【美容師が解説】ヘアアイロンとコテの違いとは?使い分けの方法も!

TOP画像

 
ヘアアイロンやコテは、毎日自宅で髪をスタイリングする方に人気のアイテムです。
こうした道具を持っていれば、自分でも理想通りのヘアスタイルを作ることができます。

しかし、初めて利用する方の中にはこれらの違いがよく分からないという方もいらっしゃるでしょう。あるいはどちらかを持っている方も、使い分けをご存知でない方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、両者の違いやそれぞれに適した使い分けについてご紹介します。
 
 

A さん
普段何気なく使っているけど、確かにヘアアイロンとコテの違いって分からないな
B さん
今回はヘアアイロンとコテの違い、使い分けの仕方などを解説していくね!

 
 
 

ヘアアイロンとは?

 
「ヘアアイロン」は、熱の力に影響を受ける毛髪の性質を利用して、髪をスタイリングする道具です。ドライヤーまたはホットカーラーとは違い、髪に直接熱を加えることができるので、時間をかけなくても髪にしっかり型を付けられる点が特徴です。

大きく分けると、ストレートアイロンとカールアイロンというものがあります。熱の作用で髪をストレートにしたり、カールできる便利なアイテムで「コテ」とも呼ばれる場合があります。つまり、両者は基本的には同じものを指している訳です。

髪の毛をまっすぐな美しいストレートにするために使われるストレート用のアイロンは、髪のうねりが目立つ時に使用すると広がるのを抑えるので、サラサラなストレートヘアにしたい場合に適しています。なお、ストレートだけでなくカールも作れます。
 

 
 

コテとは?

 
先ほど触れた通り、基本はヘアアイロンもコテも同じアイテムです。場合によってはストレート用を「ヘアアイロン」と呼び、カール用を「コテ」と呼んで分類されるケースもあります。また、一般的にコテやヘアアイロンには温度を調節する機能が付いています。温度を調節することでカールをきつめにしたり、ゆるめにするなど自分好みに仕上げられる点が魅力です。

上手く使いこなせるようになるまでは練習が必要ですが、一度マスターしてしまうと短時間でも思い通りのスタイルができ上がるので便利。さらに、向きを自在に変えられるため、ホットカーラーよりカールの幅が広がります。リバース巻きあるいはミックス巻きなど、巻き方だけでなく巻く位置も自由がきくので、理想のスタイルに近づけるでしょう。毛先を外してカールさせることも可能です。
 

 
 

どのように使い分ければ良いか?

次に使い分けの仕方について解説していくね!

 
このように、ヘアアイロンとコテには明確な違いはありませんが、それぞれを使い分けることによって、バリエーションの広いスタイリングが可能になります。コテは前髪を強めにカールしたい時に役立ちます。また、前髪が長い方にはコテを使う方がカールが付きやすくなる効果が。

前髪をふんわり仕上げることによって綺麗なスタイリングができますし、くるんとした前髪やカールが付いた斜め前髪にしたい時もコテが使いやすいでしょう。

一方、ヘアアイロンは前髪をアレンジをしたり、軽く角度を付けたい際に使いやすいアイテムです。流し前髪にしたり、ワンカールも美しくスタイリングすることが可能。また、ストレートな前髪に少しだけ柔らかさをプラスしたい時も、ヘアアイロンが使いやすいでしょう。
 

 
 

まとめ

 
ヘアアイロンとコテの違いについてご紹介しましたが、いかがでしたか。結論から言えば、どちらも機能上には明らかな違いはなく、自分で理想的な髪型を作る時に使うと便利なアイテムです。使用方法に関しても、いずれも熱を利用して髪のスタイリングを行ってキープさせることが目的ですが、髪をカールするために使用する道具をコテ、ストレートにする目的で使う道具をヘアアイロンと呼ばれる場合があります。なお、両方とも前髪をカールさせたい時に便利なので、自分がなりたいスタイリングに応じて使い分けをすると良いでしょう。コテあるいはヘアアイロンのどちらか一方しか持っていない方でも、工夫次第で色々なカールを作ることができます。使ったことがない方は、これを機に利用してみてはいかがでしょうか。

ヘアアイロンやコテを使う時は髪へのダメージを減らすために、しっかりとオイルをつけてドライをしてから巻くようにしましょう!
ヘアアイロンやコテからのダメージを軽減してくれるオイルのおすすめはこちらから!

【2018年最新】美容師が選ぶ市販のヘアオイルおすすめ人気ランキング16選!

2018.02.01