【2018年最新】美容師が選ぶおでこが広い男性におすすめ髪型6選!!

おでこが広い人の場合、どのような髪型が似合うのでしょうか?
おでこが広いことをコンプレックスに抱えているという人であればそれをいかに隠していくのか、注目を外していくのかがポイントになっていきます。自分により似合う髪型を選ぶことで初めて、見た目の印象を良くしていくことができるわけです。

 
 

おでこが広い男性の髪型の工夫


 

①前髪を流す

おでこが広い男性の髪型、その中でもより手軽なものが前髪を流していくスタイルです。
コンプレックスを目立たなくさせていくためには、その部位を隠してしまうのがベストですが、おでこをすべて隠すとなると見た目の印象が暗くなりがちです。あくまで自然な形でその広さをカバーしていくことが出来るスタイルであれば、抵抗なく取り入れることが可能というわけです。
 

②前髪を上げる

おでこが広い人であればあえて前髪をあげてしまうスタイルもおすすめです。
極端におでこを気にして隠してしまうと、逆にその広さが目立ってしまう可能性もあります。
もちろん、それぞれの顔立ちや髪型によって多少の違いは出てきますが、あえておでこを出すことで全体のバランスが良くなり程よいチャームポイントとしてアピールできます。
 

③前髪にボリュームを出す

おでこが広いことにコンプレックスを抱いている人であれば、前髪にボリュームをもたせる髪型もおすすめです。
このスタイルはパーマやヘアアイロンを当てるなどして髪の毛に動きをもたせるとより効果がアップしていきます。コンプレックスとなる部分を完全に隠してしまう、これであれば第一印象で視線がおでこに集中しがちな男性でも安心です。

髪の量が少ない場合には髪の後ろの方から前髪を作ったり、あるいはパーマを部分的にあてるなどしてボリュームをアップしていきます。
 

④サイドは抑える

おでこが広い人はサイドのボリュームを抑えるのがお勧めです。
髪型として、サイド部分のボリュームを抑えると自然とトップ部分にボリュームが出やすくなり、視線もそこに集中していきます。おでこに集中していた視線も別の部分に移るという事で、結果的にコンプレックスをうまくカバーしていくことができるというわけです。
また、サイドを短くしていくと頭皮が透けてみえるので、おでこの広さもあまり目立たなくなっていきます。
 

⑤全体を短く

おでこを隠したいからといって極端に髪の長さを伸ばしてしまうと、それが逆効果となることがあります。
見た目に不自然な状態となってしまうので、髪全体は短くカットしていくのがおすすめです。

髪の長さが短ければ多少広いおでこだったとしてもバランスがとりやすくなりますし、前髪の工夫次第でおしゃれな髪型を演出していくことが可能です。

 
 

広いおでこにおすすめの髪型6選

 

①ツーブロック×ショートヘア

出典:pinterest

ツーブロック×ショートヘアです。髪全体は短く清潔感がある印象で、サイドとトップの違いを強調させていきます。ソフトモヒカンパーマなどを取り入れるなどしてよりスタイリッシュな印象を作り挙げることも可能です。
前髪を長めにしておでこに流すようにすれば、おしゃれ感もアップしていきます。
 

②ピンパーマ×ショートヘア

出典:pinterest

広いおでこにおすすめの髪型にはピンパーマ×ショートヘアがあります。
ピンパーマはロットに髪を巻き付けるわけではなく、ピンを使ってカールさせる方法が用いられるので短い髪でも十分に対応可能です。サイドを短くしてトップと前髪にパーマをかければ自然な髪の流れを出すこともできますし、おでこを自然と小さく見せることが可能になっていきます。
おしゃれを楽しみながらコンプレックスを克服したいという人におすすめです。

 

③パーマ×斜め分け

出典:pinterest

広いおでこを隠すためにおすすめなのがパーマ×斜め分けのスタイルです。
このスタイルは髪全体にゆるくパーマをかけることで見た目に柔らかい印象を作り出すことが出来ます。髪のボリュームがアップして広いおでこをカバーしていくこともできるので、自然な形でコンプレックスを克服したいという人におすすめです。

パーマも緩めにかかっているだけなのでパーマ自体が初めてという人でも安心です。

 

④ツーブロック×センターパート

出典:pinterest

ツーブロック×センターパートのスタイルであれば前髪をやや長めにして自然に流していきます。
センターでふんわりとさせると大人っぽい、色気のある雰囲気になっていきます。おでこをすべて隠すのではなく、両サイドに自然に流すことで見た目に自然な印象を与えることも可能です。ドライヤーでクセを直すようにしてブローすれば、初心者でも簡単に試すことができます。

 

⑤ツーブロック×オールバック

出典:pinterest

ツーブロック×オールバックのスタイルであれば、あえて広いおでこをオープンにしていくことで全体のバランスをとっていきます。
コンプレックスだからといって隠すのではなく、あえてバランスを考えながら出していく、サイドがツーブロックになっているのでおでこの広さが幾分カバーされていておすすめです。前髪の分け目やセットの仕方で印象を自由に変えられるのも特徴で、その都度自分の好みや場面に合ったものを選んでいくといいでしょう。

 

⑥ツーブロック×アップバンク

出典:pinterest

ツーブロック×アップバンクであれば、おでこを出すことに抵抗を持っている人でも比較的気軽に挑戦することが出来ます。
毛先にパーマやヘアアイロンで動きをもたせることでおしゃれな印象を与えることが出来ますし、おでこが自然にカバーできるのでビジネスシーンなどでもおすすめです。
ヘアアレンジも比較的しやすい髪型なので、毎朝のヘアケアに不慣れな人も参考にしていくといいでしょう。

 
 

面長で広いおでこにおすすめの髪型6選

 

①ツーブロック×襟足短め

出典:pinterest

面長で広いおでこの人であれば、ツーブロック×襟足短めの髪型がおすすめです。
前髪を多めに残してあげると見た目にバランスがとりやすくアレンジも簡単です。ツーブロックにすることでサイドはすっきりしていますし、自然とトップにボリュームが良く形になるので面長の顔も印象が変化していきます。おでこも目立たなくなっていくので、パーマが苦手でアレンジに困っているという人にもおすすめです。
 

②パーマ×斜め前髪

出典:pinterest

面長で広いおでこの人にはパーマ×斜め前髪のスタイルもおすすめです。
このスタイルはおでこをすべて隠すのも、オールバックにするのも抵抗があるという人にも向いています。

パーマによって自然な流れができた前髪でおでこをカバーしていくことができますし、ワックスを使えば毎日のヘアアレンジも自由自在です。コンプレックスを克服しながらおしゃれを楽しみたい、プライベートでも学校、職場でも見た目には気を付けていきたいという人にうってつけです。

 

③ナチュラルヘア

出典:pinterest

ナチュラルヘアであれば、ワックスブローだけでそのアレンジをしていきます。
自分の髪質に合わせて前髪の流れを変えることでおでこをうまくカバーしていくことができますし、変にパーマをかけることもないので髪にダメージがありません。より自然で清涼感のある印象を大切にしていきたいという人は参考にしていくといいでしょう。

髪の色を多少変えても見た目の印象を変えることが出来るので、無難なところからおでこ対策をはじめていきたいという人は参考にしてみるといいでしょう。

 

④爽やかショート

出典:pinterest

爽やかショートのスタイルであれば、顔周りに視線を持ってくることで小顔効果を期待することが出来ます。
髪全体は短めになっているので清潔感はそのままに、面長の顔とおでこのコンプレックスだけをうまく解消していくことが出来ます。

ヘアアレンジも束感の出るヘアワックスを使えば初心者でも簡単にできるので、手軽に見た目の印象をかえていきたいという人にもおすすめです。
 

⑤カジュアルショート

出典:pinterest

カジュアルショートのスタイルは学校や職場でも抵抗なくできる髪型で、黒髪でも十分にコンプレックスを解消することが出来ます。黒髪だと見た目に重い印象が出がちですが、全体に短い髪型でワックスなどのアレンジがあれば、その印象も変えていくことができます。
制約が多い中でもおしゃれを楽しみたい、そんな人におすすめのスタイルです。

 

⑥マッシュショート

出典:pinterest

マッシュショートのスタイルであれば前髪も含めてトップに重みを集中させることでおでこや面長な顔から視線をずらすことができます。髪色を工夫することで見た目に印象を明るく見せることもできますし、アレンジ次第でおしゃれの幅は広がっていきます。
パーマをかけなくても十分に見た目の印象を変えることができるので、髪にダメージを与えずにコンプレックスを解消していきたいという人は参考にしていくといいでしょう。

 
 

おでこが広い人はスタイリング方法に注意

おでこが広い人はそのスタイリングの方法にも注意が必要になっていきます。
スタイリング剤をつけすぎてしまえばその分前髪がべたついた印象になり、おでこに視線が集中してしまいます。そのため、ワックスやスプレーはあくまでつけすぎないこと、適量を使用することを心掛けていきます。

その上で、自分の髪質により合ったスタイリング剤を選ぶことで、初めて最適なヘアアレンジが可能になっていくわけです。
ワックスであれば10円玉サイズを手に取り、手にしっかり馴染ませてから髪につける、スプレータイプであれば髪から十分に距離をとって吹きかける、こうした点を心がけていきます。

 
 

おでこが広い人におすすめのワックス

 

①スカルプD D-STYLE ワックス ストロングホールド

メーカー アンファー
価格 2,010円
商品特徴 スタイリングをしながらの頭皮ケアを実現

おでこが広い人におすすめになってくるのはスカルプDのD-STYLEワックスストロングホールドという商品です。この商品には頭皮ケアに重要な11種類もの有効成分が配合されています。
ワックスで自由に髪をアレンジしながら、頭皮のケアも可能になってくるというわけです。

この商品は長時間のキープ力が期待できるため、朝のヘアアレンジの際にもおすすめです。実際にこの商品を使っている人の口コミを見てみても、その効果の高さがうかがえます。おでこのコンプレックスを克服しながら髪型もかっこよくしたいという人は参考にしていくといいでしょう。

公式ページはこちら

 
 

育毛剤や育毛シャンプーで薄毛予防をしよう!

おでこが広い方で、昔はこんなにおでこが広くなかったのになー。なんて方はいませんか?
もしかすると、それは薄毛の前兆かもしれません、、、。
ただ、薄毛やハゲは予防することも可能です。以下に対策記事をまとめているので、是非チェックして見てくださいね。

【2018年最新】美容師が選ぶメンズの育毛剤おすすめ人気ランキング10選!

2018.04.05

【美容師が選ぶ】市販のメンズシャンプーおすすめランキング19選!!

2017.05.04

 
 

おでこの広い人は髪型で印象を変えよう!

おでこが広いことをコンプレックスに抱えているという人は決して珍しくはありませんが、こうしたコンプレックスは髪型を工夫することでも十分に解消することが出来ます。
それぞれの髪質や顔立ちによって似合う髪型は異なってくることになりますが、おでこをめだたなくする方法、視線を別に誘導する方法は先に挙げた通りです。
どの方法を選択するにしても、まずは自分がより挑戦しやすい、自分の顔立ちや髪質により合ったスタイルをチョイスしていくことが大切です。

また、日ごろからスタイリングの方法、その商品に注意することでもコンプレックスをうまく克服していく工夫が肝心になっていきます。