脂漏性皮膚炎の原因とは?対策や注意点も!

 
男性に多いとされている脂漏性皮膚炎を知っていますか?

最近なんだか頭皮がべた付いてフケが多くなってきた、頭皮のかゆみや臭いが気になる、そんなことはないでしょうか。もしかすると脂漏性皮膚炎という症状かもしれません。30代以降の男性に多いとされている脂漏性皮膚炎は、ひどくなると痛みや我慢できないかゆみ、抜け毛や頭皮以外の部分にも広がるなど、嫌な症状だけでなく見た目の変化にもつながってしまいます。早めに治療することが解決の早道になりますので、気になる原因や症状についてチェックしてみます。
 
 

A さん
見た目の変化にもつながるのはすごく怖いな。
B さん
症状がひどくなると見た目にも影響があります。しっかりと原因を知って早期治療をしましょう!

 
 

脂漏性皮膚炎とは?

 
脂漏性皮膚炎は頭皮にフケが異常に多く出て来たり、かさぶたのようにべったりと貼りついてしまう症状です。症状が進むとかゆみや炎症が出て、顔などにも広がっていきます。

臭いが気になるという人もいますが、これは毛穴に詰まった皮脂が酸化して嫌な臭いを発生していると考えられます。最初はフケが多くなった、頭がべたつくといった軽い症状で気が付かないこともあるので注意が必要です。

 
 

脂漏性皮膚炎の原因

次に脂漏性皮膚炎の原因について解説していくね!

 

皮脂の過剰分泌。

皮脂は男性ホルモンによって多く作られるため、脂漏性皮膚炎は男性に多いということに繋がります。ただし、ホルモンバランスが崩れる原因になる過剰なストレスや疲労が原因で女性でも発症することがあります。

また、皮脂は乾燥がひどくなると多く分泌されるので、過度に洗いすぎることもよくありません。蒸れなども症状を悪化させる原因となるので、帽子や洗髪後の扱いなどにも気を付けます。

 

遺伝

最初はフケが多いということから気が付くことも多い脂漏性皮膚炎ですが、フケがでやすいという家族の体質を継いでいる場合、なかなか発見や改善するのが難しいこともあります。

遺伝的に皮脂の分泌が多いという人も脂漏性皮膚炎になりやすいということになります。両親や兄弟が脂漏性皮膚炎を患ったことがあればその確率も高くなります。ただし、遺伝だからといって完治しないという訳ではないので、正しい治療を心がけるようにします。

 

ストレス

男性ホルモンが皮脂の分泌に大きく影響を与えるということが分かっていますが、ホルモンバランスというのはストレスや疲労の蓄積でも崩れてしまうことがあります。

ストレスは知らず知らずのうちに積み重なってしまいますが、身体にとっては様々な悪影響を及ぼす元凶になります。ホルモンバランスが崩れることは脂漏性皮膚炎に関わらず、多くの疾患の原因になりえるきっかけとなりますので注意してください。

 

マラセチアというカビ

いくつもの条件が重なって発症する脂漏性皮膚炎ですが、発症の大きな要因となるのがマラセチアという真菌、カビの一種になります。

頭皮にもともと常在するマラセチアですが、皮脂が多くなると異常増殖して、エサとなる皮脂を遊離脂肪酸という物質に分解します。これが頭皮に刺激を与えて症状を出させるといわれています。また、マラセチア自体も頭皮に炎症を与える原因物質です。

 
 

脂漏性皮膚炎を治す方法

次に脂漏性皮膚炎を治す方法について解説していくね!

 

皮膚科へ行く

頭のかゆみやフケぐらいでは病院に行けないと考える人もいるかもしれませんが、たかがかゆみも放っておけば抜け毛など深刻な症状に陥ることもゼロではありません。

マセラチア菌というカビが原因になっている脂漏性皮膚炎は自然治癒は難しく、間違った対処では余計悪化させてしまうこともあります。抗菌剤などを使用する必要がありますので、きちんと皮膚科で医師の診察を受けるようにしてください。

 

生活習慣を改める

生活習慣から皮脂の過剰分泌などを起こしている場合は、医師の治療を受けるのと同時に日々の悪習慣を改める必要があります。生活習慣といっても、今まで当たり前にしていたことの何が悪いのか突き止めるのは難しいものです。

思い当たる部分があれば早速改善し、さらに医師などの助けを借りて頭皮環境を良くする生活習慣を手に入れましょう。生活を改善することで再発防止にも役立ちます。

 

体質改善

フケが出やすい、皮脂が多いというのは体質という言い方で断言されてしまいがちですが、体質改善という言葉もあるように、できるだけ快適な生活が送れるように根本的解決を目指すことは悪くありません。

体質改善のためには漢方を服用してみたり、代謝をあげるといった心がけが効果的です。運動を取り入れたり、サウナで汗を流すなど皮脂の分泌を正常に戻すような取り組みをしてみてください。

 

油分摂取の減量

食べ物からも疲労性皮膚炎へアプローチしてみます。やはり、皮脂が過剰に出ている時は油分も控えたほうがベターです。普段から脂っこいもの、揚げ物が好きな人はこれを機会に低脂肪、低カロリーの食事に切り替えることをおすすめします。

もちろん、完全にナシにすることは健康にも悪いので、ファストフードやスナック菓子などは控え、代わりに質のいい油を適量摂取するようにバランスの良い食事を心がけます。

 

甘味料の過剰摂取

甘いものも脂漏性皮膚炎の症状に関係しているといわれています。砂糖などの甘味料には炎症を悪化させるという特徴があり、他の疾患でも炎症がある場合は甘いものを控えるのが基本です。

これも全く取らないということはできませんが、調味料やスナックなど何気なく口にする食べ物にも多量の糖分が含まれていることがあります。清涼飲料水炭酸飲料には特に注意します。

 
 

脂漏性皮膚炎は治るまでどのくらいかかる?

 
きちんと医師の指導を守り、正しい治療を続けることで症状は緩和されます。概ね4週間から6週間で頭皮の脂漏性皮膚炎は完治するといわれています。顔に広がったものはそれよりも早く2、3週間で完治することもあります。

正しい治療をしていくと、最初の1週間ほどで劇的に症状が改善することがありますが、途中で治療を中断するのはやめましょう。完治するまでは医師の指導を守ってください。

 
 

脂漏性皮膚炎がAGAと併発した場合の対処法

 
脂漏性皮膚炎とAGAは根本の原因が違うため、併発してしまったときはそれぞれに合った対処を知る必要があります。頭皮環境が悪くなると抜け毛が増えやすく、AGAの治療となる育毛剤などを使いたくなってしまいますが、炎症を起こしている頭皮に使用することは余計に刺激を与えることになり逆効果になることもあります。

まずは、しっかりと脂漏性皮膚炎を治療してから、改めてAGAの治療を再開するようにしてください。

 
 

脂漏性皮膚炎の気をつけるべき点

次に脂漏性皮膚炎の気をつけるべき点について解説していくね!

 

①頭皮に優しいシャンプーに変える

シャンプーの方法というのも頭皮には大きな影響を与えますし、使うシャンプーも気を付けて選んだ方が良いでしょう。皮脂が原因だからといって洗浄能力が高いシャンプーを使うことは、必要な皮脂まで洗い流すことになり、余計に皮脂を分泌させるという悪循環になる場合があります。頭皮に洗浄成分が残りづらい、低刺激で頭皮に優しいアミノ酸シャンプーなどを選ぶようにしてください。

 

②睡眠をしっかりとる

質の良い睡眠は、身体を健康に保つには欠かせない条件です。髪の毛や皮膚にとっても同じなので、ホルモンのバランスを整えるためにもしっかりと睡眠時間を確保しましょう。

また、寝るときの環境についてもチェックをしてみてください。清潔な枕シーツを使用していることはもちろん、髪が濡れたまま寝てしまうこともNGです。どうしてもまとまった睡眠時間が取れないという時は昼寝をするのもおすすめです。

 

③食事内容に気をつける

食べたものが身体を作るので、悩める症状がある場合は食事に気を付けるということも大事です。脂漏性皮膚炎を患っている時に気を付けたいのがカフェインや香辛料、アルコールなどは刺激を与えて皮脂を増やす可能性があります。

バランスよく栄養素を取り入れることは基本になりますが、レバーやシジミなど皮膚を健康に保ち代謝をよくするビタミンB群を積極的に取るようにましょう。

 

④紫外線

炎症を起こしている部分に紫外線を当てることは刺激が強いので避ける必要があります。外出するときは帽子などを着用して直射日光を避けましょう。

ただし、帽子を被りっぱなしにしていると頭が蒸れてかゆみなどが強くなることがあります。適度に風を通すなどして蒸れを解消するように心がけてください。UV加工がされている素材や風通しのいいデザインの帽子を選ぶというのもポイントです。

 

⑤ストレスをためない

男性ホルモンの過剰分泌を避けるためにストレスフリーの生活を目指しましょう。忙しい毎日を過ごしているとついつい休むことを忘れがちですが、余暇を楽しみ、趣味や休息をとることでもストレスは軽減できます。

大掛かりなものである必要はないので、毎日の疲れを癒す方法を探してみることをおすすめします。アロマやマッサージ、入浴やスポーツなども効果的です。

 
 

まとめ

 
脂漏性皮膚炎は男性に多いといわれる疾患ですが、女性であっても過度なホルモンバランスの乱れが起きた場合などには発症する恐れがあります。きちんとした治療を行うことが悪化させない最低条件になりますので、早めに皮膚科を受診することが大事です。治療にはステロイドや抗菌剤などが使われることもあり、長期間症状が安定しない場合もありますが、生活習慣や体質改善などできることから始めて再発をさせない根本的な解決を目指すようにしてください。