【必見】美容師が解説する育毛剤の効果とは?メリット・デメリットも紹介!

 
育毛剤の効果について知っていますか?

薄毛が気になった時のスタンダードな対策法と言えば育毛剤を使うことです。巷では沢山の育毛剤が販売されており実際に使用する人も多いようです。ただ、本当のところ薄毛に対して効果があるのかどうかが気になるものではないでしょうか。相変わらず髪のことで悩める人が多い実情を踏まえると、本当に役立つのか不安になるものです。ここでは育毛剤に関するそんな疑問に答えるべく、ユーザーの口コミを交えながら解説を行っていきます。
 
 

A さん
そう言われてみると育毛剤の効果については詳しくわかんないな。どんな効果があるのかな?
B さん
育毛剤に期待できる効果はいくつかあるよ!しっかり覚えてね!

 
 

育毛剤とはそもそもどんなアイテム?

 
そもそもの育毛剤とは何なのか?というと、要は髪の毛に良い成分が含まれている薄毛の改善に役立つアイテムのことです。配合されている成分は製品によって様々で独自に工夫がされています。頭皮に直接付けて使用することで成分が浸透し、頭皮環境を改善したり毛根に良い働きをしてくれたりと様々なアプローチで髪の健康を促進します。

ただ、どれでも効果があるわけではありません。成分の種類は様々で効果の出方にも個々で違いがあります。残念ながら育毛効果の低い物もあるため、ユーザーは十分に吟味して判断しなければいけません。

 
美容師さんが育毛剤を解析していただいた記事はこちらから!

【2018年最新】美容師が選ぶメンズの育毛剤おすすめ人気ランキング10選!

2018.04.05

 

育毛剤の期待できる効果・メリット

次に育毛剤の効果について解説していくね!

 

①頭皮の血行促進

多くの育毛剤が持つ効果と言えば血行を促進する作用です。殆どの製品は血液の流れを良くする働きがあることを謳い、それが育毛に繋がると説明されています。血行を良くすることは薄毛対策の基本です。

髪を丈夫にするには毛根の活動を向上させる必要がありますが、そのためには血液の流れが良いことが大切です。血液に栄養や酸素が含まれており、それが毛根に供給されることで髪が抜けやすく丈夫になりますので、血行促進は薄毛対策の基本と考えられています。

 

②AGAの原因である男性ホルモンの抑制

数ある製品の中には男性ホルモンを抑制する働きを持つ物も存在します。この働きで期待ができるのは、AGAによる脱毛の抑制効果です。AGAとは男性の薄毛を引き起こす最たる原因であり、殆どの男性に関連があると言われています。

そしてこの脱毛症が発生する主たる原因が男性ホルモンなのです。正確には悪玉に変換された男性ホルモンで、増加することで毛周期を乱れさせ抜け毛が発生しやすい状態にさせてしまいます。育毛剤の中には問題の男性ホルモンを抑える力を持つ物も登場しているのです。

 

③頭皮環境の正常化

頭皮環境を整えるのも育毛剤が持つ効果のひとつです。人間の頭皮というのは皮脂腺が多くアブラが出やすいです。また、汗やホコリなどの影響で雑菌も繁殖しがちですが、それらの影響で頭皮環境が汚れてしまうと薄毛リスクに繋がります。

衛生環境の良くない状態では髪の生育を阻害することになるからです。頭皮ニキビやその他の皮膚症状が起こると抜け毛リスクも高まります。健全な環境であってこその育毛・発毛ですので、クリーンな状態を維持するためにも殺菌作用のある育毛剤も多いです。

 

④頭皮の細胞の活性化

細胞は加齢や生活習慣の乱れなどが原因で衰えてしまいますが、すると生やす力も弱くなりますので薄毛リスクも高まります。言わば頭皮というのは畑の土壌であり、根本に不調があると髪も生えにくくなりますので、育毛剤で細胞の活動を促すことで薄毛リスクを減らすことができるとされているのです。

また、土壌が良くなることで髪自体も美しくなります。ツヤのあるキレイな髪が育まれやすくなるため、薄毛対策の面以外でも頭皮細胞の活性化は重要です。

 

⑤男性・女性兼用で使用することができる

育毛剤というと男性用というイメージが強いかもしれませんが、男性だけが使用できるわけでもありません。女性でも兼用できる物もあるため、性別は関係なく対策として用いることが可能です。ただし、製品によっては女性の使用は控えることも必要です。

男性向けに濃度が高い物もあり、女性のデリケートな頭皮ですと負担になることもあるからです。女性の場合は、女性専用の物を選ぶのも選択肢のひとつです。昨今では女性向けの製品も増えており、優しい処方で安心して使えます。

 
 

育毛剤のデメリット

 

①最低でも3ヶ月の継続が必要

デメリットは継続性が必須なことです。最低でも3ヶ月程度は使用しないと変化を実感することは難しく、早くに止めてしまうようでは意味がありません。なぜ継続性が必要なのか?これは毛周期の存在が大きく関係しています。

髪は毛周期というサイクルで発毛や脱毛を繰り返していますが、生えるまでにはある程度の時間が必須です。そして3ヶ月程度の時間を掛けないと新しい髪が生えないため、すぐに止めてしまうと効果の有無も判断できないのです。

 

②育毛・発毛効果の即効性がない

継続性が必須なことからも分かるように、育毛や発毛に即刻性がないことを理解して使用するのが基本です。使用したからといきなり抜け毛が減ったり生えたりすることはありません。短期間の使用で効果がないと判断されることもあるようですが、すぐに効果が出ない以上、短期間では正しい判断をすることはできないと言えるでしょう。

なお、育毛や発毛の具合には個人差もありますので注意が必要です。個々で効果を実感できる時間に差異があるため、焦らずじっくりと取り組むのが基本と言えます。

 

③副作用が出る成分が配合されている物もある

使用に際して注意したいのが副作用の存在です。中には頭皮のかゆみやかぶれをはじめとした、その他の不調を発生させる成分を含める物も存在し、思わぬトラブルに見舞われてしまうこともあります。

特に効果が高いとされる成分は副作用が表れやすい傾向があります。強力な作用をする一方、頭皮への負担になりがちです。だからといって効果の低い成分ですと肝心の薄毛への効き目に期待がしにくいため、悩ましいところと言えるでしょう。ただこの問題は相性ですから、必ずしも副作用が起こるわけでもありません。

 

④育毛効果に個人差がある

個々で育毛効果が違ってくるのもデメリットと言えるでしょう。例えば効果があったと評判の製品でも、使用する人が違えば作用の仕方も変わってくるのです。同じように変化を実感できるとも限りませんから、それが育毛剤選びの難しいところと言えるでしょう。

個人差があることを踏まえると、いかにして自身にマッチする物を見付けられるかで成功の可否が左右すると言えます。結局のところ、自身に合うかどうかが重要ですので、評判だけで判断せず身をもって体験しながら選ぶことも必要です。

 
 

育毛剤の口コミ

次に育毛剤の口コミを紹介するね!

 

良い口コミ

20代後半男性
彼女から「つむじが薄くなっているよ」と言われて悩んでいました。シャンプーの時にも排水口に溜まる抜け毛を気にし、毎日鏡でつむじをチェックするようになりました。半信半疑であまり期待しない気持ちで使い始めましたが、3週間ほど経ったあたりから髪に変化を感じるようになった時には驚きでした。シャンプーの時にも抜け毛の量が少なくなったと感じられ、今後も続けて様子をみていきます。ちなみに彼女からも「髪が増えた?」と言われた時には嬉しかったです。

50代前半男性
育毛剤の使用のきっかけは娘から勧められたからです。自分でも最近は髪がぺたっとしてきているように感じられており、そんな時に「育毛剤でも使ってみたら?」と娘からアドバイスをされました。使い始めの頃はあまり変化がなく期待外れに思っていたのですが、続けること約2ヶ月でハリコシがアップしたと感じられたのです。髪に触れてみると押し返すような弾力があり、少し若返ったような気持ちになれました。また、気になっていたかゆみやフケ症も治まり快適です。

40代後半男性
仕事柄、長い時間ヘルメットを被っています。ヘルメットを被っているとハゲやすいと聞いたことがありましたし、確かに同僚や先輩社員の中には薄毛が目立つ人が多くいました。密かにそうなりたくないと思っていたために使用し始めたのが育毛剤使用のきっかけです。まだそこまで薄毛が気になるほどではありませんでしたが、予防的な意味合いで使っています。抜け毛が減ったような気がしますので効果があるのかもしれません。ヘルメットの蒸れによるかゆみも起こりにくくなりましたから、一応は何かしらの良い作用をしているようです。

 

悪い口コミ

50代後半男性
数々の育毛剤を試してきましたが、これといった効果を感じることは未だにできていません。よく抜け毛が減った、髪が丈夫になってきたなどの感想を見掛けることもありますが、本当にそんな風に変化が起こるのか半信半疑に感じています。もちろん個人差もあるでしょうから人それぞれなのかもしれませんが、でも使って良かったと思えることがまだありません。とは言え今以上に進行してしまうのも困りものですから予防的に使うつもりです。もっと劇的に効果を発揮してくれる物はないのかとモヤモヤします。

40代後半男性
使用した結果、確かに効果を実感することができています。ただ、生えるかどうかというと正直微妙なところです。抜け毛が減ったように感じられますのでそこは嬉しいのですが、でも肝心の発毛には至っていません。現状維持で終わってしまうのも釈然としない心境です。希望としてはもっと分かりやすく生えることですので、フサフサにまで復活して欲しいです。しかしながら長く使ってきて発毛ができないことを考えると、やっぱり育毛剤だけでは生やせないのかなとも感じ始めています。

50代前半男性
色々な育毛剤を試してきましたが頭皮に合わない物が多かったです。自分の場合は人よりも頭皮がデリケートらしく、使った後にかゆくなったりフケっぽくなったりとストレスを感じました。無理に使うと逆に頭皮に悪そうですので困ります。中には比較的安全に使える物もあることはあるのですが、でも効果があるのかよく分からない成分構成で使う意味があるのか迷います。結局のところ、生える効果がないと意味がないですから、できれば頭皮に優しく尚且つ生やせる物があったら嬉しいです。

 
 

育毛剤はこんな人におすすめ

次に育毛剤がどんな人に向いているかについて解説していくね!

薄毛の症状がそこまで酷くない人

育毛剤がおすすめの人の特徴に、まずそこまで薄毛の症状が酷くなく、予防目的で考えている人です。単独使用で劇的な効果を得ることは難しい面もありますので、重度の薄毛の人ですと期待する効果を得るのは困難と言えるでしょう。したがって比較的軽度の人や将来的にハゲたくないという人におすすめです。

 

AGA治療薬の副作用が不安な人

AGA治療薬の副作用が不安な人も育毛剤を選択するのも良いと言えます。男性の場合はAGAで薄毛になることが多いため、できれば治療薬を使って対策をすることが大切です。医学的にも認められた力のある薬ですから劇的な回復効果を得られるはずです。

しかし、治療薬には副作用のリスクという短所があります。しかも医薬品なだけあって重たい副作用が出ることもあるため、あまり積極的にはなれないという人も少なくありません。そういった場合は育毛剤で対策していくのが安全な方法と言えます。治療薬ほどのリスクがないですからリスク面で安心できます。

 

治療薬が使えない人

他にも治療薬が使えない理由がある場合も育毛剤の使用がおすすめと言えます。例えば肝臓が良くない人は根本的に治療薬の使用が難しいです。もし肝機能障害を持っている場合、上手く代謝させることができず、症状がさらに悪化してしまう可能性があります。

無理に使用すると健康面に著しくダメージになる恐れがあるため、医師からも使用の許可がおりないです。健康であってこその薄毛の回復でもあるため、何らかの使えない理由がある場合は治療薬の使用は大人しく諦めることも必要です。

 
 

まとめ

 
育毛剤についての情報をまとめてきましたがいかがでしたでしょうか?スタンダードな対策としておすすめのアイテムで効果を実感している人もいるようです。ただ効果を感じるには時間も掛かります。短期間で劇的に変化が起こることはありませんので、気長に考えて対策に取り組まなければいけません。また、相性の問題もありますからよく選んで使用するようにしましょう。自分に合った物を見付けられるかで成功の可否も左右されますので、育毛の初心者はよく考えて選び出すことが大切です。

育毛剤について髪や頭皮環境に詳しい美容師さんにも意見をいただきました!
育毛剤を美容師さんが徹底解析した記事はこちらから!!

【2018年最新】美容師が選ぶメンズの育毛剤おすすめ人気ランキング10選!

2018.04.05