【厳選】美容師が選ぶフケにおすすめの市販のシャンプー 7選!!

TOP画像

 
フケや頭皮の痒みで悩んでいる方はいませんか?
毎日シャンプーで髪を洗っていても、ぱらぱらと細かいフケが落ちてきたり、頭を掻くと爪にひっかかる大きな塊が取れたりすることがあります。これらフケの正体は、頭皮の表面が古くなって剥がれ落ちた角質です。新陳代謝によって古い細胞が剥がれるのはごく普通のことですが、通常は小さくて目に見えるものではありません。

ところが新陳代謝の働きが乱れると、角質がごっそりとれてしまうため、目に見える大きさの塊となってしまいます。乾燥した頭皮に起こる乾性フケと皮脂が過剰な頭皮に起こる脂性フケの2種類があります。今回はそんなフケの原因や対策方法について解説していきます。

 
 

A さん
冬場になると特にフケが気になってしまう。
B さん
乾燥肌の方は特にフケが多くでる傾向にあります。フケ対策シャンプーも紹介していくのでしっかり覚えていってね!

 
 

フケの原因

 

ストレスの影響

 
フケが発生する原因はいくつかありますが、そのうちのひとつがストレスです。ストレスが過剰にかかると代謝が悪くなり、血液の流れも悪くなります。頭皮の血行が悪くなると、頭皮全体に酸素や水分が充分に行き渡らなくなります。すると頭皮が乾燥してしまい、角質が剥がれやすくなって大きな塊で取れてしまい、乾性フケにつながってしまうのです。

また、ストレスはホルモンバランスを乱しますので、男性ホルモンの働きが過剰に活発化することがあります。その結果、皮脂分泌が盛んになり、頭皮がべとつくようになります。すると脂性フケができてしまうのです。できるだけストレスをためないように、適度に発散するよう心がけることが重要です。

 

脂漏性皮膚炎

 
頭皮が脂漏性皮膚炎にかかっている可能性もあります。脂漏性皮膚炎はマラセチア菌が原因で起こる皮膚疾患のこと。この菌は健康な肌にも存在するもので、ふつうは問題ありません。しかし、皮脂に含まれる中性脂肪を好む性質があり、頭皮に過剰に皮脂が分泌されると繁殖してしまいます。

中性脂肪を分解し、その分解物によって皮膚を刺激して痒み、赤みや炎症も引き起こします。脂漏性皮膚炎は放置しても自然に治る可能性は低いため、皮膚科を受診して適切な治療を受けることが大切です。

 

頭皮環境の悪化

 
頭皮の環境の悪化も、フケの原因となります。たとえば洗浄力の強い市販のシャンプーを使うと必要な皮脂や潤いまで取り除いてしまうことがありますが、それが頭皮には良くありません。必要な皮脂や潤いが取り除かれてしまうと、乾燥して血行が悪くなって栄養や酸素がいきわたらなくなり、新陳代謝が低下してまってフケへとつながるのです。

また市販のワックスなどの整髪料による刺激も、頭皮の状態を乱してフケにつながります。頭皮をしっかり洗わずに不潔な状態になっている場合も雑菌が繁殖しますので、頭皮の環境は良くなく、フケや痒みを引き起こします。

 
 

フケ予防シャンプーの選び方

次にフケを予防してくれるシャンプーの選び方について解説していくね!

 

アミノ酸洗浄成分

市販のシャンプーは、配合されているメインの洗浄成分によって高級アルコール系、石けん系、アミノ酸系に分かれます。このうち肌にもっとも優しいのはアミノ酸系シャンプーです。アミノ酸系シャンプーは洗浄力が比較的マイルド。高級アルコール系や石けん系の洗浄剤が配合された市販のシャンプーは、汚れだけでなく水分や皮脂をとりすぎてしまうことがありますが、アミノ酸系はそんな心配がありません。

また天然の保湿作用があり潤わせてくれるため、頭皮の環境が良好になります。市販のシャンプーの中には、高級アルコール系洗浄剤を使用しアミノ酸系成分も少し配合して「アミノ酸配合シャンプー」として販売しているものがあります。市販シャンプーを購入するときは、成分をよく確かめることが大切です。

 

ノンシリコン

多くの市販のシャンプーにはシリコンが配合されています。シリコンは髪をコーティングしてつるつるした手触りを与えてくれる成分です。体に悪いように思われることがありますが、物質的に安定していて安全で、身体に害はありません。

しかし、地肌や髪に吸着して被膜を作り、洗い流しても残ることがあります。そうなると、シリコン入りシャンプーを使い続けるたびに蓄積されることになりますので、頭皮にとってあまり良くありません。市販のシャンプーを選ぶときは、ノンシリコンのものを選ぶのがおすすめです。

 

フケ予防や育毛に良い有効成分

スカルプケアなどの効果を謳っている市販のシャンプーの中には、フケの予防や育毛効果のある有効成分を配合している物があります。有効成分とは穏やかな薬理作用が認められる成分のこと。

この成分が配合されている市販シャンプーは医薬部外品になり、肌トラブルの予防や改善に一定の効果が期待できるとされています。サリチル酸やピロクトンオラミン、グリチルリチン酸2K、ジンクピリチオンなどが薬用シャンプーに良く使われている成分です。

 
 

美容師がおすすめする市販のフケに悩む人向けシャンプー7選!!

 
 

①チャップアップシャンプー


 

メーカー ソーシャルテック
価格/内容量 4,180円/490ml
洗浄成分(界面活性剤) アミノ酸系洗浄成分
シリコン ノンシリコン
商品特徴 美容師やスタイリストが使ってほしいシャンプー1位!

フケの予防や改善には頭皮の環境改善が必須です。そのためには、低刺激で、洗った時によぶんな皮脂はきちんと落としながら、潤いは奪わないことが大切です。チャップアップシャンプーは洗浄成分として5種類のアミノ酸系界面活性剤を配合し、すっきり洗い上げることができながら低刺激です。トリイソステアリン酸PEG-120メチルグリコースやメチルグリセリンが保湿成分として働き、セージ葉エキスやローズマリー葉エキスなどの10種のオーガニックエキスが血行促進や抗酸化に働き頭皮環境の改善に作用するでしょう。鉱物油や合成着色料、パラベンなどの添加物が入っていませんので、頭皮を刺激することもありません。市販のシャンプーの中でも、男性にも女性にもおすすめできる低刺激でフケ予防や改善にも良い商品です。

このシャンプーはこんな人にオススメ

  • 頭皮環境をしっかりと改善したい方

 
公式ページはこちら

 
 

②haruシャンプー

haru黒髪シャンプー画像
 

メーカー nijito
価格/内容量 3,600円/400ml
洗浄成分(界面活性剤) アミノ酸系洗浄成分
シリコン ノンシリコン
商品特徴 植物由来&無添加で髪のことをしっかりと考えたシャンプー

洗浄成分としては、ココイルグルタミン酸TEAやコカミドDEA、ココイルメチルタウリンNaなどのアミノ酸系のみを使っています。低刺激ながら適度な洗浄力ですっきりした洗い上がりとなるでしょう。グリセリンやココイル加水分解コラーゲンKのほか、ビワ葉エキスやカミツレ花エキスなど保湿効果や血行促進、抗炎症作用などが期待できる成分が多数配合されています。自然な力で頭皮を潤し、フケなどのトラブルを抑えてくれます。フケとは関係ありませんが、高い育毛効果のあるキャピシルや毛髪補修効果のあるジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ヘマチンなどが配合されているのも特徴です。またオールインワンタイプでコンディショナーがいらず、この品質の市販シャンプーの中ではかなりお手軽な価格です。フケやかゆみのほか、白髪や抜け毛が気になりだした女性にもおすすめです。

手のひらに適量をのせ、そんなに泡立てず、髪に投入。手触りにヌルっとした感じがありましたが、不快ではありませんでした。マッサージしながら洗っていくと泡立ちもよく、すすぎの際に気になってた抜け毛も指にからまるように付いていたのに、それがなかったです。(多少は抜けてたんでしょうけど)髪を乾かすと、地肌がスッキリした感じがありました。何よりフワ・サラッと仕上がったので良かったです。

出典:@cosme

このシャンプーはこんな人にオススメ

  • 低刺激のシャンプーを探している方
  • 育毛効果のあるシャンプーを探していた方

 
公式ページはこちら

 
 

③コラージュフルフルネクストシャンプー




 

メーカー 持田ヘルスケア
価格/内容量 1,600円/200ml
洗浄成分(界面活性剤) アミノ酸系洗浄成分
シリコン ノンシリコン
商品特徴 フケやかゆみなどの頭皮の悩みに適したシャンプー

本気でフケとかゆみを防ぎたい人のための薬用シャンプーです。有効成分が配合された医薬部外品になります。すっきりさらさらタイプとうるおいなめらかタイプの2種類があります。すっきりさらさらタイプは、洗浄剤としてベタイン系とメチルアラニン系のアミノ酸洗浄成分を配合。低刺激ですが、すっきり洗える組み合わせです。有効成分であるミコナゾール硝酸塩やピロクトンオラミンががフケや痒みに効きます。頭皮のケアに特化したシンプルな内容です。頭皮がべたつく人はこちらがおすすめ。うるおいなめらかタイプもベタイン系とアミノ酸系成分で、適切な洗浄力がありながら刺激はマイルドなバランスになっています。有効成分はすっきりさらさらタイプと同じで、フケや痒みに効果が期待できます。ポリマーが配合されていて、つるりとした手触りになるでしょう。頭皮が乾燥しやすい人や髪が長く絡まりやすい人はこちらがおすすめです。

このシャンプーはこんな人にオススメ

  • フケとかゆみにお悩みの方

 
公式ページはこちら

 
 

④スカルプD ボーテシャンプー




 

メーカー アンファー
価格/内容量 3,900円/350ml
洗浄成分(界面活性剤) アミノ酸系洗浄成分
シリコン ノンシリコン
商品特徴 シャンプー+コンディショナー+エッセンス

主な洗浄成分としてアミノ酸系成分を配合し、洗浄力を補うために合成界面活性剤が配合されています。しっかりした洗浄力が期待できるでしょう。有効成分ピクロトンオラミンやグリチルリチル酸2Kがフケや痒みの予防と改善に働きます。また、毛髪の補修成分として豆乳発酵液ソイセラムが入っているのが特徴。女性ホルモンに似た働きをし、頭皮を整えるだけでなく、育毛にも効果を発揮します。そのほか保湿や毛髪補修成分も多数が入っていますので、フケや痒みだけでなく、ダメージケアをしたい女性にもおすすめです。

 
公式ページはこちら

 
 

⑤モンゴ流シャンプー

モンゴ流シャンプーの画像
 

メーカー アルファウェイ
価格/内容量 4,980円/400ml
洗浄成分(界面活性剤) アミノ酸系洗浄成分
シリコン ノンシリコン
商品特徴 髪と頭皮をキレイに健やかに保つシャンプー

主な洗浄剤としてアミノ酸系洗浄成分を配合し、洗浄力をカバーするためにオレフィン(C14-16)スルホン酸が入れてあります。少し刺激が気になるところですが、しっかりした洗い上がりで皮脂分泌が多い人やワックスをがっちり使う男性でもきれいに落とすことができるでしょう。ラウリン酸ポリグリセリル―10をはじめ、多様な保湿成分が入っていますので、保湿力が期待できます。頭皮を潤して乾燥を防いでくれるでしょう。またグリチルリチル酸Kや、消炎・抗炎症作用のある天然成分がたくさんはいっていますので、フケや痒み、炎症の改善に働いてくれます。消臭効果のあることで有名な柿タンニンで、頭皮の臭いが気になる人も安心です。

公式ページはこちら

 
 

⑥持田ヘルスケア コラージュフルフルスカルプシャンプー


 

メーカー 持田ヘルスケア
価格/内容量 2,700円/360ml
洗浄成分(界面活性剤) アミノ酸系洗浄成分
シリコン ノンシリコン
商品特徴 殺菌成分配合

コラージュフルフルスカルシャンプーの最大の特徴は、ミコナゾール消炎酸やピロクトンオラミンでフケの原因菌の増殖を抑えるほか、アルニカエキスやオランダカラシエキス、セイヨウキズタエキスなど、抗菌作用の高い植物エキスを多く配合しているということ。徹底的にフケの原因菌を抑えることに注力しています。洗浄剤はラウロイルメチル-β-アラニンNa液などのアミノ酸系で、低刺激でありながら比較的しっかりした洗浄力があります。皮脂が過剰に分泌して脂性フケに困っている人向けです。

 
公式ページはこちら

 
 

⑦柿のさち スカルプシャンプー

柿のさちシャンプーの画像
 

メーカー マックス
価格/内容量 2,592円/500ml
洗浄成分(界面活性剤)
シリコン ノンシリコン
商品特徴 柿渋エキスと炭のWウォッシュ

【男性向け柿のさちスカルプシャンプーの商品紹介】
柿のさちスカルプシャンプーは柿の渋み成分タンニンと清浄成分の薬用炭が入っていることが大きな特徴です。炭の粒子によって頭皮の汚れや古い角質を取り除くので、フケの発生を抑えることができます。また柿のさちは臭いケアに注力しているシリーズ。スカルプシャンプーにも配合されている柿タンニンが、頭皮の臭いをとるのに働きます。有効成分グリチルリチル酸ジカリウムが、頭皮の炎症をケアしてフケや痒みを抑えてくれるでしょう。茶エキスやクマザサエキス、セージエキスなどの天然保湿成分でしっとりした潤いも期待できます。主な洗浄成分としてラウレス硫酸Naが使われています。皮脂を取り除いてすっきりした洗い上がりになりますが、刺激がやや気になる成分のため、敏感肌の人はあまり向いていないかもしれません。

 
公式ページはこちら

 
 

まとめ

 
フケ予防や頭皮環境改善に効果のある市販シャンプーをご紹介してきましたが、いかがでしたか。せっかく毎日シャンプーをしても、頭皮にあっていないものを使うとフケなどのトラブルを招いてしまいます。不潔な印象を与えてしまうことにもなりますので、頭皮トラブルにお悩みの方はまずはシャンプーを変えてみることをおすすめします。たくさんの種類が市販されていますので、ぜひ自分にあったものを見つけてください。