【必見】女性の加齢臭対策とは?原因もご紹介!

加齢臭というと男性のイメージが強く、女性は無関係のように思われてしまうこともあります。しかしながらその考えは誤りで、性別は関係なく臭ってしまう恐れがあるのです。ただ、自分では気が付かないことがあるのが厄介なところです。そのため自分は大丈夫と思っていても、実は周りからすると臭いが気にされていることもあります。
ではどんなことが原因で、どんな風に対策は行えば良いのでしょう。ここでは女性の加齢臭について解説をしていきます。

A さん
女性の加齢臭対策ってどうしたらいいんだろう?
B さん
それにはいくつか方法があるよ!詳しく説明していくね!
 
 

加齢臭とはそもそも一体どんなもの?

加齢臭とは中高年になると発生しやすくなる特有の臭いで、刺激臭というよりも油臭いような重たい臭いを発生させるのが特徴的です。いわゆる「おじさん臭い」と表現される臭いを放ちます。
欧米人の場合でも発生する臭いではあるものの、元々の体臭の強さもあり気にされることは少ないです。一方、体臭の薄い日本人の場合は問題視されがちです。そのため臭いが発生するようになるとエチケットの観点からも対策を行う人が少なくありません。

 
 

加齢臭の発生原因とは何なのか?

根本的な臭いの原因には、ノネナールという物質の存在が大きく関係します。この物質は主に40代以降の男性や閉経後の女性に表れやすいものであり、皮脂腺から分泌される不飽和脂肪酸の一種です。脂肪酸が酸化することによって臭い成分が生み出されます。
年齢が若い人の場合はホルモンの働きもあって脂肪酸が酸化しにくく臭いが発生しにくいですが、加齢と共にホルモンの働きが低下すると酸化も進みます。すると問題のノネナールが増加しやすくなり、臭いの発生を促してしまうのです。

 
 

女性の加齢臭は30代半ばから?

女性は閉経後から臭いが出る傾向があると言われていますが、しかし早い人ですと30代半ばから臭いが出やすくなることがあります。これは35歳前後から女性ホルモンが減り始めることが関係しています。加齢と共にホルモンの分泌が衰えますので、それに従い臭いの発生リスクも増加してしまうのです。
ただ女性の場合は普段から臭い対策をしている人が多いです。そのため軽度の臭いレベルですと自覚しにくく、加齢臭自体には気付かないこともあります。

 
 

加齢臭の多くはどこから発生するの?

臭いが発生しがちな箇所としては、頭をはじめ顔や胸元、耳の後ろ、首の後ろ、肩付近などが該当するとされています。これらの部分から臭いが出やすいのは皮脂分泌が多い場所だからです。皮脂腺から根本の原因が生まれるため、こうした箇所が発生箇所になりがちなのです。
また、対策が疎かになっているのも理由と言えます。体を洗う時にも、特に耳や首の後ろなどは洗浄が甘くなりやすく、臭い物質も残りやすいです。特にノネナールは粘着性があるため、意識的に洗わないと取り除きにくいです。

 
 

加齢臭対策

 

①頭皮ケアは保湿を重視

頭皮ケアを行う時には保湿を心掛けることが大切です。皮脂を取り除くためにしっかりと洗った方が良さそうなイメージを持たれますが、皮脂を取り除き過ぎると乾燥が進みます。乾燥が激しい状態は水分バランスが崩れているサインであり、すると皮脂の分泌が活発化し余計に臭いが発生しやすくなる恐れがあるのです。特に女性は乾燥しがちですから注意が必要です。元々、皮脂の分泌が少ない傾向があるため、しっかりと保湿をしてケアをします。

 

②シャンプーは1日一回に

頭皮を乾燥させないためにはシャンプーをし過ぎないように気を付けることも大切です。特に朝晩の二回洗っている女性は注意した方が良いでしょう。ただでさせ乾燥しやすい性質を持っている上、二回も洗ってしまうと余計に乾燥を促進する恐れがあります。基本的にシャンプーは1日一回で十分ですので、二回になっている場合はいずれかのタイミングを無くすことが必要です。なお、午後の方が汚れが溜まりやすいため、夜のシャンプーをメインにした方が頭皮にとっては良いと言えます。

 

③首筋や背中、耳の裏などをこまめにケア

臭いが発生しやすい耳の裏や首の後ろなどは特にしっかりとケアすることが大切です。基本は入浴の際にきちんと洗うことですが、ただしつこく洗うと過剰な皮脂の分泌を招きますので、洗うにしても時間を掛け過ぎないようにする、過剰な力を入れずに優しく洗うといった心掛けが必要です。
日中に気になる場合はコットンに化粧水を含ませて拭き取るのもおすすめと言えます。意識的にこまめに拭くだけでも臭いの発生リスクが違ってきます。

 

④ボディーソープは殺菌力で選ぼう

ボディーソープ選びに工夫を凝らすのも加齢臭対策の基本です。選び方のポイントは殺菌力が優れているかどうかです。皮膚上に溜まっている汚れをしっかりと除去するためには優れた殺菌効果が有効です。
ただし殺菌力が強い物の中には刺激になり得る物もあるため注意が必要です。肌への優しさも考慮された物ですとデリケートな女性の肌でもケアをしやすくなるはずです。中には泡パックができる物もありますので、気になる個所を集中的にケアできます。

 

⑤お肉類を控え、善玉菌を増やす食物繊維を

皮脂の分泌を抑制するためにも、まずはお肉類を極力控えるのが有効です。動物性タンパク質が大腸で悪玉菌に分解されることでアンモニアを発生させ、体臭を強くしてしまう恐れがあります。
中から体臭を抑制するためには善玉菌を増やし腸内環境を整えることが大切ですので、食物繊維を多く摂取できる食事内容へとシフトするのが理想的と言えるでしょう。したがって野菜を多く摂取するのが効果的です。野菜を摂取することで加齢臭以外の臭いも抑制しやすくなります。

 

⑥女性ホルモンの働きをサポート!積極的に大豆製品を食べよう!

女性ホルモンの働きが低下するのが加齢臭のひとつの発生原因ですので、ホルモンの働きを活性化するための工夫も大切です。効果的とされているのが大豆製品を食べることです。大豆にはイソフラボンが含まれていますが、女性ホルモンと近い働きをする成分として知られています。ホルモンの働きをサポートできるため積極的に取り入れることが大切です。
ただし、過剰摂取には注意が必要です。逆にバランスが崩れる恐れがありますので適量に留めなければいけません。

 

⑦抗酸化力の強い食材をとる

脂肪酸が酸化することと加齢臭の症状が出やすくなりますが、対策として抗酸化力のある食材を摂取するのが有効です。例えばバナナやニンニク、タマネギ、ゴボウ、人参、ほうれん草などが優れた働きをするとして知られています。
抗酸化力のある食材は加齢臭対策になる以外にも、身体のサビ付きを抑制する働きにも期待ができます。細胞の劣化を防ぐことで健康や美容にも有益をもたらすため、総合的な対策として摂取するのがおすすめです。

 

⑧働く汗腺を増やす

汗腺が衰えてしまうと加齢臭をはじめとした刺激のある臭いが発生しやすくなります。そのため汗腺の働きを促進するのも加齢臭対策の一環になるのです。
簡単な対策として、ひとつに入浴を行うことが挙げられます。体を温めると休眠していた汗腺を呼び起こすことができますので、臭いの発生しにくい汗や皮脂を出すことができるのです。
他にも適度な運動を行うのも効果的です。特に体を動かす習慣がない女性は汗腺が衰えがちですので、運動を取り入れた生活を送ることが大切と言えます。

 
 

まとめ

ここでは女性の加齢臭について触れてきましたが、男性ではなくとも注意が必要なことが分かったはずです。加齢臭は知らず知らずの内に出ていることもあるため、発生しやすい年齢に差し掛かった女性は注意を向けてみることが大切です。しかし適切に対策を行うことで臭いの発生を予防することができます。原因になりがちな箇所へのケアや食事への気配り、汗腺の働きを活性化させるなど、簡単な対策で加齢臭に怯えない体を手に入れられます。