【美容師が解説】白髪の原因とは?予防方法も解説!

TOP画像

 
白髪の原因について知っていますか?

年々歳を重ねるたびに増えてくる白髪ですが、実は白髪の原因は年齢だけではないのです。髪のスタイリング時に白髪が気になったり、鏡を見るたびに白髪が気になってしまったりする方も多くいます。しかし、白髪の原因を知り、正しい白髪予防をすれば白髪に悩むことは無くなるのかもしれません。今回はそんな白髪について美容師が分かりやすく解説していきます。
 
 

A さん
白髪の原因は年齢だけではないの?
B さん
白髪の原因は年齢以外にもいくつか考えられます。白髪の原因をしっかり把握し、適切な白髪予防をしていきましょう!

白髪の原因とは

 

①栄養バランスの悪い食事・食生活

髪の色になるメラニン色素が不足すると、色のない白髪となります。このメラニン色素は毛根や頭皮に十分な栄養が行きわたらないと作られません。特に現代人の食生活では不足しがちなミネラル類は、メラニン色素を作るために必要な酵素やチロシナーゼが働くためには欠かせない栄養素です。

脂っこくて味が濃い食事を毎日のように続けていては栄養バランスが偏りますし、ダイエットによって極端に栄養をとらないような食事をするのも髪の毛はもちろんのこと健康や美容に良くありません。若いのに白髪が多いと感じる場合には食生活が悪いという髪の毛からのサインです。

 

②血行不良

頭皮には無数の毛細血管が張り巡らされています。血管内では栄養や酸素が行き交い、それが毛根に届くことによって新しい髪の毛が生えたり、すでに生えている髪の毛を健康的で丈夫な状態にしてくれます。しかし、血行が悪いと十分な栄養や酸素が届かなくなってしまうため髪の毛自体が元気がない状態になってしまい、抜けやすくなったりコシがないような状態になってしまいます。

白髪になるのも同様で、たとえ食生活を正して十分な栄養補給を行っていたとしても、それが頭皮まで届かなければ意味がないのです。食生活には気を配っているという人が白髪の場合には血行不良も疑った方が良いでしょう。

 

③睡眠不足

睡眠中というのは成長ホルモンが盛んに分泌される時間帯です。昔から「寝る子は育つ」と言われているのはこのためで、しっかり寝ることで自律神経をととのえることができ、成長を促します。

そもそも自律神経はこの成長ホルモンの分泌や血行などをコントロールしているので、自律神経が乱れているとホルモン分泌をコントロールすることができないだけではなく、血行不良を招く要因にもなるので体を白髪ができやすい状態にしてしまいます。

 

④ストレス

白髪の人は周りから見ても疲れている印象を与えます。これは人が無意識にストレスと白髪に強い関係性があることを理解しているためです。ストレスは目に見えないからこそ人は鈍感になってしまったり、気づいていても気づかないふりをしてしまいがちですがこれが体へ悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。

ストレスを抱えていると食欲不振になって十分な栄養補給ができなくなったり、血行不良になることから体内に取り込まれた栄養や酸素が十分に行きわたらなくなります。

 
 

白髪を予防する習慣

次に白髪予防について解説していくね!

 

①食生活の改善

食べたものの影響というのは健康や美容において顕著に表れます。つまり黒くて健康的な髪の毛を維持したいのであればしっかりと栄養バランスのとれた食事を心がけることが最も有効な予防法であり対策だと言えるでしょう。大人の事情によって時には脂っこいものや味が濃いものを食べることもあるでしょう。それが決して悪いというわけではありませんが、その分しっかりミネラル類やビタミン類を摂取するようにして偏った部分をカバーするようにすれば問題はありません。

また髪の毛は一度抜けたらその毛穴からは一生生えてこないというわけではありません。白髪が生えたとしてもそこから新たに黒い髪の毛が生えてくる可能性も十分にあるので、諦めずに毎日の食生活を正すことで白髪対策となるでしょう。

 

②質のいい睡眠

睡眠の質を良くすることで自律神経をととのえ、成長ホルモンの分泌を促すことができます。そうするためには寝具を自分に合ったものにしたり、十分な睡眠時間を確保することなどが具体的な方法として挙げられます。寝る前に軽くストレッチをすると血行が良くなって体が温まるので、スムーズに眠りに入ることも期待できるでしょう。

それ以外にも寝る前にスプーン1杯のはちみつを食べるようにすると、はちみつの成分によってホルモン分泌が促されるため白髪対策としても有効です。カロリーがあるので食べ過ぎは良くありませんが、適度な摂取は体に良いだけではなく精神的にも安らぎを与えてくれます。成長ホルモンの分泌によって白髪対策になるだけではなく、脂肪燃焼効果もあるので一石二鳥の効果を得ることができます。

 

③血流を良くする

体中に栄養と酸素を届けているのは血液です。質が悪ければ病気を招きますし、質が良ければいつまでも若々しく元気な体を維持することができます。髪の毛も同様で、黒くてしっかりとした髪の毛が生えるようにするためには血流の良さが必要です。方法としてはいくつか挙げられますが、健康にも良いという面で言えば適度な運動です。

栄養の吸収率も良くなりますし、適度に体を動かすことで筋肉がポンプの役割を果たしてくれるのでより血流が良くなります。それだけではなく、毎日の入浴をシャワーではなく湯船につかるようにしたり、マッサージで血流を良くするなどもあります。生活スタイルに合わせてできることを毎日行うことでそれが白髪対策となるのです。

 

④頭皮マッサージ

どんなに髪の毛に良い生活を送っていても白髪が目立つようになったり、同時に抜け毛にも悩まされるというような人もたくさんいます。老化だと諦めてしまう人も多いのですが、実はそれは頭皮に汚れがたまっていたり、詰まりがあって十分な栄養が届いていない可能性があります。頭皮マッサージを行うことで血行を促進させることができるだけではなく、汚れをとって血管の詰まりを解消すれば一気に髪質を改善させることが期待できます。

栄養が十分に届くようになれば黒くて健康的な髪の毛も生えてくるでしょう。毎日のシャンプー時に軽く頭皮をマッサージしてあげるのを習慣づけたり、時には美容院でプロにマッサージしてもらうというのも効果的です。

 

⑤ストレスを開放する

ストレスの軽減は髪の毛においてだけではなく健康や美容など様々な面において必要不可欠です。具体的にストレスを開放させるためにはどうすればいいのかというのは人によって異なります。まずは自分がそうすればストレスを発散させることができるのかを考えてみてください。美味しい物をたくさん食べることであったり、趣味に没頭すること、思う存分寝るなど様々でしょう。

中には髪の毛にとって良くない方法もあります。例えば甘い物をたくさん食べるというのは心には良いかもしれませんが血行不良を招いたり、栄養不足になることから髪の毛には決して良いことではありません。だからと言って我慢していてはストレスに押しつぶされてしまう可能性があるので、時には髪の毛のことよりもストレスを開放させるためになることを優先させても良いでしょう。ただそれが頻繁にならないようにだけ注意しなければなりません。

 
 

まとめ

白髪は年のせいだと考えている人もいますが、決してそれだけが原因なわけではありません。特にストレス社会で生活習慣が乱れやすい現代だからこそ若くても白髪に悩まされている人はたくさんいるのです。まずは自分の今の生活が髪の毛にとって優しいものかどうかを見直してみることから始めましょう。

そして少しずつ改善させていくことによって、白かった部分からまた黒い髪の毛が生えてくる可能性があります。年のせいだと決めつけるのではなく、再び健康的な色の髪の毛が生えてくるような努力をすることが大切です。