偏るとメラノサイトの働きが悪くなって白髪の原因になります。過度なダイエットや塩分・糖分の摂りすぎ、肉に偏った食事や野菜ばかりの食事ではメラノサイトが十分に働くことができません。メラノサイトが十分に働けるように栄養バランスのよい食事を心がけましょう。タンパク質が豊富に含まれている大豆や大豆製品、メラノサイトの働きを良くしてくれるヨードやアミノ酸の合成をサポートしてくれる亜鉛などが豊富に含まれるワカメなど栄養バランスを考えて上手に取り入れましょう。
 

②ストレス

ストレスも白髪を防ぎたいなら注意が必要です。ストレスを溜めてしまうと自律神経のバランスが乱れてしまいます。そのため、メラノサイトの働きが悪くなってしまうので白髪の原因になります。ストレスを溜めてしまうと血行不良を招くためメラノサイトへの栄養供給もスムーズにいかなくなってしまいます。活性酸素も増えてしまうため、メラノサイトの働きが悪くなります。興奮状態も招いて栄養が消耗され、メラニン色素を作るための栄養が無駄に消費されてしまうことになります。ストレスは適度に発散するようにしましょう。
 

③睡眠不足

人間の体は眠っている間にも様々な作業をしています。そのため睡眠不足は白髪にも影響を与えます。眠っている間に髪の成長にも重要な役割を果たす成長ホルモンが活発に分泌されます。睡眠不足になると成長ホルモンの分泌がスムーズに行われなくなるので白髪の原因になります。また夜更かしなどで睡眠不足になると自律神経も乱れてしまいます。睡眠不足にならないように睡眠は十分にとって、メラノサイトが活発に働ける環境を整えるようにしましょう。

 

白髪染めをヘアカラーですることのリスク・デメリット

次に白髪染めをトリートメントではなく、ヘアカラーでするとどのようなデメリットがあるか解説していくね!

ヘアカラーで白髪染めを行うときにはキューティクルを無理矢理開かせて色素を入れているため、髪はダメージを受けやすくなります。白髪は定期的に染める必要がありますから、何度もヘアカラーで白髪を染めることでダメージは蓄積し、髪は傷んでパサつき、白髪が目立ちやすい老けた印象の髪になってしまいます。ケミカルな成分を使っているので頭皮へのダメージも大きいです。

白髪染めシャンプートリートメントであれば髪や頭皮に優しいですから、毎日でも使うことができて生え際の白髪もキチンとケアしていくことができますが、ヘアカラーの場合には間隔を空けて使う必要があります。
そのため次に染められるときがくるまで根本の白髪がそのままとなり目立ちやすいというデメリットもあります。

 

白髪染めトリートメントとは?

クエスチョンの画像
白髪染めトリートメントとは、白髪染めも行うことができるトリートメントです。シャンプーするときに使用することで白髪染めを行うことができるので手軽に白髪を染めることができます。髪や頭皮にも優しいですから毎日でも使うことができます。気になる臭いもありません。また、トリートメントですから髪もツヤツヤにすることができます。ヘアカラーのようにダメージによって髪がツヤを失って老けた印象になるのを避けることが可能です。毎日使えますから生え際の気になる白髪も無理なくケアすることができます。

 

白髪染めトリートメントのメリット・効果

 

①頭皮や髪に優しい

白髪染めトリートメントは頭皮や髪に優しいというメリットがあります。髪は頭皮から生えてきますのでダメージを与えないほうが髪によいです。頭皮に優しく白髪を染めることができる白髪染めトリートメントであれば薄毛を招く心配をせずに白髪を染めることができます。髪にダメージを与えることなく白髪を染めることができることで、ヘアカラーを使用したときのようなパサつきを防ぐことも可能です。トリートメントですからトリートメント効果でむしろ髪を綺麗にできるというメリットがあるのが白髪染めトリートメントのメリットです。
 

②簡単で時間がかからず染め残りが少ない

白髪染めトリートメントなら簡単に使うことができますし、時間もかからず、染め残りが少ないというメリットがあります。トリートメントですから毎日でもシャンプー時に使うことが可能です。放置時間もヘアカラーのように長時間とる必要はありません。テクニックも特に必要はなく、トリートメントのように使うだけで誰でも簡単に白髪を染められます。毎日でも使うことができますから、生え際の白髪も染めることができます。間隔を空ける必要がありませんから、気になるところがあったら何度でも染めることができます。
 

③コストパフォーマンスが良い

白髪染めトリートメントはトリートメントとしても使うことができますし、一回で使い切る必要もありませんのでコストパフォーマンスが良いです。普通のトリートメントのように必要な量を使用したら、残りは保管することができます。使用する量もトリートメントと同じくらいですから極端に早く無くなってしまうというわけではありません。トリートメントとしての効果もあって更に白髪が染められますのから白髪染めとトリートメントを別々に購入する必要もありません。白髪染めトリートメントだから極端に高いということもなく、コストパフォーマンス良く使うことができます。

 

白髪染めトリートメントがどのような人に向いている?

ポイント2
白髪染めトリートメントは、どなたでも便利に使うことができる白髪染めです。特に向いているのがヘアカラーなどを使用することができない、頭皮の弱い方や薬品に弱い方です。刺激が少ない白髪染めですから、敏感肌の方でもヘアカラーなどに比べると安心して使えるようになっています。毎日でも使うことができますので生え際の白髪が気になるという方にも向いています。また髪にツヤを与えながら白髪を染めることができますので髪のパサつきが気になるという方の白髪染めにも向いています。

 

白髪染めトリートメントの選び方

 

(1)染料や有効成分

白髪染めトリートメントを選ぶときには染料や有効成分をしっかりチェックしましょう。天然成分を使っている白髪染めトリートメントも多いですからケミカルな成分を避けたいという方は染料や有効成分をしっかりチェックして選ぶと良いです。髪にツヤが欲しい、ダメージが気になるという方は有効成分がたっぷり配合されているものを選ぶとよいです。白髪もボリュームも気になるという方に向いている製品もありますから、有効成分をしっかりチェックして希望に合うものを選びましょう。
 

(2)ジアミンを避ける

ジアミンはヘアカラー剤などによく配合されている化学染料の一つです。ジアミンは少ない色素で髪の毛に濃い色を発色させるのに便利な成分ですが、髪に与えるダメージが大きいことに加えて、頭皮への刺激も強く、人によってはアレルギーを引き起こしてしまう可能性もあります。「短時間で染まる」や「とても良く染まる」などと謳っている白髪染めトリートメントの中にはジアミンが配合されているケースがありますので、注意が必要です。成分表示の中に、「PPDA」「パラフェニレンジアミン」と表示されているとジアミンです。

 

女性におすすめの白髪染めトリートメントランキング5選

それでは、みなさんお待ちかねの白髪染めトリートメントのランキングです!是非お気に入りのものを見つけてくださいね!

 

①プリオール カラーケアコンディショナー

メーカー 資生堂
価格/内容量 1,382円/シャンプー&コンディショナー
商品特徴 シャンプー、コンディショナー、ヘアーブラシセット

PRIORは加齢と上手に付き合いながら、私らしく輝きたいと願う女性たちのために、大人ならではの悩みを研究し生まれたブランドです。
黒髪メークで生え際白髪を目立たなくするカラーコンディショナーで、天然海藻エキスの保湿成分も配合されているため、髪のダメージ補修までしてくれます。色つやマニキュア効果で髪に少しずつ色合いを与えて、つやのある美しい髪色に整えます。根元から立ち上がるふんわりボリュームアップ処方。ダメージをケアしながら指通りのなめらかさをかなえてくれます。

このトリートメントはこんな人にオススメ

  • 白髪ケアと共に髪のボリュームアップもしたい方

 

公式ページはこちら

 

②マイナチュレオールインワンケアカラートリートメント


マイナチュレオールインワンケアカラートリートメントの画像

メーカー レッドビジョン
価格/内容量 3,000円(初回)/200g
商品特徴 「染まり」にこだわったトリートメント

マイナチュレオールインワンケアカラートリートメントは白髪を集中ケアすることにこだわって開発された業界初のオールインワンケアカラートリートメントです。15年間美容師、カラーリストとして働いてきた開発者がどのような白髪でも染まるように染料成分の配合を調整しています。「染まり」は1回目から実感している人が多く、96.1%の人が白髪がよく染まると実感しています。また、髪のダメージをケアするホホバオイルやアルガンオイルを配合していることで染めた後のパサつきやきしみを無くし、指通りの良い髪質へと導きます。

このトリートメントはこんな人にオススメ

  • 白髪の集中ケアをしたい人

 

公式ページはこちら

 

 

③POLAグローイングショットカラートリートメント



メーカー 黒ばら本舗
価格/内容量 1,600円/500ml
商品特徴 アミノ酸やセラミドを贅沢に配合

グローイングショットカラートリートメントは、14種類のアミノ酸、5種類のセラミドなどの毛髪補修成分が配合されています。そのほかにも、コラーゲンやセイヨウナシ発酵エキスなどの美容成分を含んでおり、ハリ・コシのある髪を目指すための白髪染めトリートメントです。鮮やかな黒髪に整える黒米エキスも配合されています。髪のダメージを補修しながら髪を染めることができ、繰り返し使うことで深い色と艶のある美髪になれるということが特徴です。

このトリートメントはこんな人にオススメ

  • 髪にハリ・コシが欲しい方

 
公式ページはこちら

 

 

④レフィーネ ヘッドスパ トリートメントカラー


レフィーネ ヘッドスパ トリートメントカラーの画像

メーカー スヴェンソン
価格/内容量 3,394円(定期コース)/300g
商品特徴 癒して染めるトリートメント

レフィーネトリートメントは「癒して、染める」をキーワードに作られた白髪染めトリートメントです。養毛成分を配合することで髪にハリやコシを与え、ボリュームアップ効果が期待できることに加え、ヘッドスパとしての効果をプラスしています。12種の頭皮ケア成分をはじめ、ケラチン・コラーゲン・浸透型アミノ酸など髪のダメージを補修する成分を配合することで白髪染めだけでなく、艶やかな仕上がりを実現します。肌に刺激の少ない成分を厳選して配合しすることで、より深く、濃い仕上がりへと導きます。

 

公式ページはこちら

 

 

⑤キラリカラートリートメント



メーカー 黒ばら本舗
価格/内容量 1,600円/500ml
商品特徴 植物の力でサラサラな素髪に!

こちらは、新発想の泡のカラートリートメントになります。浸透に着目して開発されたヘアケアキューブでキューティクルへの負担を減らし、艶や美容成分などが髪の内部へ浸透するのを促します。染料に植物由来の天然成分であるクチナシ、カンゾウ根エキス、アカミノキ木エキスを配合し髪に優しく徐々に濃い髪色へと染め上げていきます。19種類の美容成分も含まれており、髪のダメージを補修しながらハリやコシがある髪へと導きます。泡タイプですので、髪の一本一本に密着しむらなく染めることができるのも特徴です。

公式ページはこちら

 
 

男性におすすめの白髪染めトリートメントランキング5選

 

①LpLpヘアカラートリートメント



メーカー 黒ばら本舗
価格/内容量 1,600円/500ml
商品特徴 植物の力でサラサラな素髪に!

LpLpヘアカラートリートメントは無添加のカラートリートメントです。髪に優しい微アルカリ性ですので、染まりやすく落ちにくくなっています。ガゴメ昆布に含まれるフコイダンを配合しており高い保湿力が特徴です。染めるたびに、しっとりツヤツヤで輝き溢れる髪になります。頭皮と髪に優しい植物由来の天然染料、紅花・クチナシ・藍の葉と茎などを使用しているので、髪や頭皮にダメージを与えずに白髪染めをすることができます。肌の弱い人にも使っていただける刺激の少ないタイプです。

公式ページはこちら

 
 

②玉髪ヘアカラートリートメント



メーカー 黒ばら本舗
価格/内容量 1,600円/500ml
商品特徴 髪や頭皮にやさしいトリートメント

玉髪ヘアカラートリートメントは、優しさにこだわった密着イオンカラー技術でしっかりと白髪を染めながら、髪や頭皮に優しいものになっています。無添加で、紅花・アナトー・クチナシの天然染料を使用していますので安心です。また、椿をはじめバラ、ハチミツ、ザクロなどの8つのトリートメント成分を配合しているので、髪を補修しながらコシのある美しい髪になります。ハリやコシがでることで、ふんわりとした仕上がりになるのも特徴です。

公式ページはこちら

 
 

③スカルプDヘアカラーコンディショナー ナチュラルブラック

ヘアカラーコンディショナー ナチュラルブラックの画像

メーカー アンファー
価格/内容量 2,300円/150g
商品特徴 白髪の根本からケア

スカルプDのヘアカラートリートメントは白髪に悩む男性におすすめの商品です。W毛髪浸透成分で男性の染まりにくい髪でもしっかり染め上げます。白髪を根本からケアするだけでなく、コラーゲンや擬似セラミドの効果により、髪を保湿します。また、髪にハリやコシを与え、抗菌・抗炎症効果のある機能性ペプチドやキューティクルの隙間を埋め、整えることで髪を強く太くする効果のあるアシル化ケラチンや浸透アミノペプチドを贅沢に配合しています。

40が近づいてきた頃から、白髪が目立ち始めたので試しに買って見たら、ほとんどめだたくなりました。このまま、これを使い続ける予定でいます。

出典:公式サイト

公式ページはこちら

 
 

④テンスター ヘナ カラートリートメント

テンスター ヘナ カラートリートメントの画像
メーカー 三宝商事
商品特徴 ダメージケア&白髪染め

テンスターヘナカラートリートメントは男性の染まりにくい髪をヘナエキスダメージを補修しながらしっかりと白髪を目立たなくしていきます。ノンシリコンで無香料にもこだわっており、肌が弱い人や臭いに敏感な人でも安心して使用できるでしょう。加水分解ケラチンを配合していることで髪にコシを与え、ボリュームアップ効果も実感できます。安価で購入できるのも使用し続ける上で嬉しいポイントです。

安く買えてすごく得した気分です。いつも使ってるので少しでも安く買えるのは嬉しいです。

出典:yahoo!

Amazonで詳細を見る

 
 

⑤LaSana ヘアカラートリートメント

LaSana ヘアカラートリートメントの画像

メーカー ヤマサキ
価格/内容量 2,480円/180g
商品特徴 根本・生え際までしっかり染める

LaSanaヘアカラートリートメントは男性にも女性にも人気の白髪染めトリートメントです。髪の内側を染める「マイクロ染料」と外側を染める「イオン化染料」のダブル配合でで内側・外側を根本から染め上げます。通常の白髪染めトリートメントよりも色が入りやすいのは赤系・青系・黄系の3種類の植物由来天然式をを配合しているためです。また、生え際や根本から白髪をケアすることに加え、美髪成分の効果が髪に潤いを与え、艶のある髪へと導きます。

公式ページはこちら

 
 

白髪染めトリートメントの使い方

トリートメントをしている画像

①よく揉み込む

白髪染めトリートメントは髪の表面に色素が吸着して色が付くようになっています。髪の内部にまで色素が入り込むわけではありません。そのためしっかりなじませないと色の定着が悪くなることが考えられます。ヘアカラーに比べると色が付きにくいことが考えられますので、しっかり塗って揉み込むようにして使うほうが効果的です。クシやブラシといったものを使用する方法もありますが、最後は手で揉み込むほうがしっかりと色が付きやすくなります。しっかりなじませて髪の表面に色素が残るようにしましょう。
 

②少し時間を置く

白髪染めトリートメントの色素をしっかりと定着させたいなら少し時間を置くほうが効果的です。製品によっても異なりますが、長めに、という指定がある製品であれば30分から1時間程度を目安に放置すると染まりやすくなります。5分程度の放置時間でしっかり染まるような製品もありますから、説明書をよく読んで放置時間は決めましょう。どの白髪染めトリートメントでも少しは時間を置くほうが良いですから、トリートメントだからといって塗ってすぐ流してしまうような使い方は避けるようにしましょう。

 
 

白髪染めトリートメントで染まらない場合

白髪染めトリートメントを使用しても上手く染まらないという悩みがある人は、下記のポイントに気をつけてみましょう。
 

(1)3回続けて染めてみる

メーカーによっては白髪染めトリートメント1回では思ったより上手く染まらないケースがあります。1回で上手く染まらない原因は髪の痛み具合やトリートメントの色によったりと様々ですので、その際は3回ほど続けてトリートメントしてみましょう。もし、続けて染めても色が入らない場合は選んだ色が間違っている可能性があります。
 

(2)時間をおく

メーカーにより、白髪トリートメントをした後の放置時間は様々ですが、短くても30分は必ず待つようにしましょう。時間は正確に測るようにして、大体の時間で測るのはやめましょう。放置時間が短すぎてはトリートメントの染色効果が発揮されない可能性もあるため時間に気をつけましょう。
 

(3)色選びを大切にする

自分でカラーをしたことがある多くの人は、染色剤の箱などに載っているイメージカラー通りにならないという経験をしたことがあるのではないでしょうか。それは自分の髪が暗めな色だとカラーが入りにくく、明るいと入りやすかったりすることがあるためです。白髪染めトリートメントの場合も、ヘアケアのプロから直接教えてもらうことができないため、色選びは美容師が解説しているおすすめランキングを参考に選びましょう。

 
 

白髪染めトリートメントを使用する頻度について

チェック画像
白髪染めトリートメントを使用する頻度は、目的別で変わってきます。白髪染めトリートメントを使用する目的を大きく分けて、

  • 白髪が目立つ場合の集中ケア
  • 白髪対策・退職防止

に分けてそれぞれの最適な頻度について解説していきます。
 

(1)白髪が目立つ場合の集中ケア

白髪が多く目立ってしまう場合には、白髪染めトリートメントで綺麗に染める必要があります。しかし使用してすぐに効果が見られるわけではありませんので、毎日継続して使用するようにましょう。染色が遅い人でも5日もあれば白髪が目立たない程度まで染まります。自分が満足するまで染まってからは自然に他の黒髪と同化させることができます。白髪染めトリートメントを使用する場合は先ほど説明した「白髪染めトリートメントで染まらない場合」の方法を意識しましょう。
 

(2)白髪対策・退色防止

白髪染めトリートメントを白髪の対策退色防止として使用する場合は毎日使用する必要はありません。白髪染めをした髪の退色防止として使用する場合、頻繁に白髪染めトリートメントを使用していると退色を防止するどころか、逆に退色の原因となってしまうことがあります。そのため、白髪対策や退色防止として使用する場合は3日に1回のペースが最適な頻度となります。白髪の目立ち具合にによって頻度を高めていくように意識しましょう。

 
 

白髪染めトリートメントで白髪対策をしましょう

白髪を増やさないためには生活習慣も大切です。予防できる範囲のことは意識して白髪を増やさないようにしましょう。
今回紹介したように、白髪を染めるには髪や頭皮へのダメージが大きいヘアカラーだけでなく白髪染めトリートメントを選ぶという方法もおすすめです。白髪染めトリートメントであれば、髪や頭皮に優しく白髪を染めることができます。髪や頭皮を傷めずに白髪を染めたいなら自分に合った白髪染めトリートメントを選び、コツを押さえた使い方をして上手に染めましょう!