【女性向け】あなたに合うパーマの種類とは?

TOP画像

 
女性のみなさん、自分にあったパーマの種類を知っていますか?

他の人が綺麗なヘアスタイルをしているだけで注目してしまいますが、女性には多くの種類が存在しそのどれが自分に合っているのかを把握する事は困難です。特にパーマは髪型だけでなく掛ける方法も多数存在しているので、それらを把握した上で美容師に相談し自分の魅力を際立たせる事が必要です。

髪質によっては最適なセット方法もあり、中には癖毛を活かせるようなセット方法もあるため、自分に眠るオシャレの可能性を模索するためにもまずはセット方法を熟知してみましょう。
 
 

A さん
女性向けのパーマは種類が多すぎて選ぶのに困ってしまう。
B さん
この記事で女性向けのパーマについてしっかり解説していきますので、ぜひ参考にしてみてね!

 
 

パーマとは?

 
薬品や電気で髪型を人工的に固定する方法をパーマと呼び、ファッションの一部として美容師が様々な方法で髪の毛にアプローチを施します。近年では複数のセット方法を併用する物や機械的にセットして、固定力を高めた方法まで存在しています。

また、薬剤の近代化も進んでおり、どの方法で施しても髪の毛の負担が軽減できるようになっているため、頭皮の状態を理解すればより多くの人に施せるようになった傾向が強く現れています。

 
 

女性向けパーマの種類

次にパーマの種類について解説していくね!

 

水パーマ

マイナスイオンを使ったナノスチームで行う水パーマは、髪の毛に負担を掛ける事なくセットができます。なので不規則な生活で髪の毛に含まれる水分バランスが崩れている人にお勧めのセット方法です。

ナノスチームの影響で噴射するトリートメントやスタイリング剤の浸透力が高いので、髪の毛の手入れに割ける時間がない人にもお勧めできます。オシャレを楽しみたい人にも、カラーリング剤の浸透力を高める効果が水パーマにはあるので、色艶の良い仕上がりを希望する方は積極的に美容師に相談してみましょう。

 

コールドパーマ

使用するロッドの種類によって仕上がりを自由にコントロールできるのがコールドパーマなので、頻繁にヘアスタイルを変えたい人にお勧めです。複数のロッドを使いわける事で髪の毛全体に複数の変化をつける事も可能なので、デザイン性の高い仕上がりを望む方にもお勧めです。抽象的なデザインの髪型にしやすい傾向が強く、柔らかい雰囲気を演出したい人には特にお勧めできます。

さらにこのセット方法は短い髪の毛の方にも掛けられるため、ボブヘア等顔の輪郭が際立つヘアスタイルが好みの方にもお勧めできます。定着力も比較的高く、癖のある髪の毛の方でも手軽にファッションを楽しめるメリットもあるので、汎用性が高い特徴もあります。より効果を高くするには太くて柔らかい髪質の方が適しているので、該当する方は美容師に依頼してみましょう。

 

コスメパーマ

コスメパーマは化粧品登録されている薬剤を塗布してセットを行うため、髪の毛へのダメージを最低限に抑えられます。軽減率の高さは同日に髪の毛のカラーリングを同時に行える程なので、美容院に通う時間が取れない人にお勧めできるセット方法です。使用する薬剤はどれも効果をナチュラルに発揮する物ばかりなので、髪の毛の質感が柔らかい人でも思い通りの髪型にセットできるメリットもあります。

そして髪の毛のボリュームが気になる方には、根本からのセットを行う事でボリュームを増やすという用途にも使用できます。アシンメトリーの様に複雑な動きを加えたい人にもお勧めで、流行にとらわれない個性的な髪型を望む方も積極的に美容師に相談してみましょう。

 

ストレートパーマ

髪の毛のボリュームを抑えてケアをしやすくできるのがストレートパーマの特徴で、元々の髪型を変えたい時や戻したい時にも使用できます。よって朝寝癖が激しくなってしまうようなボリュームのある髪の毛の持ち主でも、朝のセットを煩わせる事なく自然な仕上がりにできるメリットがあります。

同時に元々の髪の毛に癖があるという方にも、一部の癖であればストレートな状態を長期間維持できるので、髪の毛全体の傾向にまとまりを与えたい人にもお勧めのセット方法です。さらに髪の毛が長く髪型に悩んでしまう方でも、セットした事を感じさせない自然な仕上がりになります。なので髪型に違和感を残したくない方は、美容師に相談してください。

 

クリープパーマ

クリープパーマで使う薬剤には、髪の毛の周囲をコーティングしているコルテックスを変形させる効果があります。よってコルテックスの再生によって髪型が崩れる現象を抑えられるため、長期間髪型を維持できるメリットがあります。また、コルテックスの形状変化は髪の毛への負担を減らす事にも繋がるので、デリケートな髪質の方にもお勧めできます。

お気に入りの髪型が定まっている方も、クリープパーマで髪の毛をセットするように美容師に依頼してください。セットの仕様上複数の工程を交える事が多い髪型ですが、作業時間は他の髪型と大きく変わる事はないので、時間に余裕がない人でも手軽に行えるメリットがあります。髪型の中ではウェーブ形状の維持に秀でており、美容師によって特に仕上がりが左右される髪型でもあります。

 

エアウェーブパーマ

空気の力のみで髪型をセットするのがエアウェーブパーマの特徴で、使用する薬剤もトリートメントのみな上に洗い流さないので手軽なケアができます。比較的髪の毛の定着力が高く、それに比例してセット工程も長いのでオシャレに時間を割きたい人には特にお勧めです。特に髪質にセット効果が大きく左右させる傾向が強く、中でも髪の毛の細い方はカールで付ける髪の形状記憶を深くする事ができるのでより定着力が高くなります。

さらにボリューム感を出す事もできるので、髪型の自由度に悩んでいる方は積極的に掛けてみましょう。髪質によっては一部の工程を省いた上で髪型をセットできるため、美容師に相談し自分の髪の状態が整っているかどうかを確認してもらう事を強くお勧めします。

 

デジタルパーマ

立体感のある髪型にしたい時にはデジタルパーマがお勧めで、使用する薬剤を変える事でカールの質感にも変化を加える事ができます。より立体感を出すには髪の毛の量もクオリティに直結するので、ロングヘアやセミロングの髪型が好みの方は積極的に利用してみましょう。元々癖毛の人はさらに躍動感を与え髪型のデザイン性が強くなる特徴も持ち合わせています。

ほとんどの作業工程を機械で行う事が多いため、髪型のデザインに精密性を求めたい方にもお勧めの方法です。一度髪型をセットすると時間経過と共に形状が成り立っていく傾向が強く、ヘアケアをしても戻りにくい特徴もあります。なのでヘアケアを頻繁に行う必要性のある髪質の方でも、髪型が戻る心配をせずにケアできるメリットがあります。

 

縮毛矯正

癖毛の影響で髪型を自由にできない悩みを持っている方には、縮毛矯正がお勧めです。この方法は複数の薬剤と機械を併用して、多角的な視点から髪の毛をストレートにしていきます。そのため髪型の定着力が非常に高く、生れつきの癖毛の方でも綺麗なストレートの髪型にできるメリットがあります。

機械による熱の力を強くする事で髪の毛のボリュームダウンも測られるため、髪の毛が乱れやすい方にもお勧めできます。また、使用する機械や薬剤を変える事で他の髪型セットも並行して行えるので、自由度の高いセット方法という特徴も持ち合わせています。髪質の状態と比例するように髪の形状記憶が行える仕組みなので、髪型の形状だけに悩みを抱えている方は美容師に相談してみる事をお勧めします。

 
 

女性向けパーマの種類に合わせた注意点とは

 
髪質によってパーマのクオリティは大きく左右され、その髪質も季節によって状態が大きく変わってきます。なので特に、季節の変わり目に髪型の変更を希望する時には、美容師に相談した上で頭皮や髪の毛のトラブルを誘発させないようにする事が重要です。

また、美容師に依頼する前日は頭皮の皮被膜を落とす事を防ぐため、髪の毛を洗わない事を強く推奨します。特に女性の方は月経後や排卵前の肌が落ち着きやすい時に依頼すると、より髪型のセットが決まるのでお勧めです。

尚パーマ作業は髪の毛の負荷を軽減する手段もありますが、それも完璧ではないのでカラーリングも考えている場合は日程を改めて行うようにしてください。

 
 

女性向けパーマを長持ちさせる方法

次にパーマを長持ちさせる方法について解説していくね!

 

シャンプーを変える

パーマを行った髪の毛は様々な薬剤と熱で髪型を維持しているので、それを洗い流すようなラウリル硫酸Naが含まれている物から洗浄力の弱いシャンプーに変えるべきです。特にレディースシャンプーとして販売されているトリートメント入りシャンプーは避けるべきで、パーマ用シャンプーを使ってください。

また、ココイルグルタミン酸Na等が含まれている物であれば、専用シャンプーでなくとも問題ありません。この物質は洗浄力を抑えながらヘアケアを行える特徴があり、同じ理由で酸性石鹸の使用もヘアケアに適しています。

 

洗髪時に力を入れすぎない

パーマをかけた当日は髪型の定着が不十分な事も多いので、洗う時には力を入れて洗わないようにしてください。一番髪の毛に刺激を与えない方法は頭皮をマッサージするような洗い方で、指の腹で揉むようにする方法がお勧めです。

目安では本格的な髪の毛と頭皮の洗浄は24時間以上経過してからがお勧めで、これ以降ならば髪の毛が定着前に乱れる事もありません。ただしワックスやスタイリング剤が付いている髪型の場合は、引っ張らないように濯ぐだけに留めた方が髪型の定着が円滑になるのでお勧めです。

 

ドライヤーで熱を当てすぎない

髪型の形状維持には水分が必要不可欠なので、必要以上にドライヤーで乾かさないようにする事が重要です。目安では3割から4割近く水分を残すことが重要で、目立った水分はタオルで軽く抑えるようにすると形状維持の働きを長期間持続させられます。

タオルで軽く水分を取った後は目の粗いくしで髪の絡まりを解いてあげると、より形状維持が働きやすくなります。注意点はドライヤーの風は必ず弱風にして、比較的水分の溜まりやすい頭皮や髪の毛の根本から乾かしていくと満遍なく髪の毛に水分が残るのでお勧めです。この時くしや手で軽く髪の毛をすくい上げると、より髪の毛が整います。

 

パーマ用のスタイリング剤を使用する

女性では長髪型にする事も多いので、髪の毛の躍動感を維持するためにスタイリング剤の使用が必要です。特に毛先をカール状にしている方は、髪の毛を乾かした後にスタイリング剤を使用する事で髪型の形状維持を強く維持する事ができます。

指先にスタイリング剤を付けて、揉みこむように髪の毛に馴染ませると髪型を乱す事がないためお勧めです。このヘアケアは朝のシャワー後にやると、スタイリング剤の材質でヘアスタイルの雰囲気を決められるので習慣付けておきましょう。

 
 

雰囲気を変えるにはスタイリング剤を使ってみよう

 
女性のボブヘアやセミロングの髪型の方は、ムースタイプのスタイリング剤を使うと仕上がりが柔らかく表現できます。セットした状態を長時間維持したい場合は、スプレー型のスタイリング剤を使うと全体のヘアスタイルを乱す事がありません。

その場合はワックスタイプのスタイリング剤を併用して、細かい修正を行うと雰囲気の印象が強くなるので利用を検討してみましょう。

 
 

まとめ

 
この様に女性のパーマは種類に合わせて最適なヘアケアや、最適な髪質が変わってきます。美容師がその判断の大部分を担う事になるので、最適な方法でセットしてもらうためにも美容師の選択は慎重に行ってください。同時に状態に合わせたケア方法も行わなくてはならないので、事前相談でアフターケアの事について聞いておき的確な指示をもらえた場所にお願いするのがお勧めです。特にシャンプーやスタイリング剤を販売している美容師は後日相談もしやすいので、選択基準として考慮しておきましょう。