【2018年最新】美容師が選ぶヘアアイロンおすすめランキング15選!種類別でご紹介!

ヘアアイロンの画像

ヘアアイロンと一口にいっても、種類が多くて選ぶのに迷ってしまいがちです。ストレートタイプやカールタイプなど、形状の違いによって最終的な仕上がりが変わります。また、カールサイズの直径やプレートの温度、表面コーティングの選び方でも仕上がりが変化します。ヒントがないと混乱してしまうので、ポイントを踏まえて一つずつ選んでいくことをおすすめします。

A さん
ヘアアイロンは種類が多いわよね。何を基準に選べばいいのかな?
B さん
ヘアアイロンを選ぶ基準は様々あります!まずはヘアアイロンの種類から正しい選び方まで見ていきましょう!

 
 

ヘアアイロンの種類

ポイント
 

(1)ストレートタイプ

ヘアアイロンを検討する場合は、一つずつ目的に合わせて選んでいくことが大切です。先端の種類の一つストレートタイプは、文字通り髪の毛を真っ直ぐ伸ばしたい場合におすすめです。ストレートタイプを使用すると、髪の毛がサラサラと綺麗に真っ直ぐ伸ばせます。更に毛先を軽く内向きにして、アクセントをつける用途にもストレートタイプは最適です。基本的に、ストレートタイプは真っ直ぐな髪の毛を希望する場合に適していて、癖を直す用途などに向いています。
 

(2)カールタイプ

一方のカールタイプは、ヘアスタイルにカールを採り入れたい時に使用します。カールを加えることで、髪の毛をボリュームアップしたりゴージャスにも見せられます。根元の近くに使用するとフワッとしますし、毛先寄りをカールしてアクセントを加えることも可能です。巻き具合で様々な表情がつけられるので、アイディア次第でカールが楽しめます。ストレートと人気を二分するカールタイプは、髪の毛を巻いて楽しみたい人におすすめできる選択肢です。
 

(3)2wayタイプ

2wayタイプはストレートとカール機能を併せ持った、贅沢で欲張りなタイプのヘアアイロンです。一つのヘアアイロンに2種類の機能が備わっていますから、その日の気分に合わせてヘアスタイルが変えられます。簡単にストレートとカールが切り替えられるので、頻繁にヘアスタイルを変更する人におすすめだといえます。2wayタイプなら気軽に使い分けができますし、複数のヘアアイロンを買わなくて済むことが節約に結びつきます。

 
 

ヘアアイロンの正しい選び方

B さん
ヘアアイロンの種類を知った後は、選び方について見ていきましょう!

 

(1)髪型に合わせて選ぶ

ヘアアイロンを比較検討する際は、髪型に合わせてタイプを選択することが基本です。ストレートタイプは真っ直ぐにする用途、カールタイプは巻く用途に使用するものなので、髪型によって選択の方向性が決まります。どちらか決められない、あるいは気分で変更したい場合は2wayタイプが選択肢に加わりますが、性能はやや落ちてしまうのが欠点です。性能だけでいえば、ストレートとカールの専用に作られているタイプの方が上回ります。

 

(2)最適温度

ヘアアイロンは温度も重要な項目で、こちらも用途によって最適な目安があります。一般的に、ストレートタイプは170℃が適温で、カールタイプなら140℃あたりが理想とされています。仕上がりには髪の毛の状態も影響するので、温度はあくまでも目安で個人差はありますが、一応の基準値とすることはできます。髪の毛が痛みやすい人は少し低め、逆に毛が太かったり硬い人は、多少高めの温度のヘアアイロンがおすすめとなり得ます。

 

(3)プレートの種類

タイプと温度を選択したら次は髪の毛を挟むプレートの種類を選ぶ番です。プレートの種類とは材質のことで、加熱の早さや熱の伝わりやすさなどに関係します。代表的な材質はセラミックを始めとして、チタンやテフロン製の物があります。中でもおすすめなのはチタンとセラミック製でチタンの方がグレード的には上です。チタンは耐久性が高い上に、髪の毛のダメージが抑えられるのでおすすめ度が高いです。忙しい朝に素早く使用したいなら熱伝導効率の良いセラミックが適しています。

 

(4)カールのサイズ

カールタイプを選ぶならカールのサイズも検討に加える必要があります。サイズは直径で種類が分けられていて、小さくなるほどカールが細かくなる傾向です。髪の長さによって最適なカールサイズが決まりますから、長さに合わせて最終的な仕上がりをイメージしましょう。反対に直径が大きい物は太巻きになるので、髪の毛の長さとバランスを考えながら選ぶことが肝心です。間違ったサイズを選ぶと仕上がりに支障が出るので、髪の長さとマッチさせることがポイントとなります。

 
 

美容師が選ぶストレートヘアアイロンおすすめランキング5選

 

①リュミエリーナ ヘアビューロン HBRST-G [ストレート]




 

メーカー リュミエリーナ
価格 37,800円
重量 382g
プレート温度 40〜180℃
特徴 独自機能バイオプロミング採用

リュミエリーナヘアビューロンは、ストレートタイプを代表するヘアアイロンの一つです。リュミエリーナ独自の技術によって、髪の毛を本来の美しさへと導いてくれるのが特徴です。史上初の革新的なテクノロジーのお陰で、使えば使うほど髪の毛が理想的な状態へと導かれます。エイジングケアにも使えるほどですから、髪の毛の傷みが気になっている人に朗報です。具体的には、髪に潤いを与えたりハリやコシが蘇るなど、魅力的な作用や効果が満載です。

このヘアアイロンはこんな人にオススメ

  • 髪へのダメージを気にせず使用したい方
  • 髪を綺麗にしたい方へ
  • くせ毛を綺麗に伸ばしたい方へ

 
公式ページはこちら

 

②ホリスティックキュアストレートアイロン

ホリスティックキュアストレートアイロンの画像

 

メーカー クレイツ
価格 12,000円
重量 165g
プレート温度 120〜200℃
特徴 キューティクルを引き締め、髪へのダメージを少なく

ホリスティックのキュアストレートヘアアイロンは、コンパクトかつ2層のプレートに特徴があります。本体は海外兼用となっていて何処でも持ち運べたり使用できる点が魅力的です。加えて使うほどに髪の毛のダメージが軽減される機能も、ホリスティックキュアの見逃せない注目点です。マイナスイオンと遠赤外線を放つクレイツイオンは、髪表面のキューティクルを引き締めてくれます。キュアクリスタルプレートは2層コーティングで加熱が早く、髪を傷めないヘアスタイリングが実現します。

このヘアアイロンはこんな人にオススメ

  • 海外対応で髪へのダメージが少ないタイプをお探しの方
  • ダメージを軽減したい方

 
公式ページはこちら

 

③サロニアダブルイオン ストレートヘアアイロン


 

メーカー サロニア
重量 345g
プレート温度 120〜230℃
特徴 マイナスイオン効果でさらさらに

サロニアダブルイオンは手頃な価格で完成度の高いアイテムです。温度はサロンの機器にも劣らない、最大230℃まで達成している点が特徴的です。湿気が多くても広がったり崩れないヘアスタイルを実現するので、髪の毛が湿気を苦手としている人にも適しています。チタニウムプレートの採用で熱伝導効率は良く、マイナスイオンの噴射で髪の毛を傷めずツヤやかにしてくれます。変圧器なしで海外でも使えるので、まさに至れり尽くせりのヘアアイロンです。

このヘアアイロンはこんな人にオススメ

  • コスパが良く、マイナスイオン機能付きのアイロンを探している方
  • 湿気に強く癖のないストレートにしたい方

 
Amazonで詳細を見る

 

④パナソニック ストレートアイロンナノケア


 

メーカー パナソニック
重量 380g
プレート温度 130℃〜170℃
特徴 ナノイー搭載

ナノケアは日本の家電メーカー、パナソニックは販売する商品です。スリムで使いやすく格好の良いデザインで、手に持った時のフィット感が優れます。プレートには温度を一定に保つ機能が備わっていて、独自のナノイーが出る機能も併せ持ちます。時短と持続性のアップが両立しているので、忙しい朝でも素早く綺麗に仕上げることができます。温度は130℃から200℃までの5段階で、電源オンから使える状態になるまでの立ち上がり時間は約30秒です。

このヘアアイロンはこんな人にオススメ

  • ナノイーが出るアイロンを探している方
  • 時短を目指している方

 
Amazonで詳細を見る

 

⑤Aretiマイナスイオンヘアアイロン


 

メーカー Areti
重量 277g
プレート温度 200℃
特徴 温度上昇スピードが早い

Aretiのヘアアイロンは、商品名の通りプロフェッショナルな作りとなっています。プレートは、高密度マイナスイオンを発するセラミックコーティングタイプで、髪の毛に最上級のツヤと強力なキープ力を与えます。海外で活躍するプロの発想が活かされているので、手に持ちやすく馴染むフィーリングが得られます。早く使えるようになって、手早くヘアスタイリングができる、そのように痒いところに手が届く完成度だといえるでしょう。

このヘアアイロンはこんな人にオススメ

  • 男性の方やショートの方に
  • 自動電源オフ機能をお探しの方に

 
Amazonで詳細を見る

 

美容師おすすめのカールヘアアイロン5選

 

①サロニアカールヘアアイロン

サロニアカールヘアアイロンの画像

 

メーカー サロニア
重量 370g
プレート温度 100〜210℃
特徴 コンパクトで使いやすいモデル

ストレートタイプでもお馴染みのサロニアはカールタイプも提供しています。この商品はセラミックプレートが採用されていて、何処でも使えるシーンを選ばないコンパクトさも有します。本体は従来よりも50gほど軽く、旅行時にかさ張らない軽量化を実現しています。またプレートのサイズに25mmが仲間入りしていて、ボブやショートヘアのニーズに応えられます。プレートの直径は用途に合わせて選べる3サイズで、全3色の中から色を選択して組み合わせられます。

このヘアアイロンはこんな人にオススメ

  • コスパが良く、使いやすいヘアアイロンをお探しの方
  • 海外でも使いやすいものをお探しの方

 
楽天市場で詳細を見る

 

②クレイツヘアアイロンイオンカールプロ

クレイツヘアアイロンイオンカールプロの画像

 

メーカー リュミエリーナ
価格 37,800円
重量 430g
プレート温度 120〜210℃
特徴 短時間メイク・長時間キープ

イオンカールプロは、クレイツが販売するカールタイプの商品で、短時間メイクと長時間キープを達成しています。ヘアアイロンの心臓部とも呼べるプレートには、髪の通りが良くて耐久性が高い、イオンチタニウム加工が施されます。パイプ部分にはイオンシリコンラバー加工済みで、髪に余分な負担を掛けずに弾力あるカールができあがります。美しいツヤも同時に得られますから、理想的なカールタイプの一つです。他にも、セラミックヒーターや誤作動防止機能、それに10段階温度機能と隙のない選択肢です。

このヘアアイロンはこんな人にオススメ

  • スタイリング時間を短縮したい方
  • 巻きやすさを求めている方

 
Amazonで詳細を見る

 

③パナソニックヘアアイロンイオニティ

パナソニックヘアアイロンイオニティの画像

 

メーカー パナソニック
重量 310g
プレート温度 120〜130℃
特徴 ダブルマイナスイオン搭載

パナソニックのイオニティは、国内専用ですが手頃で実用性の高さが光ります。カールタイプは120℃と130℃2段階を採用していて、低めの温度ながらもヘアスタイルをしっかりとキープします。使用時にはダブルマイナスイオンが吹き出すので、髪の毛を包み込みながら優しく巻き上げられます。立ち上がりには約1分の時間を要するものの、仕上がりは上質でキープ力も十分に発揮します。滑りや髪のダメージを考えたフッ素コーティングプレート採用なので、傷めないカールを楽しむことができます。

このヘアアイロンはこんな人にオススメ

  • 髪のダメージが気になる方
  • しっかりと巻きをキープしたい方

 
Amazonで詳細を見る

 

④ヴィダルサスーンヘアアイロンピンクシリーズカール

ヴィダルサスーンヘアアイロンピンクシリーズカールの画像

 

メーカー 小泉成器
重量 385g
プレート温度 100〜180℃
特徴 上品なピンクのデザイン

ヴィダルサスーンのピンクシリーズは、シリーズ名のようにピンクで統一されているのがポイントです。ピンクといっても派手ではなく、落ち着いていて大人の女性でも違和感のない絶妙さです。肝心の機能は持ちやすい形状に加えて、電源自動オフ機能を持つセーフティスタンドも備わります。温度は180℃まで調節することができるので、ふんわりと仕上げたりしっかりとカールを固定することも可能です。電源コードはスイベル式ですから、使用中に捻れにくく絡まりにくく、解放感のある使用感で使えます。
 

このヘアアイロンはこんな人にオススメ

  • 自動電源オフ機能をお求めの方
  • ふんわりとした仕上がりをお求めの方

 
Amazonで詳細を見る

 

⑤ヒートイオンボーテ日テレポシュレ

 

メーカー ヒートイオンボーテ
重量 330g
プレート温度 100〜160℃
特徴 コードレスで持ち運び簡単

ヒートイオンボーテは日テレ通販が企画したヘアアイロン商品です。ポイントはコードレスで持ち運びやすく、サッと取り出して場所を気にせずに使えることです。連続で最大25分の使用が可能ですから、実用性に問題がないばかりか使えるシーンが広がります。プレート部分にはブラシが採用されていて、髪の毛を優しく巻き込みながら自然なボリュームを出せます。本体はパールピンクとパールホワイトの2種類で、高級感のある仕上がりとなっています。手に馴染む形状で使いやすく、使用後は充電キャップをつけて美しく保管できるのが魅力です。
 

このヘアアイロンはこんな人にオススメ

  • 持ち運び可能なアイロンをお探しの方
  • 長時間使いたい方

 
楽天市場で詳細を見る

 

 

美容師 がおすすめする2wayヘアアイロンランキング5選

 

①KINUJO ヘアアイロン新世代シルクプレート採用


 

メーカー 絹女
重量 490g
プレート温度 130〜220℃
特徴 業界初のシルクプレート採用

KINUJOのヘアアイロンは、水の蒸発を防ぐ新世代シルクプレートを採用しています。髪本来の状態を保ってくれるので、傷める心配はなく安心してヘアスタイリングを行えます。プレートの温度は180℃に設定した場合、約20秒という急速加熱で直ぐに使用できるようになります。しかもプレートのクッション性のお陰で、カールだけでなくストレートヘアも自由自在です。耐久性は約15年ととても長く、PSEマーク取得済みなので安心して使い続けることができます。

このヘアアイロンはこんな人にオススメ

  • 髪を痛めずにヘアアイロンを使用したい方
  • スタイリング時間を短縮したい方

 
Amazonで詳細を見る

 

②SALONMOONストレートヘアアイロン

SALONMOONストレートヘアアイロンの画像

 

メーカー I-ne
重量
プレート温度 120〜230℃
特徴 髪のパサつきを抑える

SALONMOONストレートヘアアイロンは、ストレートだけでなくカールもお手の物です。要のチタニウムプレートは改良されていて、髪に与える圧力を防ぐことに成功しています。摩擦の発生も最小限に抑えられていますから、枝毛や切れ毛に関する心配は無用です。パサつきを抑えて潤いが与えられますし、ツヤも実現するので一石二鳥以上です。温度は最大230℃まで上げられるので、プロ仕様に恥じない性能の高さも内包します。

このヘアアイロンはこんな人にオススメ

  • ヘアアイロンによる摩擦が気になる方
  • ストレートだけでなくカールも楽しみたい方

 
Amazonで詳細を見る

 

③パナソニックコンパクトアイロンカール・ストレート両用

パナソニックコンパクトアイロンカール・ストレート両用の画像

 

メーカー リュミエリーナ
重量 240g
プレート温度 160℃
特徴 3wayヘアアイロン

パナソニックのコンパクトアイロンは、ゆる巻きとくっきり巻きにストレートの3wayタイプです。分類上は2wayタイプですが、実質的には細かく巻き加減が調節できることから、3wayと呼んでもおかしくないです。ゆる巻きはライトにカールさせたい場合に最適で、本格的に巻きたい時はくっきり巻きで差がつけられます。ストレートも明らかに仕上がりが異なるので、気分に合わせて使い分けが行えます。カールの秘密は丸みの異なる2つのヘッドにあって、アタッチメントがなくても2種類のカールが楽しめます。

このヘアアイロンはこんな人にオススメ

  • 色々な髪型でおしゃれを楽しみたい方

 
Amazonで詳細を見る

 

④サロニア2WAYストレート&カールヘアアイロン

サロニア2WAYストレート&カールヘアアイロンの画像

 

メーカー I-ne
重量 380g
プレート温度 100〜220℃
特徴 ダメージを軽減

サロニアの2wayはイオンセラミックプレートと人気の32mmラウンドヘッド採用です。引っ掛からないスムーズな髪通りで、ダメージを軽減しながら希望のヘアスタイリングをサポートします。温度は100℃以上220℃までの調節機能つきで、5℃ずつ細かく調節できるのが利点です。デジタル表示で視認性が良く、設定温度を素早く実現してくれるのが嬉しいところです。オンの時はストレート、休日にオシャレを楽しみたい場合はカールなど、2wayタイプならではの使い分けができます。
 

このヘアアイロンはこんな人にオススメ

  • 髪にダメージを与えたくない方

Amazonで詳細を見る

 

⑤Areti極細ヘアアイロン

Areti極細ヘアアイロンの画像

 

メーカー Areti
重量 277g
プレート温度 80〜200℃
特徴 業界最細クラスの15mmプレート

Areti極細ヘアアイロンの特徴は、業界最細クラスの15mmプレートにあります。15mmは他に例を見ないプレート幅で、長さ110mmというロング仕様も珍しい組み合わせです。プレートが細いので細かいセットが行いやすく、ショートヘアや前髪のヘアスタイリングも容易です。男性もオシャレに使える使用感とデザインですから、男女兼用で多くのヘアスタイルのニーズに応えます。最高温度200℃や消し忘れ防止機能に海外対応など、細部に配慮して作られている点も注目ポイントです。
 

このヘアアイロンはこんな人にオススメ

  • 男性やショートヘアの方

Amazonで詳細を見る

 
 

ヘアアイロンを使う際に気をつけること


B さん
最後にヘアアイロンの正しい使い方を知っていきましょう!間違った使い方は髪を痛めてしまう可能性があるので気をつけましょう!
 

(1)乾いた髪に使う

使用時は必ず乾いた状態の髪に使うことが重要です。濡れた髪の毛は熱の伝わりやすさにバラつきを生じますし、局所的に極端な加熱が起こることもあるので要注意です。時には酷いダメージが発生するケースもあるので、前もって髪の毛を乾かしてからヘアスタイリングに入るのが無難です。水分はプレートにも良くないので、時間を短縮したくてもドライヤーを省略しないことが不可欠です。乾いた髪の毛は熱の伝わりが均等ですし、水分が邪魔することもないので、希望通りのヘアスタイルが作り上げられます。
 

(2)髪に長時間あてない

100℃を上回るプレートは、触れるだけでも髪にとって負担となります。特に、長時間の加熱は髪の毛のタンパク質を変質させてしまうので、長時間あてないことが原則です。ストレートで170℃設定なら2〜3秒、カールであれば140℃で5秒程度がダメージを与えにくい目安です。温度設定もこの位がおすすめですから、時間と合わせて最適なヘアスタイリングを心掛けましょう。時間を守ったヘアスタイリングは、時間短縮にも繋がりますから、髪の毛にとって最適な条件を守るのは合理的です。

③トリートメントをつける

シャンプー後に使うトリートメントは、髪の毛をコーティングしてダメージを軽減してくれます。熱に対する保護機能も発揮するので、ダメージを抑えて髪の毛を守りたい人に最適です。髪の毛が熱でパサつきやすい人も、ヘアスタイリング前のトリートメントでダメージが気になりにくくなります。傷んだ髪の毛の修復にも役立つので、傷みやダメージが気になったらまずトリートメントをしましょう。水分の蒸発を防いだり、温度上昇のスピードを抑えてくれるので、髪の毛にとって心強い味方です。
 

④ブラッシング

枝毛や絡まった髪の毛は、ヘアスタイリング前にブラッシングで解すのがベストです。綺麗に仕上げるという意味でも、事前にブラッシングして毛の流れを揃える方が良いです。バラバラの方向を向いた毛先をまとめ上げれば、ストレートもカールも短時間で思いのままになります。仕上がりという点においては、ブラッシングするのとしないのでは明らかに綺麗さが違います。一手間が仕上がりのランクを上げるので、先に絡まった髪の毛やまとまらない毛先を揃えましょう。
 

⑤保湿する

ヘアアイロンを使った後は髪の表面がツヤツヤでも内部は乾燥気味です。長時間使用すると乾燥が顕著に表れるので、使用を短時間に留めたり、乾燥を防ぐヘアケアが重要となります。元々乾燥気味の場合はパサつきやすい髪質ですから、アイロンをあてる時間をできるだけ短縮するのが理想的です。その上で、ヘアミストやヘアオイルを使って、水分の蒸発を最小限に抑えることが必要です。ヘアミルクとトリートメントも有効なので、髪の状態に合わせてケアを行いましょう。

 
 

求める髪型に合わせてヘアアイロンを選びましょう

ヘアアイロンはプレートや機能など選択肢が多く、組み合わせの数も多いので、商品を選ぶ際に難しさを感じさせる場面があります。しかし特徴を理解してから絞り込むことで、自分の希望にあった最良の一品が選べるようになります。使い方もいくつかのポイントを踏まえるだけなので、実際はハードルが低くて誰でも気軽に挑戦できます。希望ヘアスタイルが自宅でも簡単に実現するアイテムですから、興味を持ったら試してみるのがおすすめです。