【どれがいい?】シャンプーの3つの種類について!おすすめのタイプもご紹介!

一般的にシャンプーの種類は何種類か存在し、それぞれに個性が見られます。誰もが使ったことがあるようなものや自然志向に人が好むもの、そして肌に優しいものなどに分かれ、自らに適したものを使っていく必要があります。

それぞれのメリットやどんな人がそのシャンプーを利用するべきかなどを知ることで、髪トラブルに悩まされずに済むようになります。

 
 

シャンプーの種類


 

(1)高級アルコール系

高級アルコール系と呼ばれるシャンプーはボディソープなどにも使われるポピュラーなものであり、市販されているもののほとんどはこれに該当します。石油由来の成分から作られ、原価がかからないこともポイントです。

洗浄力が強いのが特徴であり、汚れをしっかりと落としてくれることから洗った感覚を大事にしている人にはおすすめであり、清潔な状態にしたい人ほど適しているのがこのタイプです。一方で皮膚への刺激が強いことから、皮膚トラブルになりやすいのがデメリットになっています。

 

(2)石鹸系

石鹸系の場合、原料となっているのが動物や植物の油であるため、洗浄力は高級アルコール系とあまり変わらない状態であるものの、皮膚への刺激が抑えられているのでそこが特徴です。脂ぎっている人ほど石鹸系はおすすめと言えます。

石鹸はアルカリ性であるため、弱酸性の髪などと相性がいいわけではなく、髪へのダメージがある人ほど状態を悪くさせる恐れがあります。石鹸は脂を取り除く力が強いことから、頭皮がやや乾燥しているような人が使うと逆効果になる場合があるので注意です。

 

(3)アミノ酸系

美容室で使用されることが多いアミノ酸系の特徴は弱酸性であり、髪などと同じなので相性は抜群です。保湿効果も期待されており、髪へのダメージがかかっている人にとってはアミノ酸系はかなりおすすめです。

当然皮膚への刺激もないので、肌が弱い人にも安心して使える代物です。ただ洗浄力がその分弱く、汚れをしっかりと洗い落としたという感覚になりにくいのがネックです。また値段もバラバラで、同じアミノ酸系でも配合されている成分で大きく異なるのもポイントです。

 

(4)ノンシリコン

市販されているものの多くはシリコンシャンプーと呼ばれています。シリコンは髪の毛を守るために入っており、コンディショナーに多く含まれています。指通りのいい状態にするために用いる人もいます。一方でノンシリコンは文字通り、シリコンが入っていないものです。

仕上がりは自然な状態になるだけでなく、長く使うことで髪の毛本来の姿を取り戻し、健康な髪の毛にしてくれます。髪質によってシリコン入りかノンシリコンかを決めることが大事であり、髪が細い人ほど髪本来の姿を引き出すノンシリコンがおすすめです。

 
 

どんなシャンプーがおすすめ?

髪本来の美しさを出したい人や頭皮のケアまで考慮したい人などはアミノ酸系のノンシリコンシャンプーがおすすめです。もちろん髪質の問題や肌の強さなどで選ぶべき部分ですが、アミノ酸系にしておけば肌へのダメージは少なくて済み、発毛環境を整えたい人にとってもプラスに働きます。

それでいてノンシリコンのものを使えば髪質がある程度軽い感じになるのでヘアスタイルのバリエーションが増えるメリットもあります。自然由来のものを使っていきたい人にとってもアミノ酸系のノンシリコンがベストです。

 
 

おすすめのアミノ酸系シャンプー5選

 

①haru黒髪スカルプ・プロ

haru黒髪シャンプー画像
 

メーカー nijito
価格/内容量 3,600円/400ml
洗浄成分(界面活性剤) アミノ酸系洗浄成分
シリコン ノンシリコン
商品特徴 植物由来&無添加で髪のことをしっかりと考えたシャンプー

エイジングケアシャンプーのharu黒髪スカルプ・プロは石油由来の成分を一切使わず、100%天然由来の成分で作られています。4種類のヤシ由来の洗浄成分が汚れを落とし、角質層から頭皮などからアミノ酸が浸透し保湿にもつながります。ミネラルも豊富に含み、日本人が持つ黒髪を保ち、見た目に若々しい感じにしてくれます。様々な成分が含まれており、リンスやコンディショナーがいらないのが特徴であり、これさえあれば大丈夫という一品になっています。

頭皮のべたつきが気になる悩みがあったのですが、このシャンプーにしてから殆ど気にならなくなりました! とは言え最初は物足りなかったです。べたつきがしっかりと落とされていない感覚で、もう一回洗いたい気持ちになっていました。 でも洗い過ぎになるのも良くないとのことで我慢をしながら使っていたのですが、すると頭皮のべたつきも改善。適度に皮脂と水分を残した洗い方ができるので、頭皮ケアに最適なシャンプーだと実感しています(^o^)

出典:シャンプー解析ラボ

このシャンプーはこんな人にオススメ

  • 低刺激のシャンプーを探している方
  • 育毛効果のあるシャンプーを探していた方

 
使用体験記事はこちら
公式ページはこちら

 
 

②ZACC パールリッチシャンプー

zaccの画像
 

メーカー トゥーズ
価格・内容量 3,240円/400mL
洗浄成分(界面活性剤) アミノ酸洗浄成分
シリコン ノンシリコン
商品特徴 芸能人やモデルも多数愛用!

ブラックパールと呼ばれる、黒蝶貝を使って抽出したペプチド溶液を用いてダメージヘアーに潤いを与えてくれるのがZACCパールリッチシャンプーです。この中には炭も含まれており、汚れなどを落とすだけでなく肌の匂いまで減らしてくれるので皮脂の酸化に伴う嫌な匂いを軽減してくれます。和のものや洋のもの、様々な自然由来の成分を配合しており、自然な髪の毛にしてくれるだけでなく、くせ毛で困っている人もこれを使えば柔らかくまとめてくれるのでおすすめです。

これまでノンシリコンのシャンプーは使ったことが今までなかったのですが、自分の髪の毛にはすごく良いです!使って1週間で髪の毛が綺麗になった気がします。このシャンプーは初めて使ったけれど、これからはノンシリコンの物が髪の毛に良さそうなのでこれを愛用することにしました♡

出典:シャンプー解析ラボ

 
使用体験記事はこちら
公式ページはこちら

 
 

③ハーブガーデン シャンプー&コンディショナー セット さくらの森

ハーブガーデンの画像
 

メーカー さくらの森
価格/内容量 5,600円/300ml
洗浄成分(界面活性剤) アミノ酸系洗浄成分
シリコン ノンシリコン
商品特徴 コンディショナーとセット

国産のオーガニックハーブなどを用いて天然成分が100%のハーブガーデンは美容室で使われているようなものと同じレベルの状態に髪の毛をしてくれて、パサついていた状態を艶のある状態にします。天然の美容成分、洗浄成分、香り成分が配合され、肌に優しい洗浄成分を中心に使われています。アミノ酸系はあまり泡立ちが良くなく、そこが不満と感じる人もいますが、ハーブガーデンの場合には泡立ちもしっかりとあるので、しっかりと洗った感覚にさせてくれるのも特徴の1つです。

私は直毛で量が多く太くて乾燥しやすい髪の毛ですが、使って4日目で洗い上がりの髪はしっとりして艶も出ています!ノンシリコンシャンプーであるという事の効果は感じていますね。4日目で頭皮が段々と柔らかくなってきた気がしますし、髪はしっとり柔らかになってパサパサがなくなったのが凄いなと思います(^^)本当にお勧めです。

出典:シャンプー解析ラボ

このシャンプーはこんな人にオススメ

  • 植物の力で頭皮環境を改善したい方

 
使用体験記事はこちら
公式ページはこちら

 
 

④mogans(モーガンズ)シャンプー (リッチ&フローラル)

mogans-mの画像
メーカー 彩り(イロドリ)
価格/内容量 2,808円/300ml
洗浄成分(界面活性剤) アミノ酸系洗浄成分
シリコン ノンシリコン
商品特徴 19種類のアミノ酸成分配合で髪にも頭皮にも優しい

20種類の植物由来成分が配合されているモーガンズのノンシリコンアミノ酸シャンプーは、パサついた髪の毛を補修してくれるのでダメージヘアでお悩みの人におすすめです。成分が髪の中にまで浸透するので艶のある髪の毛にしてくれます。ダメージがあると開きやすいキューティクルにも潤いを逃がさないバリアを張ってくれるので指通りがいいような状態にさせてくれます。低刺激で泡立ちもよく、頭皮の汚れだけをきちんと落とし必要以上に皮脂を取り除かないようにするので、頭皮環境が守れます。

ジョンマスター使ってましたが、高いのでこっちに変えてみました。
なかなか髪はツルツルですよ。
市販の使ってる方はぜひこちらがオススメ。

出典:楽天市場

このシャンプーはこんな人にオススメ

  • 傷んだ髪を補修したい方

 
使用体験記事はこちら
公式ページはこちら

 
 

⑤POLA グラマラスケアシャンプー

メーカー ポーラ
洗浄成分(界面活性剤) アミノ酸系洗浄成分
シリコン ノンシリコン
商品特徴 エイジングケアに特化したシャンプー

毛髪補修成分としてアミノ酸セラミドなどを配合し、自然由来の美容成分も一緒になることでハリやコシのある髪の毛にするのがPOLAのグラマラスケアシャンプーです。泡が大変きめ細やかなので、皮脂汚れなどを落としてくれて毛穴の詰まりをとってくれます。香り成分もスパイシーフローラル調になっており、身も心も晴れやかな感じにするのが特徴です。髪の毛に悩む40代以降の人にとっての悩みを解決してくれる一品であり、黒々とした髪を保つにはおすすめです。

POLAグローイングショットグラマラスケアシャンプーを1本使いました。胸まであるロングヘアで、白髪染めなどで毛先がかなり傷んでいます・・・。 他のシャンプーを使っていたのですが、それを使うとパサパサになったので、POLAグローイングショットを使うことにしました。これは少量でも濃密な泡立ちで、少しスースーするので冬は寒く感じますが、洗っている感じはすごく気に入っています♡ 地肌をマッサージするよう濃密な泡で洗うと流した後に髪の毛がとても滑らかでキシミがありません。しばらく使い続けます(^^)

出典:シャンプー解析ラボ

 
公式ページはこちら

 
 

正しいシャンプー方法

(1)ブラッシング

実際に髪の毛を洗う際に、髪の毛が絡まって洗いにくい経験をした人がいるかと思います。事前にブラッシングをすることで毛穴から汚れが浮かびやすくさせるだけでなく、泡立ちも良くなり、頭皮全体の血行が促進されて抜け毛予防にも効果的です。

絡まってしまうとあまりいい気分にはならないものですが、ブラッシングをしておけばシャンプーが持つ効果をより高めさせることができるので、お風呂に入る前にはブラッシングを済ませておきたいところです。
 

(2)予洗い

いきなりシャンプーをつけて荒い始めるのではなく、最初にお湯で洗っておくことがおすすめです。これを予洗いと言いますが、爪を立てずに指の腹の部分を使ってマッサージをするかのように揉み解していくことで大半の汚れはこの段階で落とせます。

シャンプーは残りの部分を落として成分を浸透しやすくさせるイメージで大丈夫です。だいたい3分程度髪の毛全体で洗っていくと頭皮なども刺激されてなんとも気持ちいい時間を過ごせるほか、しっかりと汚れを落とせます。
 

(3)手で泡立てる

予洗いを済ませてその勢いでシャンプーを使ってしまうと、いくら低刺激のものを使っているとはいえかぶれの原因になることがあります。またシャンプーの液が残りやすくなるなど洗い残しにつながることも気をつけたいです。

そこで手のひらに適量を乗せて、そこで泡立ててから地肌に乗せて洗うことがおすすめです。もし泡立ちが少し満足のいくものではなかったとしても、お湯などを少しつければ泡立ちは良くなるのでそのあたりで調整を行うことが大事です。

 

(4)指の腹でやさしく洗う

予洗いでも指の腹の部分でマッサージをするように洗っていきましたが、泡立てたものを地肌に乗せた場合でもそれは同じことです。手の10本の指を使って頭皮を動かすように全体を動かしていくような形にすることで汚れがしっかりと落とせます。

この時、力いっぱいにマッサージをすると逆効果になることがあるので、気持ちいいと思えるような力でやれば大丈夫です。そして指の腹が地肌にしっかりとあたっていることを確かめてマッサージを行えば抜け毛予防にも効果的です。

 

(5)しっかり洗い流す

ここまでくれば、あとは頭皮についたものを洗い流すだけになります。洗い残しがあるとそれが肌トラブルの原因になってしまうため、必ず洗い落とすことが必要です。

ぬるぬるしているイメージがあるのでそれさえ落とせばいいだろう、むしろ多少は残しておかないと有効成分まで洗い流してしまうのではないかと思う人がいますが、ここではしっかりと洗い流し、5分程度の時間を用いて洗い流すのがおすすめです。そうすることで頭皮を清潔に保つことができます。

 
 

シャンプーの種類を知って自分に適したタイプを見つけましょう

一般的に使われている高級アルコール系や石鹸系、アミノ酸系など様々な種類のシャンプーがあることがわかりましたが、正しいシャンプー方法はどれを使う場合にも当てはまります。ちゃんと洗い落とさないからトラブルにつながることが多いので注意が必要です。

種類によっては弱酸性ではないものがあり、それが髪のダメージに追い討ちをかけてしまうような状況を生み出します。髪の毛にお困りの人はできるだけアミノ酸系のノンシリコンを使うことで頭皮の環境から整えられます。