【美容師が解説】ワックスを使うとハゲてしまう?原因も!

TOP画像

 
ワックスの影響でハゲてしまう可能性があることを知っていますか?

髪を整えるのに欠かせないアイテムであるワックスですが、使い続けると次第にハゲるという話を耳にしたことがある方も多いでしょう。毎日当たり前に行っていた身だしなみが将来ハゲを作る原因になるとすれば、今後整髪料を使わないようにしようと考えるのも当然です。では本当にワックスを使用している人は頭髪が薄くなってしまうのでしょうか。

結論からいうと、確かにワックスはハゲることと無関係ではありません。なぜなら性質上、整髪料を一切使わない人に比べれば頭皮のダメージが蓄積しやすくなるためです。とはいえ必ずしもハゲるわけではなく、正しい使い方とケア方法を守っていれば髪への影響を抑えることができます。普段何気なく使っているワックスにどんな成分が含まれていてどうすると頭皮環境の悪化を招くのかきちんと知っておきましょう。
 
 

A さん
ワックスは普段何気なく使っているものだから気をつけたいな。
B さん
そうですよね。普段何気なく使っているヘアワックスだからこそ正しい使い方を覚えていってね!

 
 

ワックスを使うとハゲてしまう原因

まずは、ワックスを使うとハゲてしまう原因について解説していくね!

 

油分が毛穴をふさぐ

ワックスでハゲる主な原因として、毛穴が油分で塞がれてしまうことが挙げられます。そもそもワックスをはじめとした大抵の整髪料は、油分によって髪型をセットしたりツヤを出したりすることを可能にしています。言い換えれば大量の油分を髪につけているのと同じことであり、頭皮に対して良い影響を与えないのは言うまでもありません。

毛穴が詰まってしまうと髪の毛の健康的な成長を阻むばかりか、炎症やかゆみといった様々な頭皮トラブルに繋がります。何の対策もせず放置してしまうと抜け毛が進行し、どんどん髪の毛が薄くなってしまいかねないので注意が必要です。

 

皮脂膜の機能が失われる

またワックスに含まれる界面活性剤も原因の一つになります。この界面活性剤とは整髪料の他にもシャンプーや洗剤といった幅広い用途に使われる物質のことで、本来は混ざりにくい水と油を分離しにくくする作用や毛髪の手触りを良くする働きなどがあります。ただし生活を便利にしてくれる一方で、肌には刺激が強すぎるという問題があります。

特に肌を保護している皮脂膜も壊してしまうといわれていて、肌荒れや乾燥を引き起こすことも珍しくありません。そのためワックスをつけ過ぎると頭皮が弱まって将来ハゲてしまう可能性が高まります。

 

過度な洗髪をしてしまう

それでは油分や界面活性剤が残らないようしっかりと洗い落とせばいいのではないかと考える方も少なくないでしょう。実はこの考え方は誤りであり、頭皮ダメージを加速させる第三の原因になります。洗髪は意外と負担が大きく、ワックスを落とすことにばかり気をとられて必要以上に洗いすぎてしまうとかえって髪を傷めてしまいがちです。

さらに熱いお湯で力強くシャンプーすると皮脂バランスも崩れるため、頭皮にとっては優しくありません。毛穴の汚れを落とすことは大事ですが、髪への負担を考えないと薄毛のもとを作ってしまいます。

 
 

ワックスを使ってヘアセットをする際の注意点

 

ワックスを大量に付けすぎない

ワックスがハゲる直接的な原因ではないとしても、間違った使い方をしてしまって結果的に髪が深刻なダメージを受けているケースは多く見られます。年を取ってからヘアケアで悩まないためにも、正しい使用方法を身につけておきましょう。基本的には大量のワックスを一度に使わないことがポイントです。

なかなかヘアスタイルが決まらないからと沢山つけてしまうと、気をつけていても頭皮に付着しやすくなります。ヘアセットの際は適量を手の平全体に薄く伸ばし、毛先を中心に馴染ませて整えることが大切です。重ねづけや付け直しもできれば避けたほうがいいでしょう。

 

ワックスの付けっぱなしを避ける

もう一つ注意したいのは、長時間ワックスをつけたままにしないことです。ほとんどの人は一日の終わりにお風呂へ入るため汚れも落とせていますが、疲れている日はシャワーも浴びずに寝ていませんか。翌朝洗えばいいと考えていても、そのまま横になればワックスが頭皮についてしまう場合があります。

家に帰ってから早めに落とすことが望ましいですが、少なくとも寝る前までには髪を洗ってすっきりさせるようにしましょう。とはいってもただでさえ頭皮トラブルを起こしやすいので、リスクを抑えるためにもワックスを使う時間を減らすことが重要です。

 
 

ワックスを付けたまま寝てしまった時の対策

万が一ワックスを落とさず寝てしまったときは、しっかりとシャンプーをしてワックスを落としましょう。下記の手順をしっかり覚えていってね!

 

 

  1. お湯だけで地肌を洗うくらいの気持ちで十分に予洗いし汚れを落としやすくします。
  2.  

  3. シャンプーを手の平でしっかり泡立ててから、毛の量が多い部分を重点的に優しく頭全体を洗っていきましょう。指の腹でマッサージすることを意識して、爪で頭皮をかかないよう気をつけることがコツです。
  4.  

  5. 泡やワックスが残らないようしっかりすすぎます。どれだけシャンプーをしても頭皮に残っていては意味がないので、すすぎは丁寧に行わなければなりません。その他にも、髪が受けたダメージをリフレッシュするためにはワックスを使用せずにスタイリングするのも効果的です。
  6.  

 
 

まとめ

 
お洒落を楽しむ人にとって必須のワックスですが、扱い方を間違えると薄毛やハゲになりやすい頭皮環境を生み出すことになります。今の自分を着飾るために未来を犠牲にしていては元も子もありません。髪の毛のダメージは気づかないうちに進行し手遅れになることも珍しくないため、問題がないように見えても忘れず対策しておくことが肝心です。ただし使い方に気をつけていれば影響は少ないのでそれほど心配する必要もないでしょう。上手なワックスとの付き合い方をマスターすることで、自由にヘアスタイルを楽しみながらも頭皮環境をある程度健やかに保てるため、正しいつけ方とメンテナンスを心がけて髪の健康を守りましょう。