【必見】美容師がおすすめする白髪染めを簡単にする方法!それぞれのメリット・デメリットも!

せっかく白髪染めをしたにも関わらず、何度染めても時間が経つと根本部分に新しい白髪が伸びてきます。
白髪が少しでも目立ってしまうと老けたイメージになってしまうので、伸びてきた白髪をどうにかしたいと思いませんか。
根元部分を染色するだけでも美容院に通うとカラーリング代だけでもかなりの出費になりますし、自宅で何度も白髪染めを繰り返すのは、髪の痛みも気になるものです。
そこで自宅で手軽に簡単に出来る方法や髪を傷めずに伸びてきた部分だけを染色する部分染めの方法などをご紹介します。

A さん
簡単に白髪染めできる方法ってあるのかな?
B さん
実は白髪染めにはいろいろな種類があるから自分に合ったやりやすいものを選ぶといいよ!まずは簡単に白髪染めができる方法を紹介していくね!

 
 

白髪染めの種類

 

 

①白髪染めシャンプータイプ

白髪染めシャンプーは通常のシャンプーを使う代わりに使用することで、髪を洗うたびに白髪を染めていくことが出来ます。
通常の場合、髪全体に染料を塗布した後、髪が染まるまである程度の時間をおかなければなりません。
また、
ツンと鼻につく洗髪料の匂いや、洗髪に使用した道具の後始末など面倒な片付けも行わなければなりませんので、手間もかかります。
白髪染めシャンプーの場合、髪を洗うだけで少しずつ染めていくことが出来るのでとても手軽です。
毎日、使用し続けることによって少しづつ白髪が染まっていきます。白髪染めと違い頭皮に負担をかけず、刺激が優しいこともポイントです!
 

メリット

  • 頭皮や髪のダメージがないこと
  • 放置時間もないので時間もかからないこと
  • 少しずつ髪色を変えられるので目立たず自然に染色出来る

 

デメリット

  • 色が少しずつしかつかないのですぐに染めたい方には不向きということ
  • カラートリートメントより染色しづらい点
  • コストがかかるという点

 

おすすめな方

  • 自然に髪を染めていきたい方
  • 手軽に髪を染めたい方

 

【厳選】美容師が選ぶ白髪染めシャンプーおすすめランキング4選!市販品や口コミも!

2017.11.28

 

②白髪染めトリートメントタイプ

トリートメントタイプのものは、シャンプー後にトリートメントを行うことによって白髪を手軽に染めていくことが出来るというものです。白髪染めシャンプーと併用するタイプのものの方がより効果が高くなります。
もし併用しない場合は、シリコンシャンプーを使用すると染色しづらくなるので、ノンシリコンシャンプーを使用した後に使うとよいです。
 

メリット

トリートメントをしながら染色するため、髪を傷めずにきれいに染めていくことができるという点です。
地肌や髪に優しく、素手で使用することができ、パッチテストはいりません。お風呂で使えるので気軽に行うことが出来ます。
 

デメリット

1回で簡単に白髪を染色することが出来ませんので、何度も使用し続けなければなりません。
髪の表面のみを染めていくので、2週間から3週間ぐらいしか効果が持続しませんので、ずっと使い続ける必要があります。
 

おすすめな方

周囲に気づかれずに白髪を染めていきたい方にピッタリです。
 

【厳選】美容師が選ぶ白髪染めトリートメント10選!白髪の原因も!

2018.01.15

 

③泡・ムースタイプ

泡・ムースタイプの白髪染めは通常は液タイプであるため、液だれしやすいのですが、泡やムースタイプはミクロの泡が髪全体に密着するため、髪全体を染める時も、生え際や分け目部分も綺麗に染色出来ます。
 

メリット

泡やムースタイプは部分染めに適しているということです。
一度全体を染めた後は次からは伸びてきた根本部分だけを染めていくことが出来るので、髪を傷めずに染色出来ます。
また髪の表面にしっかりとどまるため、髪の芯まで染料が届くという点です。白髪の量が多い方の場合、一度にしっかり染色することが出来ますので、綺麗に髪色を変えることが出来ます。
 

デメリット

通常の白髪染めに比べるとやや料金が高めであること、使い切りタイプのものだと、部分染めに使用した場合、残った液が無駄になってしまう場合もあります。
 

おすすめな方

液だれせずに髪を染めたいという方に向いているでしょう。

 

④ヘアマニキュアタイプ

ヘアマニキュアタイプの白髪染めは、髪の芯まで染めずに外側部分のみ染めていくことが出来ます。
白髪染めをする場合、髪の芯まで染めていくと枝毛や乾燥など髪へのダメージも相当なものです。

また何度も白髪染めを行うとダメージも蓄積されるので、髪の痛みは相当なものになります。
繰り返し白髪染めをされるのであれば、髪の外側だけをコーティングするヘアマニキュアをした方が髪が傷みません。
 

メリット

髪を傷めずに白髪染めができるという点です。
ヘアマニキュアタイプは通常の白髪染めと比べると、頭皮や髪へのダメージも少ないので、髪を傷めずに行いたいという方に向いています。
 

デメリット

髪の表面だけ染料でコーティングするため、色落ちも早く、洗うたびに色が落ちていきますので、何度も定期的に行わなければなりませんので手間もコストもかかり不経済です。
 

おすすめな方

髪や地肌を傷めずに手軽に白髪を染めたいという方に向いています。

 

⑤液状・乳液タイプ

液状乳液タイプの白髪染めは髪になじむ特徴がありますので、広範囲を染色する時に適しています。
白髪の量が多い方や髪全体を染めたいという方が使用するとよいです。
液状乳液タイプはクリーム状になっており、液だれしない工夫されています。
 

メリット

伸びが良く髪全体に染料を浸透させやすいことです。
くし形のノズルがあらかじめ添付されているタイプのものが多いので、髪をとかす感覚で全体に伸ばしていけば、自分では見えづらい後頭部や襟足部分の髪も綺麗に染めていくことが出来ます。
 

デメリット

部分染めや根本の部分だけ染色するにはあまり適してはいません。液状乳液タイプはほとんどの商品が使い切りタイプのものですので、少量しか使わない場合は、無駄です。
 

おすすめな方

白髪の量が多い方や髪が長い方、髪の量が多い方に適しています。

 

⑥クリームタイプ

クリームタイプの白髪染めは液タイプのものは流れやすいのに対し、塗るタイプなので白髪部分に直接塗ることができ、白髪の根本まで使用することが出来ますので、伸びてきた根本部分の白髪を染色するのに適しています。
二つの液を混ぜて使用するタイプのものが多く、最初に必要な分だけを取り出せば、残りの液を取っておくこともできますので経済的に使用することができます。
 

メリット

クリームな液であるため、部分染めがやりやすく、残った液も取り置きが出来る点です。
 

デメリット

染料がクリーム状であるため、塗った部分が重くなる点や全体染めをすると時間がかかってしまうことや、使い慣れていないとムラが出来やすく、染めている間、髪がベッタリしてしまう点です。
 

おすすめな方

伸びた部分だけを染めたいという方に適しており、余った分は次回に使いまわしができますので、きちんとキャップを締めて保管します。

 

⑦ヘナ染め

ヘナは天然植物染料ですので、地肌や髪にやさしくダメージを与えずに髪を染めることが出来ます。
これまで市販の白髪染めを使って髪や地肌が傷んでしまった経験がある方はヘナで髪染めをしてみましょう。
 

メリット

  • 髪や地肌にダメージを与えない点
  • 染色時間を長くすると、しっかり染色できること
  • 一度髪を染めた後は色落ちがしないこと
  • 安く髪を染めることが出来るという点

 

デメリット

  • 髪染めに時間がかかってしまうこと
  • ヘナで染めた後は髪色が赤くなってしまうこと
  • ヘナで染めた後は掃除が大変なこと
  • 色落ちが数日間続くこと
  • ヘナ特有の匂い

 

おすすめな方

  • 染色時間がかかるので時間にゆとりがある方
  • 市販の白髪染めが髪に合わなかったという方

 

⑧ヘアカラー

白髪染めヘアカラーの特徴は髪を漂白し、無色の状態にしてから好きな色に染色出来ます。
1剤のアンモニアでキューティクルを開いてから染料を入れやすくし、そこへ2剤の酸化剤の染料を入れて髪を染めていきます。
 

メリット

 

  • 好きな色で染められること
  • 色持ちが良いこと

 

デメリット

髪を傷めることです。反対に太い髪質やコシのある髪質の場合、キューティクルが開きにくいので、染色しづらい傾向があります。細い髪や傷んだ髪ほど染色度が強くなります。
ヘアカラーで髪を染めた後は、キューティクルがもろい状態になっています。
髪染めをした後は髪内部のタンパク質が溶け出しやすく枝毛や切れ毛になりやすい状態ですので、トリートメントを行いましょう。
 

おすすめな方

白髪染めヘアカラーは直接染料と重合発色の2種類を使用することで、綺麗に染色することが出来ますので、お洒落カラーに染めたいという方におすすめです。
また、白髪の量が多く、全体をしっかり染めたい方に適しています。

 
 

白髪染めを簡単にできるおすすめ10選!

 

①LPLPヘアカラートリートメント




 

メーカー 黒ばら本舗
価格/内容量 1,600円/500ml
商品特徴 植物の力でサラサラな素髪に!

色々なカラートリートメントがありますが、染める力も強く、色落ちせずに、髪にツヤも与えたいという方におすすめなのが、ルプルプカラートリートメントです。
カラーはダークブラウン、ブラウン、モカブラウン、ソフトブラックの4種類があり、成分は天然染料を使用しているので、髪を傷めずに染色することが出来ます。

美容成分が94%含まれており、ルプルプWフコイダン、ラベンダー油、オレンジ油、ローズマリー油が含まれているので、髪にツヤを与え、頭皮や髪を傷めずに白髪染めをすることが出来ますので試してみる価値は十分にあるでしょう。

公式ページはこちら

 

②フラガールカラートリートメント


 

メーカー メロスコスメティックス
価格/内容量 2,000円/250g
商品特徴 トリートメントしながら白髪を徐々に染めるカラートリートメント

フラガールカラートリートメントはキューティクルを傷めずに白髪染めをすることが出来ます。
マカダミアナッツオイル、ココヤシ果実エキス、シアバター、黒真珠由来成分が配合されていますので、髪を傷めずに白髪を染めてくれることでしょう。

他にもローズマリーやアルテア、セージ、タイム、ラベンダーなどのオーガニック成分が配合されていますので頭皮の皮脂を調整する効果や地肌や髪に潤いを与え、ツヤツヤの髪に仕上げてくれますのでおすすめです。

公式ページはこちら

 

③ロレアルパリ エクセランスヘアカラー


 

メーカー ロレアルパリ
価格/内容量 1,400円/-g
商品特徴 コラーゲン配合の上品な白髪染め

ロレアルパリエクセランスヘアカラーはクリームタイプと液状タイプの2種類があります。
部分染めをされるのであればクリームタイプ、全体染めをされるのなら液状タイプがおすすめです。
コラーゲン成分が配合されているので、地肌や髪を傷めずに白髪染めをすることが出来ます。

最初に下地エッセンスを使うので、あらかじめダメージ対策をしてから、染毛剤を塗り、仕上げにアフターカラートリートメントを行いますので、白髪染めをした後もツヤのある潤いのある髪をキープすることができるでしょう。

公式ページはこちら

 

④きらり




 

メーカー 黒ばら本舗
価格/内容量 1,600円/500ml
商品特徴 植物の力でサラサラな素髪に!

きらりは白髪用カラートリートメントでムース状になった染料になっています。
使い方は乾いた髪全体にムースをつけて、泡をもみ込むだけで簡単に白髪染めをすることが出来、生え際や分け目部分も綺麗に濃く染められるので、白髪をしっかりカバーしたいという方にお勧めです。

浸透保湿成分でもあるヘアケアキューブや、パンテノール、カゴメ昆布、カンゾウ根エキス、クチナシ果実エキスなどの成分が豊富に含まれていますので、髪をいたわりながら染めていくことが出来ます。

公式ページはこちら

 

⑤ナチュールバイタル/カラーセーフヘアマスク


 

メーカー 石澤研究所
価格/内容量 1,600円/300ml
商品特徴 シャンプー後、素手でなじませて5分後に洗い流すだけ。

ナチュールバイタルカラーセーフヘアマスクはシャンプーをした後にトリートメントとして使うだけで白髪染めを簡単に行うことが出来ます。傷んだ髪ほどしっかり染められますので、仕上がりも綺麗です。

毎日続けると綺麗なツヤのある髪になります。
プラスイオン化した極症の染料で染めていくので、髪の内部までカラーを浸透させてくれるので仕上がりが綺麗です。

公式ページはこちら

 

⑥プリオールカラーコンディショナー


 

メーカー 資生堂
価格/内容量 1,280円/230g
商品特徴 天然海藻エキス保湿成分、ミネラル&コラーゲン含有補修成分を配合

プリオールカラーコンディショナーは白髪染め対策と同時に髪をボリュームアップさせたい方、髪のダメージを補修したい方におすすめです
毎日使い続ければ、生え際や根元部分の白髪も気になりませんし、少しずつ白髪を染めていくので周囲に気づかれる心配もありません。

ハリやコシをアップさせてくれるマイクロクリスタリンワックスが配合されていますので、加齢による髪のボリュームダウンも解消してくれます。ミネラル成分やコラーゲンなどが配合されており、髪のダメージを補修し、潤いのある髪に仕上げてくれるでしょう。

公式ページはこちら

 

⑦利尻カラーシャンプー・ヘアカラートリートメント




 

メーカー 黒ばら本舗
価格/内容量 1,600円/500ml
商品特徴 植物の力でサラサラな素髪に!

利尻カラーシャンプー・ヘアカラートリートメントは毎日のシャンプーとその後のトリートメントで自然に髪色を染めていくことが出来る白髪染めです。
天然由来植物色素が染料に使われており、化学成分は無添加なので地肌や髪に優しく白髪染めが出来ます。

シコン、クチナシ、ウコン、アナトー、天然利尻昆布、ローズマリー、カミツレ、オランダカラシなどの成分が使用されており、美髪成分もたっぷり配合されていますので毛髪を保湿し、ダメージを補修してくれる効果も期待できるでしょう。

このトリートメントはこんな人にオススメ

  • 艶々な髪に!髪のパサつきが気になる方

 
使用体験記事はこちら
公式ページはこちら

 

⑧ウエラトーンツープラスワンクリームタイプ


 

メーカー HFCプレステージジャパン
価格/内容量 -円/60g+60g+7.3ml
商品特徴 輝きエッセンス付きで、美しい艶と染め上がりへ

ウエラトーンツープラスワンクリームタイプはクリームタイプの白髪染めです。
液だれしづらいので、髪全体を染めたり、白髪が伸びてきた根本部分も染めていくことが出来ます。

植物由来のホホバオイル、アボカドオイル、ヒマワリオイルの3つのトリートメント成分が含まれており、染料がミクロ粒子になっていますので、髪をしっかり染めていくことが出来、カラーバリエーションが豊富なのも魅力で、自分に合うヘアカラーを探してみましょう。

公式ページはこちら

 

⑨アンナドンナエブリカラートリートメント


 

メーカー ダリヤ
価格/内容量 1,400円/160g
商品特徴 1本で明るい髪にも白髪染めにも使えるカラートリートメント

アンナドンナエブリカラートリートメントはシャンプー後に使用することが出来る白髪染め用のカラートリートメントです。

成分にイオン染料が配合されていますので、しっかり白髪を染めてくれ、髪のダメージを補修してくれるので、髪のダメージが気になる方にもおすすめです。
皮膚につきづらい染料で作られているので、石鹸ですぐに洗い流せばすぐに落ちます。

公式ページはこちら

 

⑩グローイングショットカラートリートメント




 

メーカー 黒ばら本舗
価格/内容量 1,600円/500ml
商品特徴 植物の力でサラサラな素髪に!

グローイングショットカラートリートメントは大きさの異なるカラー成分が配合されているので、毛髪内部と毛髪表面に染料で染めていくことが出来ますので、白髪染めをしっかりされたい方におすすめです。

スパイスフローラルの香りがするトリートメントなので、香りに癒されながら白髪染めを行うことが出来ます。
また、美髪をサポートする毛髪補修成分、頭皮環境を整える美容成分が配合されていますので、美しい髪になりたいという方にもおすすめです。

このトリートメントはこんな人にオススメ

  • 髪にハリ・コシが欲しい方

 
公式ページはこちら

 
 

メンズにおすすめ簡単にできる白髪染め5選!

 

①利尻カラーシャンプー




 

メーカー ピュール
価格/内容量 2,500円/200ml
洗浄成分(界面活性剤) アミノ酸系洗浄成分
シリコン ノンシリコン

利尻カラーシャンプーは男性にもおすすめの白髪染めです。
白髪染めは難しいイメージがありますが、シャンプータイプなら白髪が無駄なく自然に染まるので男性の方も簡単に染めていくことが出来ます。

天然由来植物色素が含まれており、髪や頭皮をいたわりながら染めていくことが出来ます。天然利尻昆布に含まれているミネラル、フコイダン、アルギン酸が含まれていますので髪をいたわりながら白髪を染めていきますので、白髪を染めた後も髪が傷む心配もありません。

このシャンプーはこんな人にオススメ

  • 髪や地肌に低刺激のシャンプーをお探しの方

 

公式ページはこちら

 

②LPLPヘアカラートリートメント




 

メーカー 黒ばら本舗
価格/内容量 1,600円/500ml
商品特徴 植物の力でサラサラな素髪に!

LPLPヘアカラートリートメントは男性にもおすすめの白髪染めです。
退色しづらい成分で作られていますので、色落ちしにくく、初めて染色される方は3回連続で染めていくと白髪が目立たなくなります。
その後は週に1度か2度の割合でよいので、手間もかかりませんので、面倒くさがり屋の男性の方も手軽に使い続けられるでしょう。
染料には昔から使われている植物由来の成分が使われていますし、ガゴメ昆布のフコイダン成分も豊富に含まれていますので、美髪効果もあります。

公式ページはこちら

 

③ホーユーメンズビゲンワンプッシュ7Nナチュラルブラック


 

メーカー ホーユー
価格/内容量 -円/40g+40g
商品特徴 簡単ワンプッシュ!ブラシでとかすだけ

ホーユーメンズビゲンワンプッシュ7Nナチュラルブラックは2つのクリームを同時に出すことができるので、簡単に髪を染めることが出来ます。

また、髪全体を染めたい方や部分染めにも適しています。
トリートメント成分が配合されているので髪を保護しながら染めていくことが可能です。残った分は取り置きが出来るので次回も使うことができます。

とにかく使いやすく小出しで数回使用出来るので便利な白髪染めです!(^^)!
揉み上げ部分だけ気になるので一回に少量を使用致します
何回かに分けて使えるこの商品良いですね
最初に使用して4~5回後だと液の出方が違ってくるので多少染め時間を長くしないと染まりきらない場合がありますが
問題ないレベルです(^.^)

出典:楽天

公式ページはこちら

 

④POLAグローイングショット




 

メーカー 黒ばら本舗
価格/内容量 1,600円/500ml
商品特徴 植物の力でサラサラな素髪に!

POLAグローイングショットはシャンプー後にトリートメントとして使うだけで簡単に髪を染めることが出来ますので、男性の方にもおすすめです。
1日5分使用するだけで髪を染めていくことが出来ますので、髪染めに時間を割かれることもありません。
セラミドエキスや14種類のアミノ酸などの美髪成分、頭皮環境を整えてくれる美容成分も含まれていますので、髪の細い方や薄毛の方も安心して髪染めをすることが出来ます。

このトリートメントはこんな人にオススメ

  • 髪にハリ・コシが欲しい方

 
公式ページはこちら

 

⑤サロンドプロ無香料ヘアカラーメンズスピーディ


 

メーカー ダリヤ
価格/内容量 850円/1剤40g、2剤40g
商品特徴 無香料タイプの男性白髪用ヘアカラー

サロンドプロは全体染めや部分染めに適しています。
白髪染めは匂いが強すぎて我慢できない方もいますが、サロンドプロは鼻につく匂いもなく、快適に染めていくことが出来ます。染め時間もわずか5分で早染めをすることが出来、残った分は取り置きも可能です。

潤い成分であるローヤルゼリーエキス、艶やか成分であるオリーブオイル、ハリやコシを与えてくれる海藻エキス、毛髪保護成分である植物性プロテインが含まれていますので、男性の髪もやさしく染めていくことが出来ます。

公式ページはこちら

 
 

白髪染めをきれいに染める3つのコツ

  • 白髪の多い部分から染め始めること
  • 塗り忘れ対策をすること
  • 放置時間を最短にすること

最初に白髪の根本部分や多い部分から染色していくとうまくできます。
白髪が多い部分は染まるのに時間がかかりますので、先に塗っておくと、塗布時間の調整をすることが出来るでしょう。染まりづらい部分は、染料を多めに塗るとムラなく仕上げることが出来ます。

耳周辺や襟足部分は塗り忘れが多いので、こうした部分も忘れずに丁寧に塗っておくと良いです。髪の多い方はブロッキングをして髪の束を小分けにしてから塗ると塗り忘れを防ぐことが出来ます。
手が届きにくい後ろの部分は塗り残しも多くなりますので気を付けましょう。
自分で塗りづらい場合は、家族など誰かに手伝ってもらうと塗り残しを防ぐことが出来ます。

放置時間については取扱い説明書に書かれている時間を守って、髪を染めますが髪質が太い方や白髪が多い方の場合、髪が染まりにくいことがありますので、放置時間を少し長めにしましょう。

またラップで巻いたり、シャワーキャップを巻くと、早く髪を染めていくことが出来ます。

 
 

自分に合う白髪染めを選ぼう!

白髪染めには色々なタイプのものがありますので、自分に合うものを選びましょう。
全体染めをするのか、部分染めをするのかで製品を選んでも良いです。美容成分が配合されているものもありますので、髪を傷めずに染色が出来ます。
手軽に染めたいという方はシャンプータイプのものやトリートメントタイプが向いています。
毎日少しずつ自然に染めていくことが出来ますので、周囲に気づかれずに髪を染めていくことが出来ます。